仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 18 view

お願い事する時には、真っ直ぐにお願いする

今回は、ネットで見つけたお話を
ご紹介したいと思います。

こちらをご覧下さい。

■□■□■□■□■□■□■□

821 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:平成31年 04/19(金)11:26:43
ID:M0R

結婚して半年足らずの頃、通勤の
満員電車に乗っていて、結婚指輪が
食い込んだ箇所が痒くなった。

ミチミチに詰まっていたので身動き
できず、手を体に擦りつけて指輪を
指からずらしたら、そのまま指輪が
すっぽ抜けて落ちてしまった。

誰かに踏まれたら終わりだ!
なくしたら嫁に怒られる!

と青くなり咄嗟に

「すみません!落し物しました、
すみません!」

と叫んだ。

当然ながら周囲は反応なし。
しかし

「結婚指輪を落としました!新婚です!
拾わせて下さい!」

と叫んだら、ズズズ………と周囲が
動いて、自分のまわりがポッカリ空いた。

幸い指輪は真下に落ちていて拾えた。

「ありがとうございます!」

と言うとまた人がズズズ………と動いて
元のミチミチ満員に戻った。

皆が優しいことと、詰めればまだ
スペースがあったことに驚いた。

■□■□■□■□■□■□■□

いかがでしょうか。

満員電車の謎のスペース問題は、
まあ脇に置いて(笑)。

この話で、とても勉強になるのは、
タイトルにも書いたとおり、

★ お願い事をするときには、
真っ直ぐにお願いする

ことの大切さです。

お願いする内容のレベルにも依るところも
あるでしょうが、基本的に、お願いをする
ときには、編に気を遣ったり、申し訳なさ
そうにしたり、迷惑を書けまいとするよりも
どストレートに、直球でお願いする方が、
大切なんですよね。

上の話でも、

> 「すみません! 落し物しました、
>  すみません!」

という言葉では、誰も動きませんでしたが、
これは別に、周りの人が意地悪だから、
ということでは無いわけですよね。

おそらく、彼の周りの人たちも、この
言葉だけでは、どうしたらいいか解らな
かったんだろうと思うんですよ。

変にへりくだって謝ってるけれど、
何か落としたようだけれど、何を
すれば良いのか解らない……

いやいや、落とした、と言ってるんだから、
何か拾いたがっている、ってことは解る
だろう。

そう思う人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、人というのは、想像以上に、
他人の言葉を積極的に解釈しようとは
しないんですよね。

だから、お願い事をするときには、
真っ直ぐに伝える必要があるのです。

真っ直ぐに伝える、と言うのは、

★ やって欲しいことを、分かりやすい
理由と共に、端的に伝える

ということです。

上記の彼も、

> 「結婚指輪を落としました!新婚です!
>  拾わせて下さい!」

と、理由と共にやって欲しいことを
端的に言うことで、周りも、事情と、
自分がやるべきことがわかって、
スペースを空けてくれたわけです。

道々の満員電車の中で、1人の男性が
しゃがみ込むほどのスペースを空ける
ことは、並大抵のことでは無かったはず。

それでも、乗客のみんなが、彼の真っ直ぐな
お願いで、一斉に動いたわけです。

お願いって、しても良いんですよね。

不遜な態度や横柄な態度はまずいですが、
変にへりくだったり、卑屈になって、
要らぬ言葉を重ねたり、あやふやに
ものを言いながら、相手の気遣いに
期待したりなどということをするのは、
される側も気分良くないし、迷惑な
行為なんですよね。

だから、お願い事があるときには、
真っ直ぐ、して欲しいことを、理由と
共に相手に伝えること。

是非それを、心掛けていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

popup