仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 25 view

加速成長の極意

━━━━━
  ● どうしようもないところから成長しようとして……
─────
もうメルマガには何度となく書いておりますが、以前の私は、
本当に情けないていたらくでありまして。
で、そんな自分をなんとかせねば、と思い、一念発起して
自分を成長させることに力を注いでいったんですね。
その中の一つに、セミナー講師として、自分をどう育てるか
というものがありました。
元々私はセミナーなどやったことはありませんでした。
会計事務所時代、一度だけ、インターネットについてというテーマで
話しをしたことはありますが、経験値としてはそれだけです。
人前に立つ、という意味では、高校時代は合唱部にいましたので、
大勢の前に立つと言うことだけは経験がありましたが、話す訳では
ありませんでしたので、度胸がついたという程度のもの。
そんな私が2002年にたばこをやめ、禁煙セミナーを足がかりに
講師としての活動を始めたのが2003年。
でも、その年は出版が決まったということもあり、セミナー自体は
3回くらいしかできなかったと思います。
で、本格的には、2004年からセミナー活動を始めたわけですが、
あれから4年半たった今、おかげさまでいろいろなところで活動
させて頂くことが出来ております。
また、4年ちょっとといったら、駆け出しみたいなものでありますが、
生意気にも、講師の人のための効果的なカリキュラム構築の方法を教える
「高品質セミナー作成講座」なんていうセミナーなんかもやっています。
ちなみに、この「高品質セミナー作成講座」を始めたのが、
2005年の1月から。
本格的にセミナー講師として活動を始めてから、1年後のことであります。
まあ、なんと恐れを知らない大胆な行動でしょう。
今、こうしてこの事実に改めて触れてみて、冷た~い汗が一筋、
背中を流れ落ちていきました……
しかし、おかげさまでといいますか、参加者の方たちの多くは
それなりに納得して頂けるようなものにすることは出来たようで。
最終的には、2年半のブラッシュアップ期間を経て、最終的には、
こんな形に仕上げるところまで出来ました。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/
ということで、途中かなり無茶な行動を取りつつも、それなりに
結果を出せるところまで成長できた訳ですが、最近、なぜそこまで
短期間で成長できたのか、という質問をよく受けるようになったんです。
で、その理由を自分なりに考えてみたんですが、それを人に話すと
驚かれることが多いんですね。
その、自己流の加速成長法とは、こんなやり方なんです。
 
 


━━━━━
  ● 成長するために必要なこととは
─────
成長するために必要なこととは何か、と聞かれると、多くの人は
 ■ 勉強すること
と答えますよね。
これは非常に正しい答であります。
でも、自分の成長を加速させるためには、勉強するということは
重要な要素のひとつにはならないと、私は思うんですね。
むしろ、勉強することによって、知識を得られた安心感が邪魔をし、
本当の実力をつけることの阻害要因になることも結構あるんですよね。
私自身、本を読んだりして勉強することは、それなりに
していたのですが、まさにこの知識を身にまとった安心感が
邪魔をして、自分の成長を止めていたように思います。
ということで、私がセミナーを行うに当たってまず最初に
決めたことは
 ★ 自らに制約条件を課す
ということでありました。
その条件とは
 ● 今まで勉強してきた知識をそのまま伝えることはしない
 ● 権威付けされたものを使って説得力を増すことはしない
 ● セミナーのための勉強や読書は新たにしない
 ● 自分の経験・体験したことだけしか話さない
 ● プロジェクターを使わない
 ● テキストを使わない
 ● 音楽等の機材を使わない
というもの。
それまで、コーチングやNLPなどの心理学を学んではいましたが、
セミナーを行うに当たっては、それらのテキストや書籍は完全に
封印し、とにかく、裸一貫、今ある資源以外何も無し、といった状態を
作りだし、なんにもない状態から自分がどこまで出来るかを
試そうとした訳です。
この制約条件は、本当にしんどかった。
なおかつ、目標が100%の参加者が成果を出す、なんてものを
掲げていましたので、それはもう大変でありました。
でも、しんどいがゆえに、創意工夫をするようになり、また、
知識に頼らず、実践結果から上がってくる情報を元に、自分で
どこをどう改善するかを考えぬく、という習慣が身についたので、
結果的には、短期間で、びっくりするくらいの実力を身につけることが
出来たように思います。
最近は、これまで課してきた制約条件を、少しずつ外して
いますが、今まで、厳しい状態でやってきたことがベースに
ありますので、便利なものに頼ろうという意識を持つことも
なく、ツールのひとつとして取り扱い、無くても問題なくできる
という精神状態でセミナーや研修に取り組めています。
たぶん、何かの都合でプロジェクターが壊れ、テキストが届かず、
引き合いに出そうとしていた権威や知識が、事情により使えなく
なった、という状態におかれたとしても、目的とするセミナーや
研修を行うことは、たぶん動揺せずに出来るだろうと思います。
それだけのことが出来る様になったのは、自分が自分に課した
制約条件があったればこそ、なんですよね。
もしあなたが、加速的に成長したいということであれば、
勉強することもさることながら、自分に制約条件を課してみる
ということも、是非考えてみて下さいね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
    成長を加速させたければ、自らに制約条件を課してみよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今回の話は、たとえて言うなら、無人島に流れ着いて、
文明の利器がなんにもない状態になった状態でどう頑張るか、
という話に似ているかもしれません。
確かに、文明の利器は便利なものです。
驚くほどに成果が上がったり、効率が良くなったりしますので。
でも、そういったものが剥奪され、それでも尚、同等の成果を
出していかなければならない、という状態になった時、
いったい何が生まれるのか、というと
 ★ その人自身の生命力が磨かれる
ことになるんじゃないかと思うんですよね。
確かに、便利なものが目の前にあったら、遠慮無く使えばいい、
という考え方もあり、それはそれで正しいことと思います。
しかし、今の日本人に欠けている力とは、
 ■ 何もないところから何かを生み出す力
だと思うんですよね。
戦後の焼け野原から、ここまでの復興を遂げた日本人が、
復興後の便利さ故に、足腰が弱ってきてしまっている様な状態に
なっているというのは、日本を愛する私としては、悲しいものが
あります。
便利なものを有効活用する力と併せて、何もなくとも、
なんとか出来るだけの力は、これからの時代、特に必要と
されてきていることと思います。
会社も、国も、自分を守ってくれなくなりつつある今、
自分自身の生き抜く力を高めるためにも、便利さに甘えず、
自分を育てるために、敢えて大変な道を選ぶ、ということは、
本当に必要な考えかもしれないと、最近の私は、強く思います。
 
 
◆◆ 教材・セミナーのご案内 ◆◆
 ┌───
┌────
●コミュニティを主催したい方必見のセミナーです
 継続的なクライアント獲得・育成を行うために必要な、
 新しいこれからのビジネスモデル「コミュニティ」に
 ついての、企画から運営までの実践的ノウハウを学ぼう!
  ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
   →http://sp.m-stn.com/seminar/community/index.php?sid=3t
 ※ 定員20名 現在お申し込み者4名です!
 ┌───
┌────
●コーチ・講師・コンサルタント・カウンセラーの方必見のセミナー
 自分の商品・サービスの単価が倍増し、なおかつお客様が今まで以上に
 満足し感謝されるようになる、品質向上のための具体的手法を学ぼう
  ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
   →http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/index.php?sid=3t
 ※ 定員20名 現在お申し込み者4名です!
 ┌───
┌────
●なぜ、私が研修やセミナーの9割以上をクチコミやリピーターで集客でき、
 そして参加者の8割に成果をもたらす、そんな信じられない高品質セミナー
 を毎回創り上げられるのか?
 セミナー構築アドバイザー水野浩志が語る本物のセミナーメソッド。
 ただ今、【限定無料公開中】!
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/freesem/index.php?sid=3t

 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
私は、座る姿勢が非常に悪いんですよね。
普段のポジションは、ふんぞり返って足を机の上に投げ出す
という姿勢。
思いっきり背もたれに寄りかかって膝の上にキーボードを置き、
そこでメルマガとか原稿を書いているんです。
そんな座り方をいつもしているせいか、2年に一回くらい、
椅子が壊れて買い換えをする羽目になるんですよね。
どうも、イスの根本にある溶接部分が、そのふんぞり返った
姿勢に耐えられないようで。
今日も、例によってふんぞり返っていたら、突然背中が
ぐぐーっと後ろに倒れ、ひっくり返ってしまいました。
で、見てみたら、やはり軸受けのところがぽっきり折れて
しまってたんです。
もうこれでは、いくらお金があっても足りないので、
自分で直そうと思い、どうやったら直せるのかを調べたところ、
「アーク溶接」
というものが必要であるらしいことが解りました。
しかし、これは結構大変で、厚手の作業服に革手袋、
そして、光を直接見ると目がおかしくなるとこのとで、
溶接用のお面みたいなものが必要で。
その上に、溶接機まで購入するとなると、
結構な金額になることが解り、購入を断念する気に
なるかと思ったら……
なんか、溶接機が欲しくなっている自分がいるんですよね(汗)
マニアックなものを見ると物欲が刺激されてしまう性格、
何とかしたいものであります(滝汗)。
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事