仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 32 view

傾聴しても上手く行かない、という人へ

今回のブログは、「傾聴」についてであります。

傾聴、という言葉は、コーチングが広く
知られるようになってから、非常によく
聞かれるようになりました。

そして、リーダー層の研修などでも、
傾聴は大切、なんて話も、よく出て
来ます。

ただ、この傾聴、やってみたものの、
上手く行かない、と感じている人は、
結構多いようです。

私も、研修などで、傾聴しても上手く
コミュニケーションが取れない、という
相談を受けることがよくあります。

で、そういうときに、私は、

「どうやって傾聴していますか?」

と聞くのですが、それに対して返ってくる
答えは、ほぼ100%

「自分の言いたいことを我慢して
最後まで相手の話を聞いています」

というものなんですよね。

この回答を聞けば、傾聴できていない
ということが一発で解ります。

なぜ解るか、というと、

「自分の言いたいことを我慢して」

いるからです。

これじゃあ、傾聴ではなく、

■ 相手に、言いたいことを最後まで
言わせているだけ

なんですよね。

では、そもそも傾聴の目的は何か。

それは、相手の話を最後まで聞く
ということでは無く、

★ 相手のことを深く理解する

ことなんですよね。

だから、相手の話を聞いていて、

「そうじゃないんだよなぁ」
「それは違うと思うんだよなぁ」
「それじゃダメなんだよなぁ」

ということを言いたくなったとしたら、
その段階で、もう、相手を理解しようと
いう状態ではなく、相手を、

■ 自分の価値観でジャッジしている

状態になっていることになります。

だから、いくら話を最後まで聞いても、
傾聴していることにはならないんですよね。

だから、言いたいことが出て来るような
状態になったら、

「あ、今、自分は傾聴できてないな」

ということに気付きましょう。

傾聴できていないことに気付かなければ、
いつまで経っても傾聴できるようにはなり
ません。

でも、傾聴できていない自分に気付けば、
仕切り直して傾聴することも出来るように
なります。

とはいえ、傾聴できていないと気付いても
そのあとどうしたらいいかが解らないと、
傾聴できませんよね。

と言うことで、次回のブログでは、
傾聴できていない状態の自分を、
どういう風にしたら、傾聴する
状態に出来るかについて、お話
しましょう。

次回のブログはこちらです。

この考え方を持てば、傾聴できるようになる

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ひとり歩きのススメ

  2. 誕生日を迎えた日に、もし、こんなタイムマシンがあったら、と想像する

  3. 学んだ人ほどよく落ちる、醜い落とし穴とは?

  4. 師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

  5. 揺らがぬ自信を身に付ける方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031