仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 20 view

仕事の出来ない部下に、どれだけ時間とエネルギーを注げばいいのか?

なかなか育たない部下を持つリーダーの多くが、共通に持っている悩みは、

「仕事が出来ない部下にどこまで時間とエネルギーを割けばいいのか?」

というものではないでしょうか。

これに対しての答えは、ずばり、

★ 仕事の出来ない部下には、時間とエネルギーを一切注ぐな

であります。

なかなか過激な考えに聞こえるかもしれませんが、順を追って説明しますね。

まず、こういう気持ちになっているリーダーは、どういう心情かというと、

■ 育たない部下に時間とエネルギーを奪われている

と思っているわけですよね。

で、さらに言ってしまうならば、

■ そんな部下とは、出来ればあまり関わりたくない

くらいまで思っていたりするわけです。

そして、育たない人を育てるには、やはり、それなりの時間はかかりますし、ある程度愛情をかけてのサポートが必要にもなるわけです。

だからといって、そんな部下と関わりたくないと思っている人に、それをやりなさい、と言っても、なかなか受け入れられない。

仮に、それでも無理矢理やらせたとしても、おそらくうまくは行かないでしょう。

だったら、もう、そのリーダーに取って貴重な時間とエネルギーは、そんな部下には注がない方がいいんですよ。

そして、その育たない部下を、自チームから追い出し、自分の力で育てられる部下だけでチームを構成して、結果を出していけばいい
のです。

……というと、

「そんなことで来たら苦労はしない!」

と言い出す人も、出てくるでしょうね。

そう、このチーム運営は、非現実的な理想論であり、実際に、このようなチーム運営は、したくても出来ない、と言うのが現実です。

そしてリーダーは、与えられた人材と環境の中で、求められる結果を出していかなければいけないんですよね。

そんな役割が、リーダーであるあなたには求められているわけです。

だとしたらどうするか。

やはり、自分自身が、どんな人でも育てられるリーダーに育っていくという選択が、一番現実的であり、建設的なんですよね。

しかし、今のこの状態とはつまり、

■ 今のあなたは、人を育てるリーダーとしての能力に欠けている

ということも意味します。

まあ、ある意味無能状態であるとも言えるわけです。

そんな、人を育てる事に無能な人が、無能なままで、人を育てようとしてはいけません。

だから、今のあなたは、仕事が出来ない部下に対して、その部下を育てよう、という意志を持って時間とエネルギーを注ごうとしては、絶対にいけないのです。

そうではなく、

★ 仕事の出来ない部下との関わりを通じて、リーダーとしての自分自身の成長に、時間とエネルギーを注ぐ

と考えましょう。

つまり、時間とエネルギーを注ぐベクトルを180度変え、部下を育てるのではなく、自分が、部下を育てられるリーダーとなるように、自分自身を育てていくのです。

そうすれば、その時間とエネルギーは無駄にならず、100%凡て、あなたのためのものとなり、有効に活用されることでしょう。

世の中には、色々なタイプの人間がいて、育て方も十人十色。

だからこそ、育成についての考え方も手法もたくさん身に付けておけば、どんな人が自分のチームに来ても、育てられ、成果を出して行くことが出来ます。

そんなリーダーになるために、誰かがこの、仕事が出来ない部下を自分に送り込んだ。

そんな、自分にとって、ありがたい存在であり、愛すべき存在なのだ。

そう考えて、その部下が育つような関わり方が出来るリーダーに、自分がなろうと思って時間とエネルギーを自分自身に注ぎ込む。

こう考えはじめると、色々な変化が生まれます。

まず、部下が育たないことが、部下のせいだとは思わなくなります。

部下が育たない関わり方を、こちらがやっているんだ、という考え方になるんですよね。

だから、部下に対しての責め心や苛立ちが、基本的には無くなってきます。

仮にイライラしても(まあ、最初のうちは、もの凄く頻繁にイライラしますが笑)、上記の考えを、順を追って思いだしたら、イライラも落ち着いて、仕切り直せます。

で、部下に対しての責め心が無くなると、コミュニケーションも、今までより良好になっていきます。

良好になれば、こちらの伝えたいことや、部下の考えや思いも、今まで以上に理解出来るようになります。

そうなれば、その部下に対して、どのようにアプローチすればいいかも、今まで以上に見えてくることでしょう。

そうやって、部下の変化・成長を確認しながら、これではうまく行かない、こうすればうまく行く、という試行錯誤を、自分自身の成長のために繰り返して行く。

そうすれば、あなたの成長と共に、部下も成長して行き、結果として、素晴らしいリーダーと、素晴らしいチームが育って行くこととなります。

ということで、もしあなたが、仕事が出来ない部下を抱え、育てられずに悩んでいるならば、是非、この考え方で、部下育成ではなく、自分育成に取り組んでみて下さいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup