仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 11 view

日常の些細な業務にやる気を持たせる方法

おはようございます。水野です。
さて今日は、先日発行したメルマガに寄せられたご意見について
考えていきたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 伝票入力アップで世界が救えるか?
─────
先日のメルマガで、自律型人材を育成するのではなく、
世界観やストーリーを示して行くことが重要なのでは?
と言う趣旨のメルマガを書きました。
「自律型人材」など育てる必要ない
 → http://bit.ly/info/agOEow
このメルマガは、ずいぶんと反響がありまして、
たくさんの方からご意見を頂きました。
その中のお一人に、いつもメッセージを寄せて下さるSさんから、
興味深いご意見を頂きました。
ご紹介いたしましょう。
  たしかに企業側(or上司)が見直すべき点はあると思います。
  ただ、仕事はゲームとは違って現実世界の話なので(逆に言うと、
  現実から離れるためにゲームはある)、ワクワクする世界観や
  ストーリー設定などは難しいですよね。
  目的を明確にすることはできても、
   「君が一日の伝票入力を3割アップすれば世界は救われる!」
  とか、
   「今日、この書類をファイリングしないと仲間が死ぬぞ!」
  とかってありえないですからね。
Sさん、ありがとうございます。
Sさんがおっしゃる様に、仕事とゲームは違うという考え、
さらには、日常業務をワクワクする世界観に落とし込むことの
難しさは、皆さん感じていらっしゃることでしょう。
では、こういったときに、世界観やストーリーを与える
側の人たちは、どういった考えで行けばいいのか、
今日はそれを考えてみたいと思います。
 
 


━━━━━
  ● 日常の些細な業務にやる気を持たせる方法
─────
   「君が一日の伝票入力を3割アップすれば世界は救われる!」
確かに、この言葉だけを聞くと、部下達はやる気を持って
取り組むことが出来ないでしょう。
なぜなら、伝票入力を3割アップさせると世界が救われる理由が
まったく語られていないからです。
上に立つ人間は、このことを、世界観・ストーリー・目的を
駆使しながら、
 ★ リアルにそうなることを実感させるように語る
事が必要になります。
例えば、ソフトバンクの孫さんは、ソフトバンクを
坂本竜馬になぞらえています。
  価値観やビジネス環境が大きく変わっている現代、
  平成維新を成すため、竜馬のように皆で活躍しよう
  ではないか!
と、孫さんは吼えているわけですね。
そして、通信業界に大革命を起こそうとしているのです。
これが、孫さんが提供する世界観であり、目的であり、
これから自分たちが歩んでいくストーリーとなるわけです。
でも、これだけでは、自分たちがなにをしていけばいいか、
具体的なことは分かりません。
だから、これを踏まえて、日常業務にそれらを落とし込んで行く、
というわけです。
例えば、伝票入力を例に取れば、
 伝票を素早く入力するということは、情報を社内で
 素早く共有出来ることに他ならない。
 情報は、会社の命であり、この情報が速やかに流れる事が、
 求められている。
 たとえて言うなら、血液の循環が良ければ、赤血球が
 体の隅々まで酸素を運んでくれ、体は健康になるが、
 血液がドロドロになり、循環が滞ってしまうと、
 隅々まで酸素が行き渡らなくなって健康が維持出来ない。
 もっというなら、伝票入力が滞ると、血栓が出来てしまって、
 必要な血液が必要な場所に行き渡らなくなってしまう。
 そうすると、健康を害し、最悪の場合死んでしまう。
 平成維新を起こそうとしているわれら竜馬が、健康を
 害したり、死んでしまったら、日本の夜明けが来ないんだ。
 我ら竜馬が、平成維新を起こし、歴史の立役者になるためには、
 まず竜馬そのものが、今まで以上に健康でなければいけない。
 その為にも、素早く、かつ隅々まで、必要な血液を体中に
 めぐらせるためにも、伝票入力を今まで以上に素早く行う
 必要があるのだ。
 平成維新を起こし、旧態依然の体制に支配された民衆を
 救い、解放するために、是非この伝票入力を今まで以上に、
 早く入力してもらいたい。
 まずは、3割アップを目指し、今以上に我ら竜馬を
 さらに健康にしていこう!
……と、私だったら、こういった感じで、部下に伝えるでしょうね。
世界観・ストーリー・目的は、前回のように必要なのですが、
それらを実現するために、日常業務に落とし込む際は、
更に細かく砕き落とした世界観・ストーリー・目的を
作りましょう。
そこまで考えるのは大変だと思うかも知れませんが、
こういったことを考えるのって、やってみると、
結構面白いし、つまらないと思っていた仕事も、
案外楽しくなって、ワクワクしながら取り組める
ようになりますよ。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
些細な業務にも、リアルな世界観・ストーリー・目的を持たせて楽しもう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
おそらく、先ほどの話を読んだ時に、
 「こんな与太話で、部下達がやる気になるのかね?」
と思った方も多いことと思います。
私も、いきなりこの話だけをポンと出しても、
部下がやる気になどなるわけ無いと思っています。
実は、こういった事を語るには、語る内容以上に、
 ★ 語る人間が、本気でそう思って語っているか?
という事が問われるんですよね。
部下を働かせるために、しぶしぶ与太話をでっち上げて
語ったとしても、人はまず動きません。
 ★ 人が感化されて動くのは、人の本気に触れたとき
だけです。
その本気を見せるために、世界観・ストーリー・目的を
語るわけです。
では、本気を見せるとは具体的にどういう事か。
それは、
 ★ 自分の想いに確信を持ち、揺らぎがないこと
がまず必要であり、なおかつ、
 ★ 世界観・ストーリー・目的を徹底的に語り続けること
が求められます。
そうやって、確信を持ち、徹底的に語り続ければ、
先ほどのような与太話も、圧倒的なリアルさで伝わり、
部下達のやる気に、火を付ける事が出来るのです。
もし、あれこれ語っても、部下がやる気にならなかったら、
話す内容よりも、自らのやる気を振り返ってみて下さい。
燃えるような、寝てなんかいられないと思えるくらい、
やりたくて仕方がないようなやる気が生まれているかどうか。
部下のやる気を引き出すには、まず自分自身が
それくらいのやる気を持つ。
そう思えるくらいの世界観・ストーリー・目的を、
【まずは自分のために】、是非作ってみてくださいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100401
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
  ※ お詫び サイトの開催日が、5月27日と表記されて
        いましたが、正しくは、5月22日であります。
        大変失礼いたしました。
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
さあ、今日はエイプリルフール。
エイプリルフールといえば、私はこちらを楽しみにしています。
http://tsubutter.m-78.jp/
私はこれから見るのですが、毎年面白いんですよね。
一体、どれだけ労力をかけているんだろうと思いますが、
作ってる人も、楽しんでいるんでしょうね。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100331.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
★☆ ツイッター、改めて始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup