仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 30 view

「やりたいことを我慢せず、やりたいことは今やろう!」とは?

「やりたいこと我慢せず、やりたいことは今やろう!」
という教えがありますが、今日はこことについて考えてみます。

例えば、今、あなたががマラソンしているとしましょう。

マラソンは、友達に誘われて、乗り気じゃないけど断れなくて仕方なく参加した、と言った類いではなく、具体的な目的や理由があり、是非ゴールするまで走りきりたい、と思って参加しているもとします。

で、いよいよ終盤に入って,あと数キロでゴール、というところまできたときに、

「ああ、喉渇いたなあ。こんな時、キンキンに冷えたビールグッと飲みたいなあ」

なんてことが頭よぎって、そこから、ビールが飲みたくて飲みたくて、たまらなくなってきた、としましょう。

そんなとき、あなたはビール飲むでしょうか?

「やりたいこと我慢せず、やりたいことは今やろう!」

いう言葉学んだから、そして、そ言葉は本当に正しいことだと思うから、だから、ゴール前に走るやめて、飲みたいと思ったビール、飲んでしまうでしょうか?

私は、まあ飲まないと思います。目前に迫っているゴールまではビール飲みたい、という気持我慢して、走りきるでしょうね。

そして、走りきったあとで、飲みたいビールたらふく飲むでしょう。

さて、これは

「やりたいこと我慢せず、やりたいことは今やろう!」

という教えに背いたことになるでしょうか?

もちろん、なりませんよね。

私にとって、本当にやりたかったことは、

「こマラソン、ゴールまで走りきること」

だったですから。

もちろん、こ、本当にやりたいことにだって、つらいことや苦しいことがたくさんあります。

マラソン最中だって、苦しさやしんどさで、途中で投げ出したくなることだってあるでしょう。

上に書いたように、走る止めて、ビール飲みたくなる気持ちに襲われることだって、もちろんあります。

でも、そういった、

■ 「つか欲望」というやりたいこと

と、自分が目指す状態や手に入れたいゴールに取り組むプロセスという

★ 「本当に自分が求めている」やりたいこと

と、どちら優先したいか、と問われたら、確実に後者になるでしょうから。

だから、つか欲望は優先せず、それは、本当にやりたいこと後で、ついでに満たせば良いことなんだと考えるでしょう。

「やりたいこと我慢せず、やりたいことは今やろう」

という考えは、

「そ時々欲望ままに生きていきましょう」

ということではなく、

「本当にやりたいこと見つけたら、そ時々に起きるネガティブな気持ちや迷いに振り回されずに取り組もう!」

という意味に捉えていきましょう。


今日まとめ

・そ時々些末な欲望に振り回されず、
本当にやりたいことに、撮りくみ続けていこう


 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup