仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 331 view

新説・口裂け女のその後

おはようございます。水野です。
今日は、ネットで見つけた、懐かしい都市伝説のその後の話を
ご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● あたし、きれい?
─────
ずいぶん前に都市伝説としてはやりました、口裂け女。
今ではすっかり噂も聞かなくなりましたが、口裂け女が
いなくなったのには、こんな理由があったのをご存じ
だったでしょうか。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
白い杖を持った男の子が、夕暮れの住宅街を歩いていました。
  「ねえ、君…」
  「?」
声をかけられて振り返った男の子の前には、
大きなマスクを付けた女の人が立っていました。
  「わたし、キレイ?」
男の子は困ったように笑って言いました。
  「わかんない」
  「じゃあ…」
女の人はニヤリと笑い、マスクを取りました。
その口は狼のように、耳元まで裂けていました。
  「これならどぉおォォ?」
  「ごめん、やっぱりわからないよ。僕、目が見えないんだ」
男の子はサングラスを取ってみせました。
その瞳は白く濁り、何も写していない事を示していました。
  「あ…」
女の人は途方に暮れたように立ち尽くし、目から涙がこぼれました。
  「ご…ごめんなさ…」
  「いいんだ。慣れてるから」
男の子はサングラスをかけなおし、杖を左右に振りながら、
ゆっくりと歩き差って行きました。
「ごめんなさい…ごめんなさい…」
女の人はその場に立ち尽くしたまま、ぼろぼろ涙をこぼしていました。
その日から、口裂け女の噂はぱったりと途絶えたそうです。
 
 


━━━━━
  ● あなたは、きれいだ
─────
口裂け女がいなくなったりゆうとして、もうひとつのお話があります。
こちらも是非読んでみてください。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
杖をついた男が赤いコートを着て白い大きなマスクを
口につけた女性に出会った。
女は男に近づくと一言、こう尋ねた。
  「私キレイ?」
少し考えた後、男は答えた。
  「ええ、キレイですよ」
するとその女性は突然マスクに手をかけ、それを剥ぎ取りながら
こう言った。
  「これでも・・・キレイかー!!」
何と、その女性の口は耳まで裂けていたのだ。
しかし、男は少しだけ困った顔をしながらこういった。
  「私は目が見えないんですよ、なので”これでも”と
   いうのが何のことかはわかりません」
少し思案した後、女は男の手を取ると頬の裂けている部分を
なぞらせた。
頬に触れた男の手が一瞬揺れ、自分の話している相手が口の裂けて
いる女だと気づいた。
そして女は、もう一度先ほどの質問を繰り返した。
  「これでも・・・口が裂けていてもキレイか!」
男の答えは変わらなかった。むしろ、よりはっきりと言い放った。
  「あなたは、キレイな人です」
そして、男は光を感じない目を女に向けるとこう続けた。
  「私が光を失ってからずいぶん経ちます。
   そして多くの人に会ってきました。
   今のように道で声をかけられたこともあります。
   多くの人は私が盲目だと知ると声をかけたことをあやまり、
   同情し、申し訳なさそうに去っていくのです。
   しかし、あなたは私の意見を聞こうとしてくれる。
   口のことも触れさせることで教えてくれた。
   私を特別視していないようですごく嬉しいことです。
   私は外見のことはわからないので、そういった基準でしか
   判断できませんがあなたは少なくとも、私にとっては
   キレイな人です。
   失礼でなければ、あなたともっと話をしてみたいです」
と、とても嬉しそうに話す男。
女はポカーンとした後、急にボンッ!と音が出そうな勢いで赤面し
   「あ、ありがとう、きょきょきょ今日は時間がないから、
    これ、こここれで失礼します」
とだけ言うと走っていってしまった。
それからしばらくして。
杖を持った男と大きなマスクをした女性が仲よさそうに
話しながら歩いているのがたびたび目撃されたという。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 自分が思うほど、あなたは不幸ではなく、見方を変えたらあなたはきれい
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
口裂け女の不幸は、
 「口まで裂けてしまった自分は、誰からも醜いと思われており、
  自分ほど不幸な人間はいない」
という思い込みにあるようですね。
最初の話に出てきた口裂け女は、盲目の少年と出会うことで、
自分ばかりが不幸であるということの間違いに気づいたようです。
次の話に出てきた口裂け女は、自分のルックスの醜さが、
世間を憎む動機となっていましたが、盲目の男性から
自分に向けて偏見を持たなかった姿勢を美しいといわれ、
もっと話をしたいという気持ちを聞き、他人に対しての
憎しみが薄れたようです。
もちろん、今回のお話は、全部作り話であり、口裂け女も
実在の人物ではありません。
しかし、世の中には、口裂け女のような気持ちになって
しまっている人が、たくさんいるように思います。
きっと、自分の思い込みに対して、世の中の人たちが
思い込んだとおりに反応してしまったがため、恨みを
持ってしまったのかもしれません。
でも、違った観点から自分を振り返ることが出来たら、
自分が世の中を恨むことも、自分が醜いと思うことも、
間違いだと気づくことが出来るかもしれませんよね。
また、口裂け女に出会った人も、彼女に対して、彼女が世間を
憎んだり、自分が醜いと思うことが間違っている、ということを、
うわべの理屈だけでなく、
 ★ 自身のあり方を通じて納得してもらえる
ような接し方をしたら、きっと彼女も心を入れ替えるかも
しれませんね。
どんな状況に置かれた人にも、幸せになることは出来ると思います。
その幸せに気づくことができる人になるよう、また、その幸せに
気づけていない人に、その幸せを気づかせてあげられるような人に
なりたいですね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090712
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 2009年7月18日開催決定! 詳しくはこちら
    → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
    → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、ドラゴンクエスト9の発売日でした。
うちの近所にあるゲームショップでも、通常は10時開店
なのに、今日は7時開店で販売していました。
興味があって立ち寄ったんですが、結構在庫もあったみたいで、
思わず買ってしまいました。
ゲームで遊んでいる時間なんて無いんですけどねぇ……
さて、昨日の我が家のネコブログ。
啓介のご飯のねだり方。私の場合は、台所に呼びつけられます(泣)
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090711.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事