仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

「自律型人材」など育てる必要ない

おはようございます。水野です。
さて今日は、ネットで見つけた書き込みを見て、
頭を抱えてしまったことについてお話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 日本のゲーマーは、とてつもなく凄い
─────
ネットの某掲示板で見つけた、こんな書き込み。
まずはお読みください。
 ●MMO、いわゆるネットでみんなと一緒にに遊ぶオンラインゲーム。
  ここでの日本人の扱いってのが面白い
  個々だとまぁごく普通のプレイヤーが大多数なんだが…
  集団になると激変。
  それぞれ職業の違うプレイヤーが複数集まってるんだが、
  日本人だけが
  「誰を連れてきても最低水準はクリア」
  「状況に応じて、誰も命令しないのに互いに無言で意思疎通し、
   最適の行動をとる」
  という恐ろしいことをする
  とあるMMOじゃ、日本人サーバだけ敵の強さが3割り増しの
  設定なんだとか。
  じゃないとまるで一個の固体みたいな連携プレーで、
  サーバ全体がクリア可能になってしまうんだと。
 ●FF11では、良く見られる光景(笑)。
  外人は、クレージーと言う。
 ●俺も某FF11してるけど、確かにそう感じる。
  ただ日本人でも初心者だったりヘタなのはいる。
  こういうときどうするのかというと、身内で技術的な
  こと教えたり、一緒に戦って上達を促したりするんだよね。
  なもんでほとんどの人は標準以上にはなる。
  外人って、こういうことしないもんなのかな。
 ●しないねぇ。
  最近、日本人式を見習おうとする外人は増えてきた(笑)。
  戦い方を教えてくれって。
 ●NAは見たこと無い。
  EU系は少しあるっぽい。
  でもJPが一番育てるな。
  なんでちょっとでも日本語できる外人は、
  JPの中へ入りたがるという・・・
  それどころか日本語出来なくても、
  「hey, im so lucky! i join up JP party today lol」
  とか言ってる。
……という事で、オンラインゲームの世界では、
日本人は実に優秀と言うことでありますが、
正直、この件に関して、嘆かわしいと思われる方も、
少なくないのではないでしょうか。
しかし、この話を聞いて、私は、自分の仕事に対して、
根本的が疑問が湧いてきたのでありました……
 
 


━━━━━
  ● 「自律型人材」など育てる必要ない
─────
現在、企業では、若手社員に対しての、
 ■ 自律・協調型人材の育成
という事が、大きなテーマになってきているようです。
かくいう私も、セルフリーダーシップというテーマで、
企業研修に取り組んでいます。
しかしながら、こういうことを声高に言っているということは
 ■ 自律・協調型人材が企業にいないという悩み
を、企業のトップが持っている、という事を表しています。
しかし、オンラインゲームの世界に足を踏み入れてみると、
 ■ 他国が恐れ入るほどの自立性と協調性
を発揮しているんです。
これはつまり、どういう事かというと、
 ■ 彼らは既に自律・協調する能力を持っている
という事に他なりません。
そう、社会性がないと言われている、オタクたちでも、
バーチャルの世界では、立派に自律・協調能力を
発揮して、他国を圧倒する成果をたたき出しているのです。
誰にもそういうことを教わっていないのに。
そういう人たちに対して、私の様な研修講師が、
 「自律とは何か・協調とは何か」
という事を、教えているんですよね。
なんかこれ、非常におかしいと思いませんか?
既に彼らは、自律・協調が出来る人物であります。
それが、企業の中に入ると、自律・協調ができなく
なってしまう。
これはつまり、彼らに問題があるのではなく、
企業側に問題があるとも言えるのではないか。
もし、あなたが企業や部門のトップであり、
自律・協調型人材がいないと嘆いているとしたら、
一度、彼らではなく、自分の側に問題があるのでは
無いか、と疑ってみてはいかがでしょうか。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 自律・協調型人材がいないのは、社員のせいではなく企業側の問題かも?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
では、バーチャルの世界と、リアル世界の企業とでは、
一体、なにが違うのでしょうか?
バーチャルの世界では、次のようなものが揃っています。
1.世界観がある
今自分たちが住む世界とは、どういった世界なのか、
その世界観というものを実感出来るようになっています。
2.ストーリーがある
世界観と合わせて、その世界で流れているストーリーが
あり、参加者はそれを理解しています。
3.目的が明確であり、その目的をクリアしたくなっている
世界観とストーリーにあった形で、その時々に目的があり、
そしてその目的が、参加者にとってクリアしたくなるような
形で与えられている。
まだまだありますが、大きく言って、この3つが、
バーチャルの世界にはあります。
しかし、リアル世界の企業には、この3つがきちんと
揃っているかというと、怪しくなってしまいます。
特に、世界観とストーリーについては、まだきちんと
社員に伝えている会社はほとんどいない状態でしょう。
逆に、これがきちんと出来ている企業は、今グングンと
業績を伸ばしています。
要するに、自律・協調型人材を作りたいのならば、
 ★ 企業が、世界観・ストーリー・ワクワクする目的を提供する
事の方が重要であり、それさえ出来れば、極端に言ってしまえば、
人は勝手に育っていくんじゃないかと思うんですよね。
だから、今企業に対して必要な研修とは、若手社員に対してではなく、
トップや管理職に対しての、
「仕事の世界観・ストーリー・目的の作り方」
なのではないか、と思って、今カリキュラム作りに着手しています。
できあがり次第、公開しますね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100330
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
  ※ お詫び サイトの開催日が、5月27日と表記されて
        いましたが、正しくは、5月22日であります。
        大変失礼いたしました。
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、昨年末に亡くなった、父の遺骨を納めに、
身延山の久遠寺に行ってきました。
ここはしだれ桜が有名とのことで、さくらの季節のせいか、
平日だというのに、かなりの人で賑わっていました。
ところで、この久遠寺、境内に行くまでに、菩提梯という
ものすごい急勾配の階段を上るんですよ。
この階段がハンパじゃない。
一応、写真を撮ってみたんで見てやってください。
下から撮った写真
http://img34.yfrog.com/img34/7591/r8mc.jpg
上から撮った写真
http://img651.yfrog.com/img651/1372/gxqt.jpg
この階段、多くの方がチャレンジしていましたが、
一気に上まで登れる人はほとんどいなくて、所々に
ある、わずかな平地まで来ると、みんな口を揃えて
登坂にチャレンジしたことを後悔する言葉を
つぶやいていました。
私も、ダイエット中のため、是非ここはチャレンジしようと
取り組んでみましたが、やっぱりきつかった。
でも、なんとか上まで登り、達成感を味わいました。
これで痩せられる!
しかし、本日朝体重計に乗ったら、400g増えてました。
なんでやねん!
さて、昨日の我が家のネコブログ。
あつみ♂のかわいさに100%寄りかかってます。ずるい。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100329.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
★☆ ツイッター、改めて始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup