仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

完璧という勘違い

おはようございます。水野です。
さて今日は、ちょっと前に流れたニュースを見ていて思ったことを
お話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 愛子様、学校に行けなくなる
─────
今月の始めの頃になりますが、皇太子ご夫妻の長女、愛子様が
学校を休まれるという話が、頻繁にニュースで取り上げられて
いましたよね。
何でも、愛子様が通われている学習院初等科で、
学級崩壊が起きたそうで、クラスの男子児童が
暴れたことにストレスを感じ、体調を崩されたのだとか。
このニュースは、しばらく取り上げられていましたが、
私が興味深かったのは、ちょっと別なところにありました。
と言うのも、この出来事が起きたことに対して、多くの人々が、
「あの学習院で?!」
というリアクションを取ったという事。
その中でも、特に衝撃的だったのは、ある主婦が
「学習院といったら、完璧な人たちが通う学校でしょ?」
というコメントを発し、その言葉に対して、周りの人が
違和感なく受け止めていた映像でした。
 
 


━━━━━
  ● 完璧という勘違い
─────
「世の中には、完璧な人などいません」
と言えば、きっと多くの人は納得するんじゃないかと思います。
しかしながら、偉い人や立場が上の人を見てしまうと、
人は無意識のうちに、その人達に対して、完璧さを
求めてしまうようなんですよね。
そして、そういう人間が徐々に立場があがってくると、
 ■ 自分も完璧にならねばいけない
という気持ちに、無意識のうちになってしまう人も
少なくないようです。
しかし、完璧を目指している人たちの中には、完璧になるための
向上の努力をするということではなく、
 ■ 完璧な人間は、みっともないところは見せられない
という考え方に陥ってしまう人が意外に多いようです。
そういう考えにとらわれてしまうと、大きく2つの弊害が現れます。
ひとつは、人に相談しなくなること。
完璧な人間を演じるために、気軽に人に相談しなく
なってしまい、結果として、問題をこじらせてしまう
というケース、よくあるんですよね。
そして、もう一つの弊害は、間違いを隠蔽すること。
問題が起きても、それを他人に見せないようにし、そして、
さらに問題がこじれていく。
こういう悪循環が続いている状態が、「完璧」に見える人や
組織の中で、静かに進行しているケースも、非常に多いと
思います。
そういう意味では、今回学習院初等科の問題が公になったことは、
学校にとっても、長い目で見て良かったのではないかと思います。
あくまでも完璧は目指す指標のひとつでしかないわけで、
間違っても、完璧な人であらねばいけないという思いを強く
持ちすぎて、間違ったベクトルに努力を向けないで下さいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  完璧な人に見せようとするあまり、相談を怠ったり、失敗を隠すな
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
そもそも、完璧であることって、誰から求められているんでしょう。
冷静に考えてみると、人として完璧であること、というのは
誰からも求められていないわけです。
本来求められているのは、
 ■ ビジネスの結果として、相手の希望を満たすという意味での完璧さ
なのではないでしょうか。
そしてそれは、自分の能力や周りの支援を最大限に投下し、出来る限りの
手を使って達成するものですよね。
そのときに、自らの完璧さに気持が向いてしまって、必要な
ことを相談できなかったり、問題が起きてもひた隠しにする
努力にエネルギーを割いていたら、果たして、相手の希望を
完璧に満たす成果を出せるでしょうか。
このように、そもそも、完璧に向かうベクトルが、最初から
間違っている、という人も、少なからずいるようです。
完璧は、人につくものではなく、結果につくもの。
だから、完璧を目指すということは、
 ★ 完璧ではない人たちが、出来うる限り精一杯努力しながら
   完璧な結果に近づいていくこと
なんだと思うんですよね。
その姿は、完璧であろうと振る舞う人たちなんかよりも、
よっぽど素晴らしく、価値があると、私は思うんですよね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100323
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
     ※ 次回は5月22日開催です!
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
アメリカ空軍のサイトがかっこいいと評判
 → http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1268998956/
それに対して、国内でも負けじと格好良いサイトが
 → http://www.ajinomoto.co.jp/aji/egg/generator/
確かにかっこいい(笑)
さて、昨日の我が家のネコブログ。
やらせの臭いが漂いますが、本当にこういう格好だったそうです。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100322.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup