仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 38 view

自己PRを上手くやる方法

おはようございます。水野です。
本編の前に、新しいセミナーのお知らせです。
講師、コーチ、コンサルタントの方で、セミナーを
軸においたビジネス展開を考えている方向けの、
マーケティングセミナーのご案内であります。
私自身、長年やりたいと思っていたセミナーですが、
なかなかこれは、という人に出会えずにいました。
しかし、ついに、
「この人のマーケティング手法なら皆さんに紹介できる」
という人と出会うことが出来ました。
セミナーの企画と集客に頭を悩ませている方は、
まずはこちらのサイトをご覧下さい。
http://sp.m-stn.com/seminar/kitano/pre/?sid=3t
※ 10月17日(土)の残席は、すでに満席となりました。
  28日水曜日のセミナーも、すでに半分以上埋まって
  います。参加希望の方はお急ぎ下さい。
さて今日は、自己PRが苦手だ、という人に向けて、
その具体的な解決策についてお伝えしましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 自己PRが出来ない理由
─────
自分のことをきちんとPR出来ることが、
今の時代求められてきているようです。
しかし、これが苦手だという人が結構いるんですよね。
多くの人が苦手だと思う、その原因ですが、ひとつには
 ■ 自分のことをPRするということが恥ずかしい
というものがあり、苦手意識を持っている人の中には、
これが理由で自己PRが出来ないと思い込んでいる
人も少なくないようです。
しかし、私が見る限り、自己PRがうまく行かない理由は、
たいていの場合、恥ずかしさによるものではないと思う
んですよね。
では、何が原因で、自己PRがうまく行かないかというと、
 ■ 自分の何をPRすればいいか、ということが分かっていない
ということの方が、ほとんどだと思うのです。
たいていの場合、間違ったところをPRしていたり、
PRポイントがあっていたとしても、それが適切に
表現できていなかったりするものです。
では、いったいどうしたら、適切な自己PRが出来るように
なるのでしょうか。
これを上手くやった就職活動注の学生さんの
お話を見つけましたので、そのお話をご紹介しましょう。
 
 


━━━━━
  ● 自己PRを上手くやる方法
─────
いつもニコニコしてて、ふわふわした印象の年下の彼女。
俺は就活真っ只中でなかなか相手に出来ないけど、
文句も言わずについて来てくれてた。
ある日、立て続けに試験に落ちてる俺が弱みを彼女に話した。
今まで彼女に弱いトコなんて見せられないって隠してたけど、
耐えられなくて、
 「文章力や表現力がないから自己PRや面接で100%の力を出せない」
って不安を口に出してしまった。
でもそしたら急に彼女が
 「いつも言ってる自己PR聞かせて?」
って言ってきた。
今まで俺が守らなきゃって思ってた弱そうな彼女が
真面目な顔をして。
次の日、俺の言った言葉をうまい言葉回しでアレンジし、
彼女目線が加わって完成した俺の自己PR文がメールで送られてきた。
 「あなたの魅力を1番知って評価してるのは彼女の私なんだから、
  あなたが自分の売り言葉に迷ったら、私にいくらでも聞いてよ。
  わたしは履歴書に書ききれないくらい、あなたのに力を
  感じてるんだから自信もって!」
という言葉付きで。
今まで俺が守らなきゃって思ってた分、こんな頼れる一面も
あるなんて見直したし尊敬した。
うん、文章力云々より要は自信が無くなってたんだ。
彼女が考えてくれた俺の自己PRを参考に、
もう一度自己PRを考え直した。
今はまだ何も返す余裕がない俺だけど、ちゃんと職について安定して、
彼女を支えてやれる男になろうと思った。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     自分のPRポイントは、身近な人に聞いてみよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
自己PRとはいったいなんでしょうか。
それは、
 ■ 他人に対して、その他人から評価出来ることを表現する
ことなんですよね。
しかし、自分だけで自己PRを作ろうとすると、ついつい
そのことを忘れてしまい、勝手に自分が思っている強みとか
ウリを見せてしまうケースが多いんですよね。
でも、たいていの場合、それは人にとって、たいして評価できる
様な話ではなかった、というケースがほとんどなんです。
つまり、私が言いたいことは、
 ■ あなたのPRポイントを知っているのは、あなたではない
ということなんです。
では誰かというと、今回の彼女のように、
 ★ 自分の身近にいてあなたを見ている人
なんですよね。
だから、きちんと人に響く自己PRを作りたいのならば、
そういう人から、自分と派いったいどんな人間か、ということを
聞きまくることが一番なのです。
実際、自分自身で、きちんと自分のPRポイントを押さえている人
というのは、たいていの場合、たくさんの人から、フィードバックを
常にもらっている人のようです。
ですから、あなた自身も、一番の身近な人に、自分のPR
ポイントをぜひ聞いて下さい。
なお、誰に話を聞けばいいのか、という人選についてですが、
特に一番あなたのPRポイントを知っている人は、
 ★ そんなことを聞くのが一番恥ずかしい、とあなたが思っている人
だったりしますので、ぜひ、勇気を振り絞って、その人に
自分の話を聞いてみて下さい。
きっと、自分でもびっくりするような話を聞かせてくれる
ことと思いますよ。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20091013
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
    ▽▲▽▲▽▲ 出版記念講演開催のご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」の出版を記念して、
朋友でもあり、「一流の部下力」を出版された、
上村光弼さんと一緒に、出版記念講演を行うことと
なりました。
200人規模の講演会となります。是非皆さんいらしてください!
詳しくはこちら
 → http://www.bestseminar.jp/event/w_publication.html
 ┌───
┌────
● 信頼をベースにしたマーケティング手法で、集客力を上げる!
       「セミナー集客&クライアント獲得」
            構築術セミナー
       10月17日満員御礼! 10月28日募集中!
詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/kitano/pre/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ここ連日外出が続きましたが、今日は、久しぶりにまったり
事務所で仕事をしていました。
フィットネスボールにも、久しぶりに座りましたが、
しばらく座っていなかったため、何度か転げ落ちそうに
なりました。
さて、今週は、たまったデスクワークを片付け、次の展開の
準備に専念します。
でも、まずは事務所の片付けですね。
雑誌や段ボールが、かなりたまってきたもんで……
さて、昨日の我が家のネコブログ。
リーガルの箱、今もなお啓介のお気に入りになってます。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20091012.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」がもうすぐ出ます。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事