仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 20 view

なぜ仕事は楽しくやらないといけないのか

おはようございます。水野です。
さて今日は、ある有名経営者の発言と、その発言に対しての
人々の反応について考えさせられたことをお話しいたしましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● softbankの大盤振る舞い
─────
先日、ソフトバンクの孫社長が、ustream.comを使って
来期の事業戦略をネット動画として配信していました。
大きな会場に、たくさんの人を集めた上、全世界に対して、
生中継で行った、大がかりな発表会。
さらに、Twitterも平行して使い、動画を見ている人たちからの
意見や感想をリアルタイムに共有しながら、イベントを進めて
いました。
さらには、Twitter上の有名人である、浜田幸一さんや広瀬香美さん
なども招いたりと、とても賑やかなイベントでした。
発表された事業戦略も、かなりのインパクトがありました。
まず、電波が届かないエリアに対しての、大幅な見直し。
1000億以上の投資をして、通信不能エリアにアンテナを立てまくる、
という事を宣言していました。
また、自宅で電波が届かない、という人たちには、
アンテナ機器を、なんと無料で提供するとのこと。
これもまた、かなりの投資額になると思われます。
会場や視聴者の人たちからも、この大盤振る舞いには
どよめきが起きていました。
が、面白かったのは、Twitterで発言していた人たちの反応が
大きく二つに分かれていたことでした。
そのひとつは、
 ■ 孫社長の意思決定に対しての賞賛の声
でした。
こちらは主に、経営者層や、自分でビジネスをしている
人たちからの発言で目立ったものでした。
しかし、もうひとつの反応は、こういったプラスの受け止め方では
ありませんでした。なにかというと、
 ■ 従業員達の負荷を心配したり気の毒がる声
だったんです。
「現場が大変だ」とか「死ぬんじゃないぞ」とか「同情する」
といったような発言が、賞賛の声と一緒に、かなり目立ったん
ですよね。
この反応を見て、私はつくづく
「やっぱりこれからは仕事を楽しまないといけないよなぁ……」
と思わされたのでありました。
 
 


━━━━━
  ● なぜ仕事は楽しくやらないといけないのか
─────
ここ1週間、仕事の取り組み方についてお話ししてきました。
なんでこんな事を話し続けたかというと、
 ★ 仕事に出来るだけ楽しいという気持ちで取り組んで欲しい
と思ったからなのです。
では、なぜそう思ったのか。
それは、今後生き残っていく企業は、お客様に徹底的に
サービスした結果、それを認められたところだけだと
いうことが、明確だからなんです。
今回の孫さんの企業のように、旧態依然とした体制に反旗を翻し、
徹底的に顧客のことを考えると言い切り、それに向けて行動して
いく企業だけが残ります。
逆に、大変だからといって、お客様を満足させることに手を抜く
企業は、もう廃れていくしかありません。
今までの多くの企業は、そういった努力を怠ってきましたが、
それでも、他社がそれ以上の努力をしなかったので、
それなりに生きてこれました。
しかし、最近になって、新興企業が、信じられないような
サービスを掲げて、旧態依然とした企業がいる市場に
入り込んできています。
そして、今まで以上のサービスに目覚めた顧客は、
より良いサービスをする企業を評価し、彼らを
受け入れるようになるのです。
そうなると、今までの企業が、そのままの状態で
生き残るのは、きわめて難しい。
だから、新興企業に負けないように、自分たちも、
さらなるサービスを考え、提供していかなければ
いけないのです。
しかし、それには、大変な労力がかかります。
何せ、今までやってきたこととは違った考えを持って、
違った行動をとり続けなければいけない訳ですから。
しかも、それをやったからといって、すぐに給料が上がるほど、
甘くはありません。
他社よりも自分の会社を選んでもらい、そして業績が上がるまでは、
給料は上がらず、むしろ一時的には厳しい状況になる事だって
あるわけです。
そんな環境の中で、
 ■ 仕事の対価はお金だけである
という価値観で働いていたら、働くモチベーションは
大きく下がってしまいます。
だからこそ、
 ★ 仕事の対価を、精神的満足でも得る
という考え方が必要になってくるんですよね。
その為にも、「仕事を楽しむ」という考え方は、
今後ますます重要になってくるのだと思います。
お客様に圧倒的なサービスを提供し、そして、喜ばれ
感謝されることに、精神的満足を得ながら、それと共に
金銭も頂く。
そういった頑張りを続けていくことで、結果として多くの
お客様から指示され、そして売上も上がり、利益も増え、
結果として、一番最後に、自分たちの給料が上がる。
自分たちの収入を上げて行くには、このプロセスをとる
必要があると、私は思っています。
だから、今の時点で、働いたことに見合った給料をもらっていない
と言う不満を日々感じながら、更に忙しくなる自分の身を嘆き、
結果として、低いモチベーションのまま仕事をするのは、
長い目で見て、自分自身に大きな損失を与えてしまうと思うのです。
それよりも、仕事に楽しさを見いだし、その楽しみを堪能する
つもりで働けたら、少なくとも精神衛生上は非常に楽になると
思うんですよね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  楽しみながら仕事に取り組み、お客様に選ばれるサービスを提供しよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
まあ、本来でしたら、そういったやり甲斐、働きがいというものは、
企業のトップが提供するものでしょう。
孫社長も、昨日のメルマガでお話ししたとおり、大いなる野望を
持ち、その夢を熱くみんなに語りながら、Twitterなどを通じて、
従業員達に呼びかけたりしています。
もちろん、全員がそれに触発されて、楽しく頑張っている、という
訳ではないと思いますが、それでも、普通の会社よりは、まだ恵まれた
環境にいるんじゃないかと思います。
このメルマガをお読みの方の中には、
「うちの社長はやり甲斐を感じることなど言ってくれないし、
 仕事そのものだって、どこ探しても楽しさなど見いだせない!」
と言う人もいるかも知れません。
お気持ちはよく分かりますが、そういった気持ちでいる限り、
その方達は残念ながらすくわれないでしょうね。
まあ、社長に代わることを求めても、これはもう無理な話なんで、
それはあきらめるにしても、自分の仕事になんとか楽しさを、
せめてやり甲斐を見出すことくらいは、頑張ってやって欲しいと
思います。
そうやって、やり甲斐や楽しさを持って仕事をしている人には、
必ず、次のステップに進めるきっかけがやってきますから。
例えば、もっと夢ややり甲斐を提供してくれるような社長がいる
会社に転職することも出来る様になるでしょう。
やり甲斐や楽しさを持って働く人なら、きっと転職先の
企業だって、前向きに受け入れてくれるでしょう。
逆に、現状に不満ばかりを感じながら、後ろ向きな気持ちで
働く人は、どこからも求められず、結果的に今の環境から
抜け出すことは出来ません。
どちらを選ぶかはあなた次第ですが、このメルマガをお読みに
なっていらっしゃる方ならば、ぜひ
 ★ 仕事を楽しむ
という事に、チャレンジしてみてくださいね。
きっと、この後の人生が変わってきますから。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100402
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
  ※ お詫び サイトの開催日が、5月27日と表記されて
        いましたが、正しくは、5月22日であります。
        大変失礼いたしました。
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
一昨日見たテレビで、肉をご飯でワシワシ食べている
シーンを見て以来、焼き肉で飯を食いたいという衝動に
かられ続けていました。
なにせ、タンパク質を取るために肉は食べているものの、
ささみのような、脂身がほとんど無いところばかり。
さらに、炭水化物は控えようと、ご飯はここ10日間、
まったく食べていませんでしたから。
だからもう、我慢出来なくなって、ついに昨日、
近所の松屋に行って、牛焼き肉定食を食べてしまいました。
ライスの大盛りは無料でしたが、もちろんここは、
ぐっとこらえて。
で、久しぶりに、米で肉を食べたけど、ンマー!
ということで、久しぶりに欲求が満たされましたので、
また今日から、野菜とささみ中心の生活に戻りたいと思います。
ちなみに、体重は増減なし。やったね。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
あつみ♂の「あ~。」に、いつも萌えてしまいます。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100401.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
★☆ ツイッター、改めて始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup