仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 16 view

有益なことをするのではなく

こんにちは、水野です。
いつものメルマガの前にお知らせを。
「人の心を動かすメールセミナー メルマガ事例編」
セミナーの特別割引価格が、明日終了となります。
これからのビジネスにおいて、重要なスキルのひとつとなる、
  「人に喜ばれる情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお知らせいたします。
前回の受講者の感想も新たに掲載いたしました。
セミナーの詳細と合わせてご覧下さいませ。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
※早期申込特別価格のお申込み期限は2月19日となっております。
さて、本日は、昨日のメルマガでは書ききれなかったことについて、
さらに考えて行きたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 全く持って正論なのですが……
─────
昨日のメルマガでは、【一番無駄な時間とは】ということについて
考えてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/721104.html
昨日の結論は、無駄な行動をする以上に、何も行動を起こさない
という時間が、一番無駄なのでは無いか、というお話をしました。
今日は、昨日お話ししました正論である
【出来るだけ無駄な時間を避け、有益なことにのみ、時間を割く】
ということについて、考えてみたいと思います。
今をさかのぼること30年以上も前のこと。
当時の世の中で信じられていた価値観は、いい大学に入って、
一流企業に入って、定年まで勤め上げる、という人生設計に
価値がある、といわれていた時代でありました。
ですから、その考えに沿う形で行動することは、非常に有益な
ことだと考えられていたんですね。
しかし、それから30年という月日が流れると、上に挙げた価値を
手に入れるために、有益だと思えることに取り組んできた人たちの
中にも、かなり厳しい状況におかれてしまった、という人も少なく
ないようです。
むしろ、有益なことに絞り込んで、それ以外のことをして
いなかった人ほど、つぶしがきかないというか、人生の融通が
利かない生き方をしてしまっているような状態になってしまった
ように、私には見えるんですね。
果たして、
【出来るだけ無駄な時間を避け、有益なことにのみ、時間を割く】
というこの正論、いったいどうやって解釈すればいいのでしょうか?
 
 


━━━━━
  ● 有益なことをするのではなく
─────
今までずっと
【出来るだけ無駄な時間を避け、有益なことにのみ、時間を割く】
という言葉を「正論だ」という言い方をしていましたが、
実はこの正論、
 ■ 一定の条件下においてのみ通用する正論
何ですよね。それはどういう条件下かというと
 ■ 具体的に成果を出すために必要なプロセスが明確な場合
というもの。こういう状況では、大変有効なものなんです。
例えば、工場でものを作る、なんていう場合は、そのゴールと
それまでの工程が決まっているわけですから、なるべく無駄を
避け、有益なことに時間を割くことは十分可能なんです。
しかし、人間の成長という観点で考えた場合、とたんに
この正論は役に立たなくなってしまうのです。
なぜなら、この正論を貫いて成果が出る背景には、
 ■ 一切の時代の変化が起きず、目指す価値観も一生変わらない
という条件が必要だからです。
しかし、皆さんご存じのように、これほど世の中が激変している
時代において、こんな普遍的な状況は、もう望むことは出来ません。
こういう時代では、むしろこの正論は、あまり役に立たない
ものになってしまうのです。
実際、今の時代に業績が悪く、苦しんでいる人の多くは、
自分が有益だと思った狭い範囲のことにだけ時間を割き、
その結果、活動やアイデアの幅を狭めてしまっています。
逆に、今の時代に業績を上げている人、活躍している人は、
一見無駄とも思えるようなことにも積極的に手を出して
来た人たちが多いんですよね。
で、そういった人たちが、業界の常識を覆す商品やサービス
を生みだし、新しい価値を社会に提供しているわけです。
人間が成長するには、一見無駄と思えるようなことも、
価値のある財産に変わることも多々あるのです。
有益なことばかりを追い求めるのではなく、是非もっと色々な
ことを経験して、人生の幅を広げて下さいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     有益なことばかり追い求め過ぎないようにしよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
私自身、過去のメルマガをお読みいただければご存じの通り、
遠回りで、無駄だらけの人生を送っていました。
しかし、今はそういった経験が、人から求められ、
皆さんのお役に立っている、という状態になっています。
これは別に、私の仕事が講師だから、というような特別な
状況だから成立している、という話ではないんですよね。
色々なジャンルで成功している人たちの中にも、
同じように、無駄な人生、遠回りの人生を歩んでいる
人たちはたくさんいます。
こういう人たちに共通してみられる考え方は、
【出来るだけ無駄な時間を避け、有益なことにのみ、時間を割く】
というものではなく、
【出来るだけ全ての経験を無駄にせず、有益なものを見つけ出す】
というものになっているように見受けられるのです。
それが証拠に、こういった人たちは、色々なものを見ても、
軽々に
「くだらない」
とか
「無駄なことだ」
とか
「自分には関係ない」
といったような判断は下しません。
むしろ、一見くだらなく無駄で関係ないようなものから、
自分のビジネス、自分の人生に役立つものを瞬時に見つけ
出す力を持っていますよね。
重要なことは、有益なことに時間を割くのではなく、
 ■ 有益なものを見いだす力を持つ
という事です。そのためには、やはり訓練が必要。
一見無駄と切り捨ててしまうようなものから、有益なものを
見つけ出すことが出来るような力を、身につけて下さいね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090218
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
   2月25日開催です。 早期申込み特別価格は2月19日迄!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 3月14日のライブセミナーはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日、キオスクに立ち寄ったら、マンガ「アカギ」の最新刊が
発売されていました。
「アカギ」は、以前のメルマガで「カイジ」を取り上げましたが、
それと同じ作者である福本宣行さんの書く麻雀マンガ。
闇の権力者である鷲巣と、命をかけた麻雀バトルを繰り広げる、
というのが、「アカギ」の内容なのですが、そのマンガの隣に
「ワシズ」
というマンガが並んでいました。
なんと、「アカギ」に出ている鷲頭を主人公にした漫画が誕生
したようです。
いやあ、もうびっくり!!
ワシズ-閻魔の闘牌 (1) (近代麻雀コミックス)原 恵一郎
価格:¥ 680(定価:¥ 680)
http://www.amazon.co.jp/dp/4812470439/ref=nosim/?tags=mizuno0e-22
福本さんは、今回協力という事で、ご自身では書いていませんが、
まあそれでもあの鷲巣の若き頃のエピソードを見ることが出来るのは、
面白いかもしれません。
しかし、アカギのスピンオフ作品でまさか鷲頭が主人公の漫画が
生まれてくるとは思いませんでした!
……って、興奮してますが、この漫画知らない人は、いったい
なんのこっちゃ? って感じですよね。すいません。
よく分からん、という人は、私の興奮はかる~くスルーして
ネコブログの方へどうぞ。
さて、かみさんが書く我が家の昨日のネコブログ。
かみさん、しりとりで遊んでいます。
でも、最後からひとつ手前、ブルゾン、って【ん】で終わってないか?
 → http://plaza.rakuten.co.jp/mrika/diary/200902170000/
 
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事