仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 12 view

言葉が通用しないとき

━━━━━
  ● 語学音痴がクロアチア人と
─────
6年前の夏、日本語が出来ず、英語も片言しか出来ない
クロアチア出身のピアニストと、10日間一緒に行動を
したことがありました。
当時の私は、最初の事業がうまくいかずにつぶしてしまい、
次の仕事も決まらないまま、ふらふらしていた頃。
そんなとき、高校時代の友人から、時間があるなら
手伝ってくれということで、そのピアニストのおつきの
運転手を務めることになったんですね。
来日初日は、もう本当にコミュニケーション取れませんでした。
通訳の人がいたんで必要なことは伝えることが出来たんですが、その人を
介さないで自分の意思を伝えることはまったく出来ません。
しかも、通訳の人が四六時中ついてくれているわけではありません。
初日以外は、本当に必要なときの数日以外は通訳なしですごさないと
いけないのです。
で、基本的には私がずっとそばにいる状態なんで、通訳なしで、
コミュニケーションがまったく取れないという気まずい状態が
ずっと続いてしまうと思うと、ぞっとしました。
……しかし、10日経って彼がクロアチアに帰国する頃には、私と
彼は旧知の友人のように、肩を抱きながら笑いあうような仲に
なったのです。通訳なしで。
この10日間で、彼か私の語学レベルが上がったのかといえば、
まったくそんなことはありません。なのに、なぜそこまで仲良く
なることが出来たのだと思いますか?
 
 


━━━━━
  ● 言葉が通じなくともコミュニケーションはとれる
─────
実際は、初日はまったくコミュニケーションが取れませんでした
でも、彼の性格が、非常に好奇心旺盛な人間で、かつ人懐っこいと
言いますか、非常に愛らしい人柄だということがわかってきたんですね。
言葉は通じないけど、愛すべきキャラクターであることがわかった私は
彼のことが好きになりました。
そして、そこに意識の焦点を当てると、今まで言葉が通じないことで
感じていた、抵抗の気持ちが和らいできたんですね。
もちろん、この段階ではコミュニケーションが取れるように
なったわけではありません。
しかし、相手に好感を持っているということは、
言葉を使わなくても、伝わるものです。
最初は彼も私のことをつかみきれずにいたのですが、
私が好感を持ったことが伝わったのでしょう。
初日が終わる頃には、お互いの気持ちの硬さは
すっかりほどけていたのでした。
実は、このことはコミュニケーションをとるときにおいて、
きわめて重要なポイントになるんです。
私のセミナーでは、グループで話し合うようなワークを
行うんですが、このときも、まずお互いのことが好きに
なるような工夫をしています。
これを行うと、初対面であるにもかかわらず、かなり
深い話も出来るようになり、コミュニケーションも
スムースに進めていくことができるようになるのです。
これは、対人コミュニケーションだけでなく、自分自身と
コミュニケーションをとる場合においても重要なポイントに
なります。
自分のことが嫌いな人は、自分自身とうまくコミュニケーションが
取れません。
過大評価、過小評価等、自分のことを誤って評価するのも、
この「自分が嫌い」ということが原因になったりしていることも
多いです。
自分にしろ人にしろ、
  ■ 相手の愛すべきところを探し、そこに焦点を当てる
ようにしましょう。
良好なコミュニケーションの第一歩は、そこから始まるのですから。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 良好なコミュニケーションのために、相手の好感ポイントを見つけよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
もちろんではありますが、このクロアチア人に対して好感を
持てたからと言って、それだけでコミュニケーションがとれた
わけではありません。
ここで、私たちにとって幸いだったことは、会話が出来る
共通言語を持たなかった、ということです。
相手の言葉がわからない。
その中でコミュニケーションを取っていく。
そのために必要なことはなんだったのかと言えば、
 ★ 自分が伝えたメッセージが伝わったかどうかを一生懸命確認する
ということをやり続けたと言うことです。
身振り手振り、パントマイム等、お互いが使える、怪しげで片言な
英語を使いながら、必死に相手の表情を読む、ということを、10日間
ずっとやり続けたんですね。
日本人同士の場合など、なまじ日本語という共通の言葉が使えて
しまうがために、
 ■ 言葉を口にした段階で、すぐに自分の意図が伝わった
と思ってしまいがちです。
しかし、正しいコミュニケーションというのは、自分が発した
メッセージを、相手が正しく受け止めたか、ということを
確認することが何より大切です。
メッセージを発した相手に対して、不審や疑いという
気持ちではなく、好感の意識を持って、きちんと伝わったか
どうかをしっかりと確認すること。
これが、有効なコミュニケーションを行う、キモなんじゃないかな、
と私は想うんです。
 
 
━━━━━
  ● 人の成長に関わるビジネスに携わる人へ
─────
私の講師としてのあり方を教えてくださった恩師という人が
私にはいます。
そのうちのお一人が、福島正伸先生。
その先生に何を学んだのかは、こちらをご覧ください。
 → http://archive.mag2.com/0000115361/20080422220000000.html
そんな福島先生の講演会が、7月15日に開催されます。
クライアントの力を引き出すために必要な考え方と姿勢。
その一端を、是非この講演会で学んでください。
詳しくはこちら
 → http://www.carriageway.jp/semi/fukushima_consul.html
 
 
◆◆ 教材・セミナーのご案内 ◆◆
 ┌───
┌────
●自分自身の【売り】を掘り当て、それをビジネスの世界で通用する
商品に磨き上げる、売上に直結する自己分析セミナー
  ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
   →http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/index.php?sid=3t
【限定20名】
 ┌───
┌────
●なぜ、私が研修やセミナーの9割以上をクチコミやリピーターで集客でき、
 そして参加者の8割に成果をもたらす、そんな信じられない高品質セミナー
 を毎回創り上げられるのか?
 セミナー構築アドバイザー水野浩志が語る本物のセミナーメソッド。
 ただ今、【限定無料公開中】!
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/freesem/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日は仕事のあと、企業研修のビジネスパートナーの方と
ミーティングがてらに軽く一杯。
その際、男性から女性に言う「かわいい」という言葉に
どういった意味があるのか、という話になりました。
私は、女性が男性に言う「かわいい」は褒め言葉だ、と
自信を持って言ったんですが、その方の言うことには
「女性が男性にかわいいという場合は好意を持っている場合だ」
というんですね。
ちなみに、その方も女性ですので、これは信憑性が高い。
で、思い返すに私、数人の女性に「かわいい」っていわれたことが
あり、ニコニコ笑って聞き流していたんですが、それって実は
とってももったいないことをいしていたのか?!
思わずその人に「もっと早く教えてよ!」と文句を
言ってしまいました。
ちなみに、うちのかみさんは、パンツ一丁でwii fitで
汗を流す私の姿を見て、「みにくい」と言います。
この場合の言葉には、好意が含まれているのだろうか……
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup