仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 47 view

愚痴をこぼすときには

━━━━━
  ● 吉○家の店員にブチ切れ……か?!
─────
ちょうどそのときも、前日からめちゃくちゃ忙しかったんです。
お昼にカップラーメン一個食べたきりで、
そのまま何も食べず、事務所で明け方の4時過ぎまで仕事して、
かえってすぐバタンキューと寝たんだけれども、つぎの日は専門学校で
朝から授業があるため、朝7時には起きて、学校行く支度して
電車に飛び乗る、というハードスケジュール。
横浜に向かう電車の中で、
「そういえば、昨日の昼から飯食ってないなぁ」
と思うと、もう急激にお腹がすいてきたんで、
学校の近くにある吉○家にいったわけですよ。
もうこっちはお腹すいてるんで、お店にはいるや否や
「牛丼大盛り汁だく!」
って叫んだんですが、店員さんに
「すいません、牛丼11時からなんです」
と返されてしまい、少々むっとしながら
「じゃあ、牛焼肉定食!」
とぶっきらぼうに答えたわけです。
で、飯が届くのをお腹すかせながら待つこと数分。
「おまちどうさまでしたー」
店員さんがお盆を持ってきました。
モーお腹限界、すぐ食べよう! なんて思ってお味噌汁を
持ち上げてみたら、なんと、味噌汁がこぼれているじゃないですか!
このまま口元に持っていったら、しずくが垂れてスーツが汚れる
ところだったじゃないですか!
さらに苛立ちが増した私は、小声で「クソー」とつぶやきつつ、
お店のナプキンでこぼれた味噌汁を拭いたわけです。
しかし、イライラしているせいか、持ち上げていた味噌汁がゆれて、
さらにお盆にこぼれてきたりして、いつまでたっても拭き終わらない。
もうそのときはイライラが頂点に達し、「なんだよもー!」
なんてことも口に出しながら味噌汁拭いてたんですね。
結局2分ほど時間が経過して、ようやく安心して食べられるように
なったんですが、もう腹が立って腹が立って。
なんで料理を置くときに、ちゃんとこぼれていないか確認せんのか、と。
それくらい、サービス業なら気を使って当然とちゃうんか、と。
そんなんも出来んで、店員なんぞやっとるなや! と。
しかし何でまた怒るときだけ関西弁やっちゅーねん、と。
千葉生まれ東京育ちだぞ俺は、と。
ていうかなに言ってるか訳わからんぞ、と。
で、お勘定払うとき、カーンと言ったろう思って、がーっと飯食って
ザッと立ち上がり、鋭く「お勘定!」といったんですよ。
そしたら、さっき料理を持ってきた店員が来たわけです。
よーし、お前、覚えてろよ、今からお前をケチョンケチョンに
シバいたるからな、と思い、舌なめずりして近づいてくるのを
待ってたんですよ。
いよいよ店員が目の前に来て、さあこれから怒鳴りつけたる! 
って時に、ふっと胸のプレートを見たら
「研修中」
って名札をしてるじゃないですか。
いや、確かにあんたは研修中かもしらんが、
それでも、お客さんの前ではプロのサービスマンじゃろ!
そう思って、ガツンと言ってやろうと思ったんですが……
ほら、私、研修講師って仕事もしてますでしょ。
なもんだから、「研修中」なんて名札を見せられたもんだから、
講師モードにスイッチが入っちゃったんですよねぇ。
で、何したかって言うと、
「そっかー、気味研修中かー。今一生懸命勉強してるんだねぇ。えらい!
 じゃあさ、これ今日覚えていってほしいんだけど……」
と、優しく、わかりやすく、納得してもらえるように接客のやり方を
解説し、その上で、励まし、やる気が出る言葉をかけ、最後には
「もう一度君の店に来たい、と思わせるサービスが出来たら最高だよね!
 そういってもらえるような店員さんになるようにがんばってね!」
といって、千円札を差し出し、
「おつりはいいから!」
と、思わず言いそうになりながら、いや、それは違うな、
と思い返してぐっとその言葉を飲み込み、さわやかな笑顔を
見せてお店を出てきちゃいましたよ。
でね、いまでもね、なーんか、こう、しっくりしないなあ、
俺、怒ってもよかったんじゃないかなぁ、なんて思ったりしながら
へーんな気持ちのまんまでモヤモヤしているんですよねぇ……
 
 


━━━━━
  ● 愚痴はこぼすなというけれど……
─────
人間生きていると、たまには愚痴を言いたいような
ことにも出くわしますよね。
ところが、この愚痴というやつは、あまりこぼすとよろしくないと
言われています。
確かに、愚痴は言うほうは一時的に気分よくても、聞かされるほうは、
共感できるような体験でもない限りは、あまりありがたいもんでは
ありませんよね。
だから、人にはあまり愚痴をこぼしてはいけない、ということに
なるわけですが、いえないとますます言いたくなるのが人の性。
ということで、私自身も結構愚痴をこぼします。
ただ、以前は言いたい放題愚痴っていたんですが、最近は
愚痴り方に工夫を施すようにしました。
それは何かというと
 ★愚痴を面白そうに話す
ということなんです。
自分が言いたいことは包み隠さず言い尽くすんだけど、
聞いた人に笑ってもらったり、楽しんでもらうように
する工夫も施してみる。
そうすれば、いいたい、という気持ちの溜飲も下がるし、
周りも迷惑しない、ということになるわけですね。
で、これをやってみると面白いことがわかりました。
ひとつは、自分の愚痴りたい体験を面白そうに話そうとすると、
 ★不快なものに対して距離を置いてみる
という行為が必要になるんですね。
そして、距離を置いて見続けることにより、
 ★自分が不快に思う理由が客観視点で明確になる
状態になっていくんです。
こういう状態になってくると、感情的な憤りというものが
影を潜めてきて、冷静にこの事態を受け止めることが出来るんですね。
なおかつ、面白そうに、ということですから、
どこかで笑えるようなエッセンスを見つけようとする。
すると、ますます負の感情から解き放たれていく
手ごたえを感じます。
こんな状態になると、何であんなに愚痴りたかったのか、
愚痴ることでどんな感情を発散しようとしたのかも冷静に
受け止められるようになるから不思議です。
で、結局最後には、たいした話じゃないや、と愚痴る気持ちが
消えてしまうことも多いんですよね。
もしあなたが愚痴り癖が付いているようでしたら、
その愚痴を楽しんでもらえるようなきもちで、
 ★自分だけでなく、聞き手もすっきりするような面白い愚痴
を、是非考えるようにしてみてくださいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
       愚痴をエンタテインメント化してみよう!
  
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ということで、今回の味噌汁こぼしの件、面白かったですか?
つまんなかったとしても、まあ読んでて不愉快にはならなかったと
思いますが、どんなもんでしょうか。
ちなみに、これはかなりの実話であります。
お店なんかで変なサービスを受けると、どうしても
一言いってやりたくてしょうがない、という性格なもんで。
で、昔は切れた感じで怒りをぶちまけたりしていたんですが、
最近は、上にも書いたように、もっぱら話のネタになるように
するにはどうしたらいいか、ってことを考えながら発言・行動を
考えるようになりました。
出来事に対し、ただ腹を立てる、というよりもずいぶん精神衛生上
いいアプローチだと思いますので、是非お試しくださいませ。
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日のメルマガで取り上げたSPIの話ですが、
結構色々ご意見いただきました。
中には、昔これに携わっていたことがあるよ、
という人まで現れて、裏話なんかも含め、
色々面白い話を聞くことが出来ました。
で、出来たらもう少し色々お話が聞きたいなあ、と。
出来たら、このSPIを活用している人事の方などに、
具体的にどうやって利用しているのか、なんてこと
うかがわせていただけたらうれしいなあ、と思っています。
もちろん、匿名で結構ですし、顔にはモザイク入れますし、
音声のほうも甲高い声、ド低い声等、お好みに合わせて
変更させていただきます(おいおい)。
ということで、色々お話聞かせてくださいませ。
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup