仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 25 view

完璧主義の落とし穴

━━━━━
  ● 20世紀最高と評された日本のゲーム
─────
アメリカの有名な経済誌「フォーチュン」に、
 ■ 20世紀最高のシナリオ
と評された、日本発のゲームがあります。
それは「メタルギアソリッド」という戦争をモチーフとしたゲーム。
ゲーム好きの方なら、その名前はあまりにも有名でしょうが、
私、この名前を知ったのはつい最近なんですよね。
自宅にあるプレイステーション3でプロモーション映像が
配信されていたのを見て初めて知ったんです。
ということで、フォーチュンが最高というゲームが、いったい
どんなものなのか、早速私もやってみたんです。
そうしたら、確かにものすごい重厚な世界観とストーリー。
ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのような
架空のファンタジー的な話ではなく、現代の軍事事情が
圧倒的なリアル感を持って盛り込まれていました。
さらに、戦争の闇の部分、戦争経済の話、少年兵の話なども、
取り上げられ、ストーリーにしっかり盛り込まれていて。
最新作のメタルギア4には、一連の作品の裏側を追った
ドキュメンタリー映像があったんですが、これを見て納得。
とにかく、徹底的に取材をしているんですね。
軍関係についても、顧問を入れてきちんと検証してもらうのは
もちろん、実際に軍隊に取材に行き、銃器を見せてもらったり、
実際に制作スタッフ全員が軍の訓練に参加したり。
ディレクターは小島秀夫さんという方で、ほぼ私と同い歳の
方ですが、この人のこだわりぶりには、本当に頭が下がりました。
で、「いったい、どこまで完璧主義やねん!」と思いながら、
このドキュメンタリーを見ていたんですね。
私と全く同じことを、この番組を作った人も考えていたのでしょう。
番組中に小島さんにインタビューしているところがあり、まさに
私が思ったことと同じ質問をインタビュアーがぶつけていたんです。
しかし、その時に小島さんが答えた言葉は、意外にも
「私は完璧主義ではないんですよ」
という言葉でした。
そして、その理由を聞いたとき、
「なるほど! そういう考え方はとても大事だよなぁ」
と思ったのでした。
さて、小島さんはいったい、どんな話をしたのでしょうか?
 


━━━━━
  ● 完璧主義者が陥る落とし穴とは
─────
私はセミナー業をやっておりまして、カリキュラムは、
あてがいものではなく、全部自分で一から作っています。
で、私も以前は完璧主義の指向を持っていまして、
一生懸命カリキュラムを作り込もうとしていたんですね。
一分の隙も漏らさず、きちんとした流れに沿って、
寸分の狂いもなく最後まで流れていくセミナー。
そんなものを作りたいと思っていた時期があったんです。
しかし、しばらくして、その考えを捨てたんです。
それはなぜかというと、
 ■ 自分だけでは完璧なセミナーは作れないから
という理由。
事前に、いくら一分の隙もないように一生懸命考えても、
実際に本番になれば、どんな参加者が来るかも解らない。
そんな求められるものが解りきれない状態で、事前に
参加者全員を満足させる様なセミナーを完璧に作り込む
ことが果たして出来るだろうか。
そんなことを考えて、完璧主義を捨てたんですね。
それから、セミナーや研修の雰囲気が良い方向に変わって
来たように感じました。
その理由が、自分の中では今ひとつ言葉にならなかったんですが、
今回の小島さんのインタビューを聞いて
 「ああ、このことなんだなぁ」
と、理解できたんですよね。
小島さんは、完璧主義者なのでは、と問うインタビュアーに対して
それを否定した上で、こういいました。
「ゲームはそもそも、作り込む段階で完璧になんかできないんですよね。
 ゲームは、お客さんが遊んで、初めて完成するんですから」
これをきいて、わたしは、なるほど!! と膝を叩いた訳です。
完璧主義に囚われている人をよく観察していると、
その人のこだわりがあまりに強すぎるあまり、
 ■ 他者が不在になってしまう
という状況によく陥っています。
以前の、完璧主義を指向していた自分も、今冷静に
分析してみると、口では参加者のためと良いながら、実際は
 ■ 完璧を目指していく過程で、参加者への意識が希薄
になっていたと思います。
こんな状態では、決して良いもの、参加者が喜ぶようなものを
作ることは出来ませんよね。
真面目にもの作りに取り組む人は、是非このことに
気をつけた方が良いでしょうね。
もちろん、完璧主義をやめるということは、手を抜くということ
ではありません。
自分が物作りのあるところにこだわり始めた時、それが
誰のためのこだわりなのか、作り手の自己満足になって
いないかを、ちゃんと理解できること。
そういう意味で、完璧主義をやめようと捉えています。
もしあなたが完璧主義者であったとしたら、その考えが
本当に自分以外の人を満足させているかどうか、もう一度
じっくり考えてみた方が良いかもしれませんね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  完璧主義にこだわるあまり、周りの人を忘れていないか確認しよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ということで、私は完璧主義をやめて実際の参加者たちと
ぶつかり合ってセミナーを完成させていく方向に切り替えたんですね。
もちろん、カリキュラム作成に手を抜くと言うことはしませんでしたが、
それ以上に、参加者の意向を汲み取ることに力を入れる様にしたんです。
この点はいまだに試行錯誤を続けており、常にパーフェクトな
セミナーや研修になっているかと言われたら、そんなことは
無いのではありますが。
しかし、完璧主義を目指していたときよりは、明らかに
受講者の人たちの満足度が変わったんでですよね。
こんな体験をしたうえで、改めて「完璧主義」という言葉を
眺めてみると、なんかこう
 ■ 周りが目に入っていないような感覚
を感じてしまうんですよね。
確かに、かっこうよさを感じる言葉ではあるんですが、
でもそれは、当人にのみつきまとうもので、それが周りを
喜ばせたり、幸せにしたりする雰囲気が、あんまり感じられない。
まあ、これは、私個人の勝手な感覚なのでありますが(笑)。
でも、自分の考えを言葉にした場合、この、
 ★ 言葉が伝える感覚
って、結構大事だと思うんですよね。
なぜなら、その感覚に、自分が支配されてしまうから。
だから、私は、自分だけで周りを喜ばせる雰囲気でない
「完璧主義」という言葉を外したわけです。
あなたも、自分の生き方や考え方を言葉にしていると思いますが、
その言葉の持つ感覚を、是非じっくり味わってみて下さい。
そして、その感覚が、自分の求める生き方考え方とズレが起きて
いないかを、改めて考え直してみるのも良いかもしれませんよ。
◆◆ 教材・セミナーのご案内 ◆◆
 ┌───
┌────
●コミュニティを主催したい方必見のセミナーです
 継続的なクライアント獲得・育成を行うために必要な、
 新しいこれからのビジネスモデル「コミュニティ」に
 ついての、企画から運営までの実践的ノウハウを学ぼう!
  ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
   →http://sp.m-stn.com/seminar/community/index.php?sid=3t

 ※ 定員20名 現在お申し込み者2名です!
 ┌───
┌────
●コーチ・講師・コンサルタント・カウンセラーの方必見のセミナー
 自分の商品・サービスの単価が倍増し、なおかつお客様が今まで以上に
 満足し感謝されるようになる、品質向上のための具体的手法を学ぼう
  ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
   →http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/index.php?sid=3t

 ※ 定員20名 現在お申し込み者3名です!
 ┌───
┌────
●なぜ、私が研修やセミナーの9割以上をクチコミやリピーターで集客でき、
 そして参加者の8割に成果をもたらす、そんな信じられない高品質セミナー
 を毎回創り上げられるのか?
 セミナー構築アドバイザー水野浩志が語る本物のセミナーメソッド。
 ただ今、【限定無料公開中】!
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/freesem/index.php?sid=3t

 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 

 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
このところ、連日帰りが午前様です。
今日もこのメルマガが書き上がったのが午前2時過ぎ。
ということで、配信手続きをしてこれから帰るんですが、
たぶん家に帰り着くのは3時近くなんだろうな。
でも、うちの猫たちは、私が帰ってくると、けなげに
起き出してお出迎えをしてくれるんですよ。
で、それだけならかわいいんですが、起きて元気になって、
2匹で追いかけっこを始めるんです。
これから寝ようとしているのに、部屋中を思いっきり
走り回り始めるんです。
かみさんと寝ている寝室にも走り込んできて、
足とか腹とか頭とかを何度も踏みつけられるんですよ。
今日は、お出迎えのあと、そのままおとなしく
眠ってくれますように(-人-)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup