仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 33 view

ファイト!

おはようございます。水野です。
さて今日は、ある名曲が誕生したいきさつについて
お話したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 私だって高校へ行きたかった!
─────
私は、中島みゆきさんのファンであります。
中でも、一番好きで、聞くたびに泣いてしまう曲があります。
それは、「ファイト!」という曲。
市井に生きる、思うような人生にならない人たちに向けた、
応援歌という曲であります。
この曲の冒頭は、こんな感じで始まります。
 「あたし中卒やからね 仕事ももらわれへんのやと書いた
  女の子の手紙の文字は、 とがりながらふるえている」
この女の子のくだり、実は本当にあった話であり、これが
この名曲「ファイト!」が生まれたきっかけであった、
ということは、中島みゆきファンの中では有名な話です。
それは、今からさかのぼること27年前の1982年5月4日。
オールナイトニッポンのパーソナリティーを務めていた
みゆきさんの番組に、ある女の子から、こんな手紙が
送られてきました。
  私は中学を出て、すぐに働いて二年になる、
  17歳の女の子です。
  この間、私の勤めている店で、店の人が私のことを
  「あの子は中卒だから事務を任せられない」
  といっているのを聞いてしまいました。
  私悔しかった。悔しくて悔しくて泣きたかった。
  中卒のどこが悪いと言いたかった。
  私だって高校行きたかった。
  だけど、家のこと考えたら、私立に行くなんてこと
  言えなかったし、公立に入る自信もなかった
  だけど、こんなふうにいわれるなんて、ひどい。
  ごめんなさい、愚痴を書いてしまって。またお便りします。
  ペンネーム:私だって高校へ行きたかった。
 
 


━━━━━
  ● ファイト!
─────
この手紙を読んだみゆきさん、彼女に対して、こんなメッセージを
送っていました。
  わたしはあんた本人じゃないから、
  自分の規準でしか、物言えないけれどもね。
  偉そうなことを、言っちゃえば、どういう所を通ってきたか
  と言う事よりも、そこで何をあんたが、吸収してきたかって
  ことだと思う訳よね。
  理想論かも知れないけれど。
  でもそりゃ、周り中のすべての人間にさ、
  あなたのよさをわかってもらうのとかいうも、
  そりゃ、無理なことだけれども。
 
  わかってくれる人も、どっかに
  1人いるかも知れないとかね。
  それから、誰かにわかってもらおうとするとかさ、
  そう言う風に思うことだって、素敵な事じゃないだろうか。
  ファイト!
世の中には、自分の努力だけではどうしようもない事って、
沢山ありますよね。
そんな時、人はうちひしがれてしまい、絶望感に苛まれて
しまうことも良くあります。
しかし、そんな状況に置かれながらでも、そこから何かを学びとる
ことは出来るはず。
そして、どうにもならない状況でも、それでもなお、今の自分が
出来る事は、何かしらあるはず。
それが、どんなにささやかなことでも、小さなことであっても、
それに取り組んだのなら、今の自分を変えることは、きっと
出来ることでしょう。
今の自分が、今学べること、今できることに、
精一杯の気持ちを向けてみましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
               ファイト!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
この歌には、人生をあきらめそうになっている人たちが出てきます。
  中卒で仕事が与えられない女の子
  大人達から頭ごなしに押さえつけられる少年
  大人からひどい目に遭わされた子供を見て、怖くて逃げた大人
  田舎のしきたりに縛られて、上京を断念した人
  力ずくの男の言いなりになってしまう女性
そんな人たちの姿を織り交ぜながら、みゆきさんはこう歌いかけます。
  暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく
  光ってるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから
  いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
  やせこけて そんなにやせこけて魚たちのぼってゆく
そして、この歌の最後は、こう歌い上げるのであります。
  ああ、小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく
  あきらめという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく
  ファイト! 戦うキミの唄を
  戦わない奴らが笑うだろう
  ファイト! 冷たい水の中を
  ふるえながらのぼってゆけ
私も、いつでも順風満帆というわけではありません。
自分の思い通りに行かず、悩み苦しむこともありますし、
自分の無力感に苛まれるときもあります。
そんな時は、この歌を聴き、小魚たちが、力強く泳いでいく様を
目に浮かべながら、
 よし、俺も、もういっちょ頑張ろう。ファイトだ!
と思い、決して、「あきらめという名の鎖」に縛られないようにと
心を新たにするのであります。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090601
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
40歳前後の方なら、きっと若い頃にはオールナイトニッポンを
聞いていた人も多いと思います。
本当にあの頃のラジオは聞き応えがありましたが、やっぱり
自分の悩みを真面目にラジオに相談し、そしてそれに対して
パーソナリティーの方が真摯に答えているのを聞いて、
いちリスナーである自分がとても癒されたことを思い出します。
先日も、中学校に伺って、子供達は、やっぱりいろんな事に
悩んでいるんだなあ、と思いました。
でも、そんな悩みを大勢で共有し、ちょっと先輩の大人達から
アドバイスをもらえるような場って、今の子供達にはあるんで
しょうか?
昔のラジオに当たるような、オールナイトニッポンに変わるような
モノがあるならば、ご存じの方、是非教えてください。
さて、我が家の昨日のネコブログ。
私が家でぐうたらしているところを、写真に撮られてしまいました(汗)。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090531.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup