仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 21 view

新入社員の心得

おはようございます。水野です。
今日は、これから社会人となる人たちに、
大切な心構えを話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 新入社員の心得
─────
もうすぐ4月を迎え、これから社会人になる今は学生の皆さん。
社会人デビュー、おめでとうございます。
きっと、期待以上に、不安がいっぱい、という人も多いと思います。
学生には解らないことだらけ、知らないことだらけの世界に出ていく
訳ですから、不安に思うことは当然のことと思います。
そんな自分に対して、先輩や上司は、きちんと教えてくれるのか?
なんてことを心配している方も多いでしょうね。
しかし、そんな人に、少々残念なお知らせをしなければいけません。
先輩や上司が、あなたに対して仕事をきちんと教えてもらえる
可能性は、非常に少ないでしょう。
なぜなら、言われてしまえば当たり前の話なのですが、
 ■ 上司や先輩は「人を教えるプロ」ではない
からです。
だって、落ち着いて考えてみて欲しいんですが、今まで皆さんが
通ってきた学校には、たくさんの教師という人たちがいましたよね。
彼らは、いわゆる、「人を教えるプロ」であるはずです。
しかし、今まで皆さんが出会ってきた教師の人たちの中で、
「この人は、人を教えるプロだなぁ」
と思えたような人、どれくらいいましたか?
人を教えるプロと言われている教師ですら、そういう状態
なのですから、人を教える訓練などを受けたこともない、
あなたの上司や先輩が、あなたのことをうまく教えられなくても
仕方のないことなんですよね。
だから、新入社員心得として、まず持っておいて欲しいことは、
 ■ 教えてもらえるということを期待してはいけない
ということなのであります。
 
 


━━━━━
  ● 教えてもらうのではなく
─────
私自身の過去を考えてみても、教えてもらおうと思っていたときに、
教え方のうまい人に出会った記憶は、ほとんどありませんでした。
たいていは、ざっくりとした説明しかしてくれず、それを聞いても
よく解らないので、もう一度聞きに行くと、うるさがられてしまい、
仕方がないから、解らないままに仕事したものを持っていくと、
「お前、何聞いてンだよ!」
と怒られる始末。
生意気だった私は、その理不尽さに腹を立てて、
「だって、ちゃんと教えてくれないからじゃないですか!!」
と逆ギレし、先輩達に突っかかっていったんですよね。
それでも、きちんと教えてくれるようになったかと言えば、
決してそんなことありませんでした。
で、結局、私はきちんと教えてもらえるようなことはあきらめ、
 ★ 自分から学ぼうとする意識
に変えて、仕事に取り組むようにしたんです。
そういう姿勢になったとたん、まず「きちんと教えてもらえない」
と言うことにイライラしなくなりました。
また、当然ながら、学び方のスタンスもまったく変わりました。
それまでは、上司や先輩が教えようというそぶりを見せた
ときだけ、学ぼうとしていたのですが、自分から学ぼうと
し始めてからは、上司や先輩の行動・言動の全てから、
また、起きた出来事全てから、何かを学ぼうとしました。
だから、いままでとは学べる情報量がまったく変わって
きたんですよね。
そんな私も、今では講師としてセミナーや研修をやっていますが、
そこに来ている人たちを見ていても、教えてもらおうとする人と
自分から学ぼうとする人では、学びのレベルがまったく違います。
教えてもらおうという人は、テキストと、講師の話の中で
話している、うわべの事を学ぶだけ。
自分から学ぼうという人は、講師がなぜこういうことを言って
いるのか、なぜこんな考え方に至ったか、立ち振る舞いから
行動までを見ていますし、参加者達からも積極的に学ぼうと
いう姿勢を見せています。
学ぶ姿勢にこれだけの違いがあれば、当然ながら、学びの質も
大きく変わってきますよね。
ぜひ、このメルマガをお読みになっている新社会人の方は、
自ら積極的に学ぶ心構えで、4月1日を迎えてくださいね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   教えてもらえるなどと思わず、自分から学ぶ姿勢を持とう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
社会人としての学びというのは、学生時代の学びとは違います。
学生時代は、試験で良い点数を取れば良かったのですが、
社会人は、求められる結果を出すことが重要視されます。
学生時代にあった、試験範囲、と言ったものはありませんし、
教科書を読めば答が分かると言った単純なものではありません。
こうやって答えたら正解、といったものはなく、たいていの場合、
正解すら、自分自身で作らなければいけないのが、社会人に
求められるのです。
もっと言うなら、相手が求める正解の、さらに上の解答をして
喜ばれることこそが、社会人に求められるものなのです。
ですから、自ずと勉強の仕方も変わってきて当たり前。
受け身で勉強をしていたら、いつまで経っても一人前扱いは
されません。
教えることがメインの仕事ではない人に対して、
 「上司や先輩は、私を教えるのが仕事でしょ」
なんて思い、ふんぞり返って教えてもらうことを待っている姿。
このメルマガをお読みのあなたなら、こんな姿勢はまともな大人の
ではないことは、もちろん解りますよね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090329
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日のメルマガは、とても評判が良かったようです。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/774221.html
たくさんの方達からメッセージを頂きました。
ありがとうございました。
で、何人かの方から、
「そのCMの映像を見られないのか」
という質問を頂きましたが、私もそれが解らないんですよね。
なにせ、また聞きの、それまたまた聞きの話なので、
いつくらいの、なんのCMだか、さっぱり解らないんです。
私も知りたいくらいなんですよね。
ということで、そのCMを見られる、という情報を
お持ちの方は、ぜひ教えてくださいませ。
頂きましたら、またこのメルマガ出もお知らせしますね。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
あつみ♂がすごい顔してます。
 → http://plaza.rakuten.co.jp/mrika/diary/200903280000
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup