仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 30 view

空気を読むのではなく……

━━━━━
  ● ドッキリ番組が失敗した!
─────
この間テレビを見ていましたら、女子アナのNGやらハプニング映像
を紹介する番組が流れていました。
その中のコーナーで、女子アナにドッキリを仕掛ける、というものが
ありました。
内容は、以下のとおり。
仕掛け人はSMAPの香取君。
餌食となる女子アナたちは、彼が主演する新しい番組についての
インタビューをするのですが、香取君が終始不機嫌そうに対応し、
最後には「インタビュアーを変えてくれ」と、責任者に言ってしまう、
というところで、川端アナがドッキリ看板を持って登場、という按配。
新人、中堅、ベテランたち、4人の女子アナが餌食の対象になり、
最初の3人までは、ドッキリ大成功、という流れになりました。
しかし、最後に出てきた吉崎典子アナのときに、事態は一変します。
ドッキリが、まったくうまくいかなくなってしまったんですね。
結果、このときばかりは、中途半端なドッキリとなってしまい、
香取君もタジタジ、吉崎アナもカラリとした顔のまま。
要するに、ドッキリ的には大失敗、ということとなりました。
しかし、始めに餌食となった3人と、吉崎アナとは、
いったい何が違っていたのでしょうか?
 
 


━━━━━
  ● 空気は読むものでない
─────
先ほどの女子アナドッキリ企画では、最初の3人は、
不機嫌そうに振舞う香取君に対して、必死になって
 ■香取君との関係修復に努めよう
としていました。
でも、香取君の態度は変わらないわけで、ますます自分自身を
追い込んでいってしまうんですね。
当然、場の空気もすごーく悪くなってしまい、呼吸をするのも
苦しいような雰囲気となってしまいました。
しかし、典子アナの場合は、さすがベテラン、対応がぜんぜん
違ってました。
香取君がいくら不機嫌な返答をしても、緊張することなく、
「ホホホホホ」と笑っていました。
その雰囲気は、香取君との関係を何とかしようとしている様には
まったく見えません。
 ★今の険悪な関係を何とかしようとしない
わけです。そして、ただただ、香取君の意地悪な返答に対して、
「そうですよねぇ、ずっとこんなこと聞かれたら疲れちゃいますよねぇ」
なんてこといいながら、
 ★彼の不機嫌さを軽やかに受け止めて
いました。
さらに、典子アナがすごいなあ、と私が思ったところは、
香取君が途中退出してしまうところ。
不機嫌さをあらわにするために、インタビューの最中に無言で
部屋を出て行ってしまうという仕掛けがあったんですね。
そのとき、最初に出ていた3人のアナは、何か怒らせるような
悪い事したんだろうか、とか、この後どうやってなんとかしようか、
なんてことを必死に考えていました。
しかし、典子アナは、席を立って、
「ヤダもう、みんな硬くなんないでよぉ。
 いつもみたいに楽しくやろうよぉ。
 じゃないとアタシ、緊張しちゃうよぉ。ホホホホホ」
と、スタッフの背中や肩をたたいて廻りながら。
 ★場の空気をいい方向に作っていく
ことをやってたんですね。
結局このドッキリ、香取君が一生懸命がんばって、典子アナを
追い込もうとしても、まったくうまくいかず、逆に彼女の
雰囲気に飲まれてしまい、大失敗、ということとなってしまいました。
去年の流行語大賞に「KY」というのがありました。
「空気読めない」という意味だそうですね。
しかし、空気を読んで自滅してしまった3人の女子アナよりも
ドッキリという空気の読めない典子アナの振る舞いを見て、空気を読むより
 ★空気を創り、流れを創る
ということに意識を向ける重要性に、改めて気づかされました。
あなたも、もし何かのきっかけで誰かと雰囲気が悪くなってしまったら、
自分自身でその人との関係を修復しようとがんばるだけでなく、
周りの人たちなども協力してもらいながら、お互いの関係がよくなるような
空気を作っていくことに気持ちを向けてみてはいかがでしょうか。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
         空気は読むだけでなく、創り出そう!
  
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
私は研修やセミナーをやっていますが、そういう場にも、よく
参加したくもないのに来てしまったために、険悪な関係が
生まれてしまうことがよくあります。
なれないうちは、私もそういった人が気になってしまい、
しどろもどろになってしまいましたが、最近はもう、一切気にせず、
楽しげな雰囲気作りにただいそしんでおります。
このほうが、結果的に雰囲気悪かった人も、機嫌直してその人なりに
前向きに参加してくれるようになりますね。
 
 
━━━━━
  ● 高品質セミナー作成講座、特別価格終了まであと3日です
─────
受講者に対して成果が出るセミナー・研修の構築手法をまとめた
DVD教材。
昨年末より公開しましたが、おかげさまでたくさんの方たちから
ご購入いただいております。
今回は、購入者のお一人からいただいた感想をご覧ください。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
セミナー構築DVDということで購入させて頂きましたが、
以前、私は、セミナー構築の他の方のDVDを拝見したことがありましたので、
たぶん同じような内容だろうと、内心思っていました。
しかし、このDVDを見て、その思いは見事にくつがえされました。
セミナー集客から、場所設定、参加者心理、などなど
繊細にお話しされていますし、しかも、どのようにセミナーを
進めていけば、参加者がコンテンツをより深く理解出来るのか、など
非常にシステマチックに解説されています。
さらに、コンテンツ作りのヒントが満載で、
どのようにしたらマーケットに支持されるコンテンツが作れるか、など
非常に参考になりました。
これほど、順序良くセミナーを解説してるDVDは、
見たことがありませんし、このDVDがあれば
まったくセミナー未経験のコンサルタントでも、
非常にレベルの高いセミナーを開催出来てしまうのではないか、
と思ってしまいました。
大変すばらしいDVDありがとうございます。
また、素晴らしい気付きをありがとうございました。
                        美容関係経営者 後藤様
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
後藤様、どうもありがとうございます。
セミナーに活用された暁には、また成果のほうお聞かせくださいね。
なお、この教材ですが、今月31日までにお申し込みいただいた方は、
正価より1万円引きの特別価格となります。
ご興味のある方、教材の詳しい内容・お申込はこちらをご覧ください。
 → http://sp.m-stn.com/chk/080129a.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
そういえば、以前某出版社が運営するサイトでインタビューを受けた、
というお話をしましたが、その後のお話、してませんでしたよね。
失礼しました。
ということで、そのサイトをご紹介します。
講談社が運営している「Moura」というサイトのなかの
「”ひとりビジネス”幸福白書」という特集です。
以前もマネーの虎に出演されていた臼井さんとの対談で、
自分の過去の話をさせていただきましたが、こちらはこちらで、
また生々しい話をしております。
よかったら見てやってくださいね。
前編
http://oomiya.yomone.jp/?p=43
後編
http://oomiya.yomone.jp/?p=44 
では、また次回のメルマガでお会いしましょう!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup