仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 13 view

過去の自分が好きでいた方が良い理由

おはようございます。水野です。
さて今日は、自分の昔話を思い出しつつ、そのときの心境の
変化についてお話したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 私の成長の源泉
─────
以前、メールマガジンの週末限定で「私の成長物語」というものを
書いていました。
バックナンバー集はこちら
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
ここでは、過去のダメダメ人生を歩んできた自分が、どうやって
心を入れ替え、そして這い上がって来たかということが、かなり
詳細に書かれております。
まあ、こんなていたらくですから、何とか今はまともになって
来たとは言え、以前の自分はもうとんでもない状態でして。
で、そんな昔の自分が、ちょっと前までは、嫌いで嫌いで
しょうがありませんでした。
もしタイムマシンがあるなら、10年くらい前に戻っていって、
頭をぶん殴ってやりたい、と。
 世の中舐めるんじゃないよ!
 勘違いするんじゃないよ! 
 もっと地に足付けてコツコツやれよ!!
なんてことを、言ってやりたくて仕方ありませんでした。
しかし、最近になって、そういう気持が薄れてきたんですよね。
そして、過去の自分に対し
「それで良いよ!」
といってやりたくなったんですよ。
その理由はですね……
 
 


━━━━━
  ● 過去の自分が好きでいた方が良い理由
─────
講師業をやっていると、いろいろな人と出会います。
そのあらゆる人たちに対して、出来る限り受け入れながら
接して行くことが、求められていると私は思っています。
だから、私自身も、出来るだけ器の広い人間になりたいと
常々思っていたんですよね。
しかし、どうしても特定のタイプの人たちだけは、
素直に受け入れることが出来ずにいました。
それは、何を隠そう、以前の私の様な人たち。
勘違いして、思い上がって、やることやらず、口ばっかりで……
そんな人間を見ると、必要以上にイライラして、ついつい
頭ごなしにがつんと言ってしまってたんですよね。
でも、そんな接し方をしたって、相手は聞く耳持ちません。
恐れられたり、嫌われたりして、結局相手も変わることなく、
私の元を離れていくわけです。
そういうことを何度かやってしまっているうちに、
どうもこのままではいかんなあ、と反省しました。
でも、そういう人に対して、接し方だけを気をつけようと
思っていても、そうそう変えられるはずもありません。
という事で、なんでそういう人が嫌いなのかと考えることに
したんですよね。
で、たどり着いた答えが、
 ★ 昔の自分を許していなかったから
というモノだったのです。
確かに、昔の自分は駄目なヤツだった。
でも、そこだけをピックアップしてみてしまうと、
腹も立つかもしれないが、でも今から考えれば、
そのときの自分があったからこそ、今こうして
人様の役に立つような実体験を話すことが出来る。
だとすると、そのときの自分は、今の自分にたくさんの
財産を与えてくれた、とてもいいヤツなんじゃないか。
立ったら、そんな自分も好きになってやろうじゃないか。
そんな風に考えていったところ、自分のことを許してやろうという
気持も芽生えてきたんですよね。
そして、その気持がもてるようになってくると、徐々に
昔の自分に似た人を見ても、イライラしなくなってきたんです。
人に対していらだちを感じるという人は、ひょっとすると
過去の自分を嫌っていることが原因かもしれません。
一度、自分を振り返って、認めてあげる努力をしてみると
良いかもしれませんよ。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
    昔の自分を嫌いなうちは、似たような他人に振り回される
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
最近、特に思うようになったのが、
 ★ 嫌いになることを減らそう
ということ。
人間だから好き嫌いはある、というのも、確かにそうかも
知れませんが、でも、過去の自分の状況を振り返ると、
 ★ 好きなこと以上に、嫌いなことに振り回されやすい
ような気がしています。
以前の私は、好きな人より嫌いな人が多く、それゆえ、その人に
感情を奪われる時間が多かったんですよね。
それに、「坊主に憎けりゃ袈裟まで憎い」とばかりに、
その人たちがやっていることや使っているものも、
否定してしまっていたんです。
その中には、やっておいた方が良いこと、使った方が便利なものも
たくさんあったんですが、その人が嫌いという理由だけで、
そういったものを遠ざけていたんですよね。
でも、そういった、嫌いなことを減らし、自分の受け皿を大きく
していく努力を続けていくことで、そういったことが少なく
なりました。
そして今、昔の嫌いだった頃の自分を受け入れられるように
なったとき、自分にとって嫌いなことがずいぶんと少なくなった
様な気がするんです。
だから、ぜひ、
 ★ 過去の自分は未来の自分の財産
と考えて、自分のことを好きになってみてくださいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100413
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、ある方からインタビューを受けておりました。
世に出るのは、まだ先になりそうですが、たまに自分の過去を
人に聞いてもらうのは、自分の人生の整理が出来て良いですね。
まあ、普通の人に比べたら、きっと何百倍も過去の自分を語って
いますんで、私としては話し飽きてもおかしくないと思うんですが、
これが飽きないんですよね。
毎回、同じような話をしているんですが、その時に気づく
ことが、毎回違うので、自分にとっても勉強になります。
今日の話も、そんなインタビューの中で話して気が付いたひとつ。
あなたも、もし時間があったら、人に語れるように
自分を振り返ってみてください。
意外な発見がありますよ。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
あつみ♂は、なんであんなに針金が好きなんだろう……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100412.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup