仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 10 view

体罰全否定のリスク

おはようございます。水野です。
本編の前に、9月開催セミナーのお知らせを。
明日の8日に、
  「人の心を動かすメールセミナー メルマガ事例編」
を開催いたします。
個人ブランディングをしていくにあたり、重要なスキルの
ひとつとなる、
  「人に喜ばれる情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
 ※ 本日いっぱいまで申込受け付けます。
さて今日は、反論必至だと思いますが、体罰について、
自分なりの考えをお話ししてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 体罰は本当にやってはいけないのか?
─────
体罰。
おそらく、この言葉に対しては、読者の方たちそれぞれに
色々な思いがあることと思います。
そして、社会的にも、この件に関しては、かなりナーバスな
反応が起きるようです。
学校では、とにかく、どんな理由があっても、体罰禁止
というのが、現在の風潮であるようです。
下手に手を挙げようものなら、父母から訴えられ、
教師生命は終わり、学校も訴えられるような
状況になってしまうのも、珍しい話ではないとか。
また、家庭においても、決して子供には手を挙げない、
という考えの親もいらっしゃるようです。
だから、一度も、誰にも叩かれたことのない
子供というのが、今の時代はたくさんいるようです。
ただ、私が思うに、そこまで、体罰を排除してしまっても
良いのだろうか、と思う部分があるんですよね。
 
 


━━━━━
  ● 体罰全否定のリスク
─────
人間には、痛みという感覚があります。
この痛みが無くなってしまうと、どういう事になるか、
というとその人は、長生きできなくなってしまうそうです。
なぜなら、痛みというのは、個体に対して、生命上の
危機に見舞われたことを伝える、重要な感覚な訳です。
だから、痛みがないと、危険なことを平気でしてしまい、
結果、命を落としてしまうことになってしまう、という
ことになる訳です。
だから、痛みというのは、
 ■ 命を守る事を学ぶ、重要な感覚
となるわけです。
私が思うに、体罰を全否定するということは、
命を守るために学ぶための重要な感覚である、この
「痛み」というものを、一切使わないでものを教える
ということになるのではないかと思うんですよね。
果たして、それで、本当に良いのか。
痛みを一切経験させないようにしながら、
教育をしてしまって良いのかどうか。
個人的には、とても疑問に思うのであります。
ある意味、過保護な育て方をした結果、
「こういう事をしたら痛い目に遭う」
という経験をさせぬまま、言葉の教育だけを
行うという事が、本当に、その子のためになるのか。
悪いことをしても、大人たちが体罰を避けるがために、
体で悪いことを学ぶことが出来ない。
言葉での指導で理解できていればいいけど、そうでない
ケースも多い中で、体罰絶対否定の社会の中で
大事なことを学び損ねている子供が、たくさん
いるのではないか。
そんな気がしてならないんですよね。
人間から痛みの感覚がなくならない以上、その感覚は、
生きることを学んでいく上において必要なものなのです。
その感覚を、学習の場で一切使わないというのは、
私は教育するにあたっての大切なものを無視している
ような気がしてならないのです。
あなたはどう思いますか?
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 体罰全否定は、人間の持つ重要な感覚を無視した指導なのではないか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
もちろん、体罰を容認することで起きる、たくさんの弊害も
理解できます。
大人の不用意な考えや感情が、体罰という形で出てしまうと、
子供たちを不用意に傷つけてしまう、ということは、間違いなく
あることでしょう。
しかし、世の中には、手を出さなくても、言葉や振る舞いで、
不用意に子供たちの心を傷つけてしまう教師や親もいます。
ということは、体罰を全否定するだけで、問題が解決する
訳ではないんですよね。
問題は、
 ■ 教える側の大人が、自分の感情に流されて子供に接する
ということなんですよね。
体罰が良いとか悪いとか言う問題ではないと思うんです。
そして、先ほども言ったように、痛みを感じるというのは、
生きていく事を学ぶにあたって、有効な学習プロセスな訳です。
であるなら、理屈も何もなく、「体罰はいけない」と
これを全否定している人というのは、
 ■ 体罰が悪である、という感情に流されて子供に接している
だけにすぎないのではないか、と私は思うんですよね。
もっとも、勘違いして欲しくないのですが、私は決して
暴力肯定論者ではありません。
暴力とは、人を傷つけることを目的とし、その力で自分の
思い通りに、他人を屈服させる行為です。
体罰は、やってしまったことに問題がある場合、そのことを
痛みを伴う形で指導することであり、人を傷つけたり支配
するものではありません。
体罰が受け入れられない、ひとつの理由として、体罰と言いながら
暴力をふるう教師や親がいることが問題なのだと思います。
体罰を肯定すると、そういった理不尽な暴力を肯定してしまう
事にもなりかねないということで、体罰否定を説く人の気持ちは
分かります。
もちろん私も、暴力は大反対です。そして、上に書いたような
体罰と暴力を勘違いしている人間がいることも理解しています。
だから、体罰を全て認めよう、と、のんきに主張するつもりも
ありません。
ただ、真剣に、かつまじめに教育に取り組んでいる人たちが、
教育において重要な指導方法である「体罰」を理不尽に
封印して欲しくない、ということは言いたいのです。
また、体罰があったといって、前後関係も確認せずに、
すぐにいけないことだと騒ぎ立てるような、考えの浅い
大人にはなって欲しくない、ということを言いたいのです。
全ての判断は、何をしたかという事で語るのではなく、
 ★ その行為が、子供たちの将来の為になっているかどうか
ということで、判断するべき事なんだと思うのです。
そういう意味で「体罰」というものに対して、感情的な
反応で是々非々の判断をするべきではない、と私は思うのです。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090907
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
              9月8日開催
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
   ※ 申込締め切りは本日7日いっぱい
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
      2009年10月2日金曜日に開催決定!
 ライブセミナーの詳細はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 
  
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日のメルマガは、結構時間がかかってしまいました。
余計な批判やクレームをうけたくないならば、
出来れば、避けたい話でもありますからね。
でも、一応社会人相手とはいえ、教育に携わっている
私ですから、一度はこの件に対して、考えを述べて
みたいと思って、思い切って書いてみました。
異論反論含め、皆さんのご意見を、是非聞かせてくださいね。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
啓介の背中、なかなか味があります。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090906.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ~公開セミナーのご案内~ リーダーは、人を育てる事に時間とエネルギーを奪われてはいけない

  2. 部下が発達障害ではないか? と疑いの気持ちが芽生えたときは

  3. 適切な答えを引き出す、簡単でシンプルな質問の方法

  4. 愛情を持って見守るということ

  5. それは愛情ではないし、それは非情でもない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930