仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 34 view

あなたは正しい遠慮が出来るか?

おはようございます。水野です。
本編の前にセミナーのお知らせを。
いよいよ明日いっぱいで、早期申し込み割引価格が
終了します
【オープニング・エンディング構築手法セミナー】
内容は、受講者の意識をカリキュラムに集中させ、受講後の
行動変容率・実践率を向上させるセミナーや研修を創るための
手法であります。
短時間でご自身のカリキュラムをブラッシュアップしたい、
という方は、是非いらしてくださいね。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semoe/?sid=3t
  ※ 早期申し込み特別価格は8月20日まで!
さて今日は、ある男性が遠慮をするシーンを、皆さんと一緒に
考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 先輩のおにぎり、あなたはどれを選ぶ?
─────
例によって、あちこちのサイトを回って見つけてきた
お話であります。
ちょっと面白いので、是非皆さんにもご紹介しつつ、
途中でクイズを出したいと思います。
まずは、以下の文章をお読み下さい。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
先週のお盆シーズンに先輩にあたる友人と三人で旅行したときの話。
旅の途中、観光名所である某お城に着き、小腹が減ったので
軽く飯でも食おうと、公園にあるような木のテーブルに座った。
各人出発時、駅のコンビニで飲み物、軽食を買っていたが
俺はおーいお茶の冷凍ボトルとウィダーインゼリーだけ買って
電車の中で10秒メシっちゃったから、そこで食うものがなかった。
そこで先輩の一人が気を利かせて
「A君、おにぎり三つあるから、どれか一つ食っていいよ!
 俺三つも食えへんし」
と言ってコンビニの袋をポンと置いて、
「ちょっと便所に行って来る」
と言ってトイレに行った。有難い。
中に入ってたのは
  プルコギ\180
  豚カルビ\145、
  銀しゃり\105
だった。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
さて、もしあなたがA君だったら、この3つのうち、
どのおにぎりを選びますか?
制限時間は3秒。
次のどれかをひとつだけ選んでurlをクリックしたあと
次のステップに進んで下さいね。
プルコギ\180を選んだ人
 → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090819p
豚カルビ\145を選んだ人
 → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090819k
銀しゃり\105を選んだ人
 → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090819g
 
 


━━━━━
  ● あなたは正しい遠慮が出来るか?
─────
さて、いかがでしたでしょうか。
私思うに、無意識のうちで、105円の銀しゃりを選んだ、
という人が結構いたんじゃないかと思います。
多分私も、無意識に選ぼうと思ったら、銀しゃりを
選んでしまうでしょうね。
なぜ銀しゃりを選んでしまうのか。その理由は、
 「3つのおにぎりの中で、一番安いから」
ということになるんじゃないかと思います。
しかし、一番安いものを選ぶということが、
果たして正しい遠慮なのでしょうか。
これが、レストランでごちそうになる、という状況なら、
確かに一番安いメニューを選ぶのは、正しい遠慮のひとつ
かもしれません。
しかし、今回は、すでに購入済みのおにぎりです。
しかも、本来ならば、このおにぎりは3つとも先輩が
食べるつもりで買ってきたおにぎりなんですよね。
だとすると、ここで先輩に遠慮して選ぶ理由が
【一番安いものを選ぶ】ということで、果たして
良いのでしょうか。
その答えは、この話の続きにありました。
早速見てみましょう。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
……中に入ってたのはプルコギ\180、豚カルビ\145、
銀しゃり\105だった。
俺は遠慮もあってか、一番安くて、具の入ってない
銀しゃりを頂いた。
すると先輩が戻ってきたときに、俺が食べてるのを見て
「えっ!」いうような表情でこちらを見てきた。
「A君! 銀シャリ食ってんの~(苦笑)。
 言うとけば良かったわ、銀シャリは取っておいてって」
俺は遠慮して、安く具なしだから、それを選んだ旨を伝えると
「銀シャリはなかなか普通の人は買わへん。質素で地味やからや。
 けど敢えてそれを買う人は銀シャリがめっちゃ好きやから買うねん。
 その遠慮が仇になったなあ(笑)、どや、銀シャリ意外とうまいやろ」
ああナルホド!俺の着眼点がズレてたんだなと、妙に納得した。
そして俺も銀シャリ好きになったとさ。
銀シャリ万歳!
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
いかがでしょうか。
たしかに、先輩の言い分はいわれてみればもっともな話。
銀しゃりを選んでしまった方は、私も含め、
大いに反省しましょうね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
       その遠慮は、相手に迷惑をかけていないか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
遠慮をする、という行為は、日常でもよく行われて
いることでしょう。
そして、この「遠慮」という行為は、他人に対しての
ひとつの気配りのように使われるケースも多いようです。
しかし、そういいながら、遠慮をする人の心の中を
よく見てみると、
 ■ 自分が遠慮をしているということを相手に示そうとする
という気持ちで占めている人、結構いるんじゃないでしょうか。
今回のおにぎりを選ぶのにも、無意識のうちに
 「私は、一番安いものを選びましたよ」
という、遠慮をしたという自己アピールが入っている、
という人も、結構いたと思うんですよ。
しかし、こういう遠慮って、される側にとっては、
結構イラッとしたり、ムッとすることもあるんですよね。
だから、大事なことは、遠慮することじゃないんですよね。
相手を気遣うことなんですよね。
 1.遠慮をする前に、まず相手に気を配る。
 2.その上で、遠慮が必要ならば遠慮する。
この順番を忘れなければ、おにぎりの取り間違いも無くなり、
きっと先輩も銀しゃりにありつけたのでしょう。
相手に遠慮する前に、相手に気を配る。
忘れないでおきたいですね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090819

  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
●    受講者の意識をカリキュラムに集中させ、受講後の
    行動変容率・実践率を向上させるセミナーや研修を創る
      オープニング・エンディング構築手法セミナー
 2009年8月26日開催決定! 詳しくはこちら
    → http://sp.m-stn.com/seminar/semoe/?sid=3t
※ 高品質セミナー作成講座の受講生の方は、内容が重複しています
  ご注意ください。
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
10月に出る本のゲラ修正が一旦終了しました。
5年ぶり2冊目の本なので、本当になれないことばかり。
頭の中は、原稿一色に染まってしまっているようです。
もう一度ゲラ校正がありますが、再来週には完全に
自分の手を離れます。
あと少し。もう少し。
山頂がほの見えてきた、そんな感じであります。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
あつみ♂、いうことを聞かず。まったくもう。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090818.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup