仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 36 view

それは相手の立場に立っているのではなく

おはようございます。水野です。
5日後の6月24日に、講師をされている方向けに、セミナー・研修の
構築手法のポイントをお話しした
【オープニング・エンディング構築手法セミナー】
を開催いたします。
内容は、受講者の意識をカリキュラムに集中させ、受講後の
行動変容率・実践率を向上させるセミナーや研修を創るための
手法をお伝えします。
短時間でご自身のカリキュラムをブラッシュアップしたい、
という方は、是非いらしてくださいね。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semoe/?sid=3t
 ※ 申込み締め切りは22日の月曜日です。
さて今日は、昨日のメルマガで寄せられた反応につきまして
考えて見たいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 異論・反論の中で……
─────
昨日、【相手の立場に立って考えるということ】というタイトルの
メールマガジンを発行しました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/870785.html
電車での人身事故の時の自分のリアクションを観察することで、
困ったときほど相手の立場に立って考えるような人を目指しては
どうか、といった話をしました。
今回のメルマガは、いつも以上に反応が大きかったようで、
賛同ももちろん沢山頂きましたが、異論反論も沢山頂きました。
皆さんのご意見はとても興味深く拝見させていただきましたが、
基本的には、このメルマガは絶対真理を説いているわけでは
ないので、異論反論があるのは当たり前なんですよね。
それに、相手の立場に立つことが本当に必要なことなのか、
という事についても、ツッコミどころはあるわけですし。
だから、皆さんそれぞれ、いろんな意見をお持ちになっても
いいと思っています。
ただ、寄せられた意見の中で、ちょっと気になったものが
いくつかありました。
それは、
「相手の立場に立って考えるが、納得できない!」
というご意見が、いくつかあったこと。
これ、私も良くやってしまうことなんですが、
そう考えてしまうということは、相手の立場に
立って考えていないということなんですよね。
どういうことかと言いますと……
 
 


━━━━━
  ● それは相手の立場に立っていない
─────
相手の立場に立って考える、と言うことを言葉通りに解釈すると
 ■ 相手が置かれている立場に自分の身を置いた前提で考える
という事になります。
だから、多くの人は、自分の脳内で、自分自身を相手の立場に
置いてみて、それで色々考えようとするわけです。
しかし、先に挙げたように、本当の意味で相手の立場に立って
考えられない人というのは、相手の立場に自分を置くときに
 ■ 相手の立場に、自分の価値観や性格も一緒に持って行ってしまう
のです。
しかし、これでは、本当の意味で、相手の立場に立って
考える事は出来ません。
なぜなら、相手と同じ価値観や性格でない場合は、
いくら相手の立場に身を置いても、理解できないこと
だらけになってしまうからです。
そうなってしまうと、相手がどう考えるかを考える前に
  「自分はそう受け取らない」
  「自分はそう考えない」
  「自分はそう行動しない」
といったように、
 ■ 相手を理解する前に批判してしまう
状況に陥ってしまうわけです。
しかし、この人がやっていることはどういうことかというと、
相手の立場に立って考えているのではなく、
 ■ もし自分だったらどうするか
という事を考えてるに過ぎないのです。
 「相手の立場に立って考える」
ということと、
 「もし自分だったらどうするか」
という事は、似ているようで、全く違う考え方なんですよね。
もし相手の立場に立って考えたいのであれば、その時は、
自分の性格や価値観、考え方は、一旦脇に置いて下さいね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  相手の立場に立つときには、自分の価値観・性格・考えを脇に置く
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
こういうことを言うと、頭のいい人はこんな反論を
持ち出すかもしれません。
  自分の価値観・性格・考えを脇に置いたとしても、
  相手の価値観・性格・考えがわからない限り、
  いくら相手の立場に立っても相手のことなど
  理解できないのではないか?
これ、鋭いツッコミだと思うんですよね。
だから、自分のあれこれを脇に置いて、相手の立場に立っても、
正しく相手のことを理解することは、不可能なんですよね。
だからといって、相手の立場に立って考える事が無駄だと思い、
やめてしまう、というのは、ちょっと話が違うと思うんです。
やって見ると判ると思いますが、最初のうちは本当に
わからないんですよね。
でも、この
 ■ 相手のことがわからない
という事を、自分が知るのって、とっても大切なんですよ。
というのも、人間どうしてもついついわかったつもりになって、
事を進めてしまうと言うことが多く、そしてそういったつもりが
意外と人間関係をこじらせてしまうことが少なくないわけです。
だからこそ、大事なときには、相手の立場に立って考えようとする、
するとわからないことがわかる。
だから、わからないことをきちんと聞いたり、誤解がないように
今まで以上に入念にコミュニケーションを取ろうとしたりといった
ことが出来るようになるんですよね。
だいたいにおいて、コミュニケーションで失敗をしている人達を
見ていると、
相手のことがわかっていないことを自覚しないまま、
 ■ 自分の中で勝手に創り上げた架空の相手
に向かってコミュニケーションを取っているケースが
かなりあるように見受けられます。
思い当たる人は、ぜひ、自分の全てを脇に置いて、
相手の立場に立ってみて、
 ★ いかに自分は相手のことがわからないのか
という事を自覚してみてください。
そうすれば、相手のことをきちんと知ろうという気持ちが
おのずと芽生えてくることでしょう。
そして、そうやって、本当の意味で、相手のことを
よく知ろうということを続けていくうちに、自分とは
全く違う価値観・性格・考え方を持った人に対しても、
 ★ 相手の立場に立った上で、それなりの理解と受容
が出来るようになってくるのではないかと思うのです。
私もまだ修行途中でありますが修行の先にそんなゴールが
ほの見えるような気がしています。お互い頑張りましょう。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090619
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
●    受講者の意識をカリキュラムに集中させ、受講後の
    行動変容率・実践率を向上させるセミナーや研修を創る
      オープニング・エンディング構築手法セミナー
 2009年6月24日開催決定! 詳しくはこちら
    → http://sp.m-stn.com/seminar/semoe/?sid=3t
※ 高品質セミナー作成講座の受講生の方は、内容が重複しています
  ご注意ください。
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 2009年7月18日開催決定! 詳しくはこちら
    → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
    → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ネットサーファーなら、きっと知っている、
昔懐かしいおもしろ動画。
ペリーの開国要求
 → http://www.youtube.com/watch?v=r6A3YXFU84Q
良く聞いてたなぁ~。
さて、我が家の昨日のネコブログ。
うちの子達のやんちゃぶりをまとめて紹介。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090618.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup