仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 23 view

私がメルマガで漫画を取り上げる想い

おはようございます。水野です。
本日は、このメルマガで、何で漫画を良く扱うのかということに
ついて、お話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 読者からの熱い投稿
─────
昨日は、漫画「カイジ」の中のセリフを取り上げて
メルマガを書きました。
昨日のメルマガはこちら
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/690654.html
さすが、カイジファンは多かったようで、何人かの方から、
「よくぞ取り上げてくれた!!」
という、熱いメッセージが寄せられました。
また「今日のまとめ」の後に、
「漫画を取り上げたときは解除率が上がる」
と書いたため、ある方から、
 「漫画をバカにし、価値がないという発想がやるせない!」
という趣旨の長文メールを頂きました。
皆さん、熱い熱いメッセージ、ありがとうございました。
しかし、解除があるというリスクがあるにもかかわらず、
何で私は、あえてこのメルマガで漫画を取り上げるのか。
それには、このメルマガの読者には、ぜひ解って欲しい、
こんな想いがあるからなんです。
 
 


━━━━━
  ● 私が漫画を支持するわけ
─────
職業に貴賎はあるか。
過去のメルマガ出も取り上げたが、私自身は、
 ■ 職業に貴賎は、厳然としてある
と思っている。
そういった観点からいうと、漫画家なんていうのは、
賤しい仕事の最たるものだろう。
「賤しい」が言いすぎだとしても、せいぜいがところ、
「たかが漫画」
程度の存在である。
しかし、そんな賤しい仕事に対して、命がけで取り組む人もいる。
賤しいといわれる仕事に対して、その社会的評価を変えようとし、
そして、賤しいという偏見を覆すだけの仕事をしてやろうという
気概のある人は、少なからず居る。
私は、そういう人たちを、リスペクトしたい。
「賤」の仕事の中でも、そうやって誇り高く、真剣に仕事を
する人にこそ、学ぶべきことがあるのだから。
なぜなら、私、水野がやっているセミナー業なんていうものも、
人の無知や弱みにつけ込んで金を稼ごうなんていう、賤しい
仕事以外の何者でもないのだから。
一歩間違えたら、詐欺行為にもなってしまいかねない、
実に卑劣でえげつない「賤しい」仕事だから。
この考え方は、まともな感覚を持った同業者の方達なら、
きっとどこかで同意してくれるはず。
だからこそ、この「賤しい」仕事に対して、そうはならないように
命がけで取り組まなければいけない、と、私は思う。
そんなところが、命を削って賤しい仕事に取り組んでいる漫画家の
人たちに、だぶるんだよなぁ。
とくに、昔の時代の、漫画なんてガキが読むもの、という偏見の中で、
子供が読んでも解りながら、大人が読むにも堪えうる漫画を書こうと
必死で取り組みながら、漫画の裾野を広げていった人たちや、その
意志を今も受け継いで頑張っている漫画家さんには、非常に強い
思い入れがあるんだよねぇ。
そんな想いがあるがゆえに、私はこのメルマガで、漫画を取り上げて
語っているのである……
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・叫び
     賤しい仕事にも、命がけで取り組む姿を刮目せよ!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
しかしさ。
もうこれだけ価値観が大きく変化してきている時代にさ。
旧態依然とした、表層上の価値でものを判断するような、
頭を使わないままにくだらない評価をするのは、もうやめようぜ。
漫画なんてくだらない、なんていう考え方以外にも……
  良い大学を出ているから頭が良い人
  資格を持っているから優秀な人
  一流企業に勤めているから立派な人
  有名だから一流の人
  本を出しているからすごい人
  ……etc……
こんな、他人から与えられた既成の価値観をそのまま鵜呑みにして
自分の脳みそで一切考えも判断もすることもなく、人の善し悪しを
決めてしまう人たち。
そんな、自分の目で本質を見抜こうとしない人たちが、なんと
多いことだろうか。
もちろん、その人たちはその人たちのありかたとして、否定しない。
私はぞっとはするけどね。
あなたは、人から与えられた価値観の色眼鏡でものを見ている人か?
それとも、自分の価値観で、ものの本質を見抜こうとしている人か?
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090129
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 3月14日のライブセミナーはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、午後から夜間にかけて、セミナーダブルヘッダーでありました。
時間はほぼ1日セミナーと同じくらいの時間でしたが、内容と対象者が
違うセミナーを2本やる、というのは、やはり大変ですね。
でも、両方の参加者の方達ともに、熱心に質問をぶつけてくれ、
一生懸命参加してくださいました。
大変だけど、そういった終わった後でもどん欲に吸収したいと
迫ってきてくれる人が多いと、本当にうれしいですよね。
本編にも書きましたが、旧態依然とした価値観に安穏として
いられる時代は終わった、と私は考えています。
自分の道は、自分で切り開いていこうとする姿勢こそ必要なもの。
そのために、講師を骨までしゃぶり倒すくらいの学ぶ姿勢と、
学んだ後にすぐ動く、という行動力を持って、是非新しい
時代を切り開いていって欲しいですね。
みんなで頑張っていこう!!
さて、我が家の昨日のネコブログ。
あつみ♂の、邪悪な一面が顔を出しました……
 → http://plaza.rakuten.co.jp/mrika/diary/200901280000/
 
 
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup