仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 38 view

ねづっちから学ぶ、アドリブトークの手法

おはようございます。
水野です。
さて今日は、最近テレビで目にするようになってきた、
ある芸人さんのすご技について、分析してみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 謎かけ量産芸人・ねづっち
─────
最近、ちょいちょいテレビで見るようになってきて、
私が関心を寄せている芸人さんに、Wコロンのねづっちさん
という人がいます。
今一番視聴率を取っている「爆笑!レッドカーペット」や、
人気の深夜番組「アメトーーク!」などにも出てくるように
なりました。
この人のウリは、その場でお題を頂き、即興で謎かけをする、
というもの。
その場で誰かが
「○○と掛けまして」
と振ると、ほんの数秒で
「整いました」
といい、すぐに
「○○と掛けまして□□と解く、その心は~」
というわけです。
まあ、オチを言っても、笑えるリアクションではなく、
「おー」
と感心されてしまうという、実に微妙なおもしろさでは
あるのですが。
しかしながら、お題を出されてから、整うまでの時間の短さは、
目を見張るものがあります。
でも、彼はなぜ、これほどの短期間で、即興の謎かけが
出来るのでしょうか。
その秘密とは……
 
 


━━━━━
  ● ねづっちから学ぶ、アドリブトークの手法
─────
以下は、ねづっちさん本人に聞いたわけでもなく
私の勝手な憶測でありますが……
笑いの素人が、謎かけを考える場合、おそらく多くの人は
 ■ お題をもらったあとに、なんと解くか
という事を、真っ先に考えてしまうのではないでしょうか。
しかし、ねづっちさん始め、笑いのプロが謎かけをやっている
ところを観察していると、どうも
 ★ オチである「その心は~」から考えている
様に見えるんですね。
つまり、振られたお題に対して、オチをまず決めて
しまうわけです。
その上で、そのオチにつながる様なものを「□□と解く」
に持って来て、謎かけを素早く完成させてしまうわけです。
要訳すると、「Aと掛けてBと解く、その心はC」という
謎かけを考えるとき、
 1.AにつながるCのオチをまず決める
 2.Cと関連のあるBを決める
という考え方で、謎かけをやっている、というわけです。
普通の人の考え方である
 「Aを振られたら、まずBを考え、オチのCをさらに考える」
という思考プロセスと比べて、格段に素早く、謎かけを完成
させることが出来るわけです。
しかし、ねづっちさんの謎かけを解くスピードには、
さらに秘密があります。
それは何かというと、
 ★ BとCの組み合わせストックを、膨大に持っている
ということ。
彼の謎かけを見ていると、その場で考えている様に見えますが、
実はそうではなく、
 ★ お題で振られたAのオチに使えるBとCの組み合わせを、
   自らのストックから探し出している
という事をやっているように、私には思えるのです。
だから、あれだけ短時間で、振られたお題に対しての
謎かけができあがる、というわけなんですよね。
おもしろさは微妙のねづっちさんではありますが、
彼の謎かけを観察すると、アドリブトークとは、
どういう仕組みになっているのか、その一端が
垣間見えるような気がして、とても勉強になりますね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
アドリブトークは、会話の組み立てパターンと、情報のストック量が勝負
  
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
こういったアドリブトークを見て感心する人の中には、
「あれはきっと、発想力が豊かな人なのだ」
と思っていて、とても自分にはまねできないと思ってしまう
人も多いんじゃないかと思います。
でも、実は、アドリブトークとは、上にも書いたとおり、
パターンとストック量で生まれるものであり、決して
発想力でやっているわけではないんですよね。
私自身も、人前で話をする仕事に就いている関係で、
アドリブで話すことも多々あります。
でも、そのときに、発想力に頼ってしゃべることは
まずありません。
頭の中では、いくつかの会話の組み立てパターンを使いながら、
目の前で起きている出来事に対して、自分の中にある情報を
選んでつなぎ合わせて使っている、という感じです。
ですから、程度の差は多少でるかもしれませんが、
ある程度のアドリブトーク力というものは、パターンの
習得と、情報のストックを持ち、それらを使いこなす
訓練をすれば、誰でも身に付けられるものなんですよね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100114
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。 
 
 
━━━━━
  ● 書籍のご紹介
─────
上の方で、
「アドリブトーク力は、準備と訓練で身に付けられる」
といっておきながら、その具体的な方法をお話ししないで
なんて不親切だと思ったかもしれません。
が、その方法については、とても短いメルマガの中では
書ききれるものではありません。
ということで、あなたの話す力を大きく伸ばすのに
お役に立つ本をご紹介しましょう。
その本は、友人でもあるアナウンサーの菅原美千子さんが、
最近上梓された
 【「共感」で人を動かす】
という本です。
話し方のプロである菅原さんが、いかにして、人の心を動かす
話し方を身に付けるかということを書いた、かなりの力作です。
特に、私が面白いと思ったのは、今回のテーマでもある、
アドリブトークの力を、どうやって身に付けるか、という
事について書かれている章。
菅原さんは、アナウンサーとして、生放送の取材現場でも、
よどみなく状況を伝えなければいけないという、ある意味
究極のアドリブトークをやっていたわけですね。
そんな彼女が説く、アドリブトークの極意は、
非常に参考になると思います。
(ちなみに、菅原さんは私がここで言うアドリブトークを
【会話反射神経】と称しています)
もちろん、それだけでなく、人を動かす話し方の極意を
トータルに指導してくれる、とても良い本に仕上がっています。
なお、本日14日中にアマゾンで購入されると、8つの特典が
つくキャンペーンを行っています。
その中のひとつに、私と菅原さんとの対談音声ファイルも
ありますので、この機会にご購入して頂き、ぜひその対談も
聞いてやって下さいね。
キャンペーンの詳細とお申し込みは、こちらをご覧下さい。
 → http://presence-design.net/category/1363129.html
 
 
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 
 ※ 価格ラインナップを増やし、お求めやすくなりました!
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は八王子地方は風が強かったですね。
私の自転車は結構軽いので、今日は何度も突風によって
倒されまくっていました。
事務所で仕事をしている最中に、
「ガシャーン!」
という音が聞こえてきては、寒い中出ていって、
自転車を立て直す、という事を、もう何度もやってました。
もう、サドルは曲がるは、ライトやベルが取れてしまうはで、
自転車ぼろぼろ。
こんな事になるなら、事務所の中に自転車を入れてやればよかった、
と、この編集後記を書いている、今気づきました……遅い!!
さて、昨日の我が家のネコブログ。
そんな二人がいる場所は、私の書斎の椅子の上。座れません……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100113.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup