仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 12 view

使えない企業理念

おはようございます。水野です。
今日は、判るようで、実はよくわからないものの代表とも言える
企業理念について考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● あなたは企業理念を言えますか?
─────
※ あらかじめお断りしておきますが、企業によっては、企業理念では
  なく、社是とかビジョンとかミッションといった形で掲げている
  ところもあり、また厳密に言えばそれらはそれぞれ意味が違うもの
  ではあるのですが、今回は便宜上全部まとめて企業理念と表現します。
2008年の5月にソリューションの調査による
「企業理念について一般社員がどのように考えているか」
というアンケート結果が発表されました。
そのアンケートによると、企業理念を憶えているか、という質問に
対しては、「憶えている」と「だいたい憶えている」を合わせて、
約8割の人がYESと答えたそうです。
しかしながら、その企業理念が社員のモチベーションが上がる要因に
なっているか、という質問に対しては、YESが7.2%、また、
社員の行動の指針になっている、という質問も25.5%の人しか
YESと答えなかったそうです。
8割の人が企業理念を憶えているというのは素晴らしいと思いますが、
使われ方を見てみると、あんまり役には立っていないようですね。
ということで、私自身もいろいろな会社の企業理念を調べたことがありますが、
多くの企業は、正直よくわかりませんでした。
「真の顧客満足を目指す」
とか、
「社会に貢献する」
とか。言ってることの具体的なイメージがよくわかんないんですよね。
そして、やっぱり心躍るような言葉ではないんですよね。
だいたい、企業理念っていったい何なのでしょう?
 
 


━━━━━
  ● 使える企業理念・使えない企業理念
─────
なんか「使える」とか書くと、えらく高飛車な感じがするかも
しれませんが、そう意味ではありません。
というのは、企業理念とは、訳のわからん呪文のようなものを
うやうやしく会社の玄関先に飾っておくようなものではなく、
まさに日常的に使い倒すものだと私は思うんですよ。
で、使い方としては、
 ★ 口にすると、働く意欲がわいてくる
というような、モチベーションに影響するものであると共に、
 ★ やり方や方向性に迷ったとき、正しい道を示してくれる
というものであるべきだと思うんですよね。
その時に「真の顧客満足を目指す」とつぶやいて、果たして
働く意欲がわくでしょうか。
顧客に犯罪的な行為を要求されたとき、「真の顧客満足を目指す」
という企業理念をみて、自らが取るべき道が示されるでしょうか。
こういった企業理念は「使えない企業理念」なのでしょうね。
もしあなたの会社がそういった、曖昧な企業理念であったら、
是非自分なりにしっくりくる表現で企業理念を作り直して
見て下さい。
さらに言うなら、企業理念だけでなく、あなた自身の人生を
生きるに当たってモチベーションが生まれ、そして迷ったときに
正しい道を示してくれる
 ★ 自分理念
も、ぜひ作ってみましょう。
しっくりくるものが出来上がるまでは、少々時間がかかるかも
しれませんが、出来上がると、きっと生き方が今以上に前向きな
ものになると思いますよ
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
モチベーションが上がり、正しい道を示してくれる、使える理念を作ろう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
私自身も、理念だとかビジョンだとかミッションだとかを、
ここ数年間ずっと明文化するために四苦八苦してきました。
でも、ようやく形になってきたので、参考までにお知らせしますね。
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ビジョン
 子供たちが憧れるような、活き活きと社会の発展に取り組む、
 本気で生きる大人たちで世の中を満たす。
  ビジョン実現時のイメージボイス
   「お父さんかっこいい!」
   「お母さん素敵!」
   「ボクは将来あの人のようになりたい!」
ミッション
 自らの成長と生き様を通じて発信するメッセージが
 自分に関わるすべての人々のやりがいを増幅させ、
 成長のエネルギーとなるようなパワーを提供する。
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
文章ももうちょっと洗練したいとも思っていますし、キャッチコピーの
様な短いものも欲しいなあ、と思いつつ、今も毎日ちょこちょこと改訂
しながら色々考えていますが、だいたいこんなメッセージになりました。
これらの言葉を口にすると、少々やる気が落ちた時も、グンと元気に
なりますね。
特に、ビジョン実現時のイメージボイスは、想像するたびに
「よし、頑張ろう!」と思います。
正直私、ちょっと前までは企業理念だのビジョンだのというものは、
社員もいないでひとりでやっている訳だから、と軽視していました。
軽視しながらも、あれこれ考えてはいたんですけどね。
でも、実際にしっくりしたものが出来上がって、それを口にしてみると、
これほどパワーがみなぎってくるのかと思ってびっくりしました。
また、研修やセミナー中に、自分のこのビジョン・ミッションを
受講者に話したりしているのですが、やっぱりこの話をするのと
しないのとでは、反応が大きく違いました。
そんな想像以上の効能を感じ、やはりビジネスマンとしては、
 ★ 自分がどんな思いでこのビジネスに取り組んでいるのか
ということを、いつでもきちんと伝えられる言葉を持っておく
べきだなあ、と本当に思い知らされた今日この頃なのでした。
 
 
◆◆ 教材・セミナーのご案内 ◆◆
 ┌───
┌────
●なぜ、私が研修やセミナーの9割以上をクチコミやリピーターで集客でき、
 そして参加者の8割に成果をもたらす、そんな信じられない高品質セミナー
 を毎回創り上げられるのか?
 セミナー構築アドバイザー水野浩志が語る本物のセミナーメソッド。
 ただ今、【限定無料公開中】!
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/freesem/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日もお伝えしました、Biz.IDの第2回目の連載ですが、
アクセス数が前回より多いようで、感想のコメントなんかも
いただいているようです。
連載原稿はこちら
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0809/08/news015.html
読者のコメントはこちら
 → http://b.hatena.ne.jp/entrymobile/9931194
まあ、賛否いろいろな意見があって面白いのですが、
一番うれしかったコメントは、
 「高校時代の恩師の事例を一般化。恩師最強!!」
というもの。最強恩師。なんかかっこいい♪
恩師もきっと天国でご満悦でありましょう。
あと、上手い! と思ったのは
 「いいとも観客劇場メソッド」
という表現。部下を受け入れましょう、という話しのところの
ことを指しているのでしょうが、これ、使わせて欲しいなぁ。
あと、ぐうの音も出なかったのは
 「なんか冗長だなあ」
というコメント。
返す言葉もございませんが、これが水野のテイストだと思って
我慢して読んでやって下さい(汗)
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup