仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 16 view

なぜ無理強いしても人は変わらないか

おはようございます。
水野です。
さて今日は、自分が思ったとおりに人が変わらないと
悩んでいる人に対して、ヒントとなる話をご紹介
したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 元不登校児の家庭教師
─────
某掲示板で見つけた、ちょっといい話であります。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
学生時代に親の知人に頼まれて家庭教師のバイトしてた。
そこの子は高校生だったが、イジメとかではないけど
友達がおらず、馴染めなくて不登校になっていた。
せめて勉強だけでも遅れないように……という事だったが、
実は私も高校時代に同じ理由で不登校だった。
(だから親の知人も私を指名したのかも)
最初は勉強だけしてたけど、そのうち雑談が増えて、
好きな芸能人やらマンガの話ばっかりしてた。
親の知人からは
「学校行くように説得して!」
と頼まれてたが、言うとストレスになるかと思って
何も言わず、とりあえず最低限勉強は遅れないように、
でもストレスにならないように接してた。
ある日、彼女が急に登校するようになった。
どんな心境の変化なのか聞いたら、
「親や先生は学校に行けとか来いばっかり言ってた。
 でも、お姉ちゃん(私の事)は何も言わないから話すの楽だったし、
 学校に友達はいないけど、家帰ればお姉ちゃんいるから……
 と思って頑張って行ってみた」
なんて言ってくれた。
私も実の妹みたいに可愛がってたから凄い嬉しくて、泣いた。
彼女は出席日数的に留年確実かと思われたが、頭は悪くない、
むしろ良い方で、長期休暇中の補習を受ける事で進級が認められ、
今高三で受験真っ最中。
私は就職で地元を離れ、もう家庭教師はやってないんだが、
私と同じ大学を志望してて、模試の合否判定も悪くない事を
メールで聞いてまた泣いてしまった。
自分はといえば職場でも、仕事はともかく
相変わらず人間関係で悩んでる。
でも、彼女が受験終わったら会う約束をしてるから、
その時には胸張って会う為に頑張ってる。 
 
 


━━━━━
  ● なぜ無理強いしても人は変わらないか
─────
おそらくは、誰でも「北風と太陽」と言うお話はご存じでしょう。
北風のようなアプローチでは駄目で、太陽のようなアプローチで
ないと、旅人はコートを脱がないと言うことを知らない人は、
いないはずです。
おそらく、これだけ長い時間語り継がれているお話ですから、
この話に対して理解を示している人が多いという事なんでしょう。
ところが、現実世界に目を向けると、この話をきちんと理解
しているのかと思うくらい、北風のようなアプローチを
する人が多いですよね。
そんな人たちに、北風と太陽のエピソードを話聞かせると
どういうリアクションを取るかというと、
「ああ、そうでしたね。いけないいけない」
と反省する人は、案外少ないようです。
たいていは、
「そんなこと言ってたら、いつまで経っても変わらないですよ」
といい、自分の考え方を変えようとはしません。
そういう人を傍目から見ていると、
 ■ 急いで結果を出そうと焦っている
様に見えるんですよね。
でも、冷静に考えてみると、焦っている人は、たいてい望み通りの
結果など出せないわけです。
特に、人に対して、何らかの影響を与えようとする場合、
焦っている人のいう事など、誰が聞こうとするでしょうか。
太陽のように、その人が自発的に変わっていこうと思うように
なるには、時間が必要になります。
人を変えたい、という人は、
 ★ その人が自発的に気持ちが変わるまで待つ覚悟
を、まず持つべきなのでしょうね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     人を変えたければ、時間をかける覚悟をまず持とう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今回引用したお話は、もうひとつ見どころがあります。
それは、このお話の最後にあります。
  自分はといえば職場でも、仕事はともかく
  相変わらず人間関係で悩んでる。
  でも、彼女が受験終わったら会う約束をしてるから、
  その時には胸張って会う為に頑張ってる。 
相手を変えられる人というのは、自分の行動がきちんと
その人の範となっているのか、ということに、考えが
及ぶものです。
自分がやってもいないことを、相手にやれやれと言ってたら、
いくら相手が変わる時間をかける覚悟をしていても、いつまで
経っても変わらないでしょう。
でも、勘違いしないで欲しいんですが、
「俺もやっているんだから、お前もやれよ」
と言ったり、そんな気配を見せてはいけませんよ。
それはもう、完全なる北風モードですからね。
相手を変えたい人が、出来ることは、
 ★ 自分が楽しげにそれをしている姿を見せる
こと。
その姿を見せて、
「自分もああなりたい」
と、相手に思ってもらうことが、一番言い影響の与え方だと、
私は思うんですよね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100107
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。 
  
 
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 
 ※ 価格ラインナップを増やし、お求めやすくなりました!
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ジェームス・キャメロン監督の12年ぶりの新作、「アバター」を
見てきました。
いやあ、すごい映画でしたね。
圧倒的なリアルさと迫力で、3時間近い映画を、最後まで一気に
見せてくれました。
最初は、どうやって作ったんだろう、と思っていましたが、
最後はもう、その世界に引きずり込まれてしまい、技術的な
興味は吹き飛んで、純粋に物語を堪能していました。
ストーリー自体は、ありがちなものですが、リアルな世界観と
登場人物のキャラクターで、陳腐なストーリーが、ここまで
壮大なドラマになるんですね。
これは、絶対に映画館で見たほうが良いですよ。
それも、3Dで見るべきでしょう。
お勧めです!
さて、昨日の我が家のネコブログ。
パンツ姿を後悔されてしまいました……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100106.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ひとり歩きのススメ

  2. 誕生日を迎えた日に、もし、こんなタイムマシンがあったら、と想像する

  3. 学んだ人ほどよく落ちる、醜い落とし穴とは?

  4. 師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

  5. 揺らがぬ自信を身に付ける方法

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031