仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 15 view

工場思考から農場思考へ

おはようございます。
水野です。
本編の前にお知らせを。
コンサルタント、コーチ、カウンセラーといった方たちで、
ご自身でセミナーを企画・開催されていらっしゃる方たちに
向けて、
  「受講者から求められ・満足され・愛される」
ことで、
  「末永く収益を産んでくれるセミナー」
を企画する考え方をお伝えするセミナーを開催いたします。
ご興味のおありの方は、以下のサイトをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/?sid=3t
 ※ 5月14日までは早期特別割引価格です!
さて今日は、岡田斗司夫さんの講演を聴いて、
なるほどと思ったお話をご紹介しましょう。
では、早速参りましょう!
 
━━━━━
  ● 効率化を図るなんてやめた方が良い!
─────
通称オタキングこと、岡田斗司夫さん。
アニメ制作会社「GAINAX」の設立メンバーであり、
オタク文化のオピニオンリーダーとして有名な方です。
でも、最近では、自身の50kg以上の減量に成功したダイエット本
「いつまでもデブと思うな」の方が有名かもしれません。
とにかくこの方、頭が凄く良い方で、ひとつひとつの考えが
よく練られているなあ、と、いつも感服しているんですよね。
その岡田さんの講演を聴く機会がありました。
テーマは「ノート術」。
岡田さんが普段どのようにものを考えているのか、
それをノートをどう使いながらやっているのか、
といった事を、誰でも実践出来るプロセスで
教えてくれていました。
この話も実に面白く、是非早速取り組んでみようと
思わせるようなお話でした。
その中で、頭の使い方について、非常になるほどと
思う話がありました。
それは何かというと、
「頭は工場じゃない!」
ということ。
「工場で生産する様に、効率よく考えてアイデアを
 アウトプットしようとしてはいけない」
と、岡田さんは言うんです。
つまりどういう事かと言いますと……
 
 


━━━━━
  ● 工場思考から農場思考へ
─────
世の中には効率を求めても良い世界もありますが、
往々にして、効率を求めない方が良いものについても、
効率化を図ろうとしてしまう人がいます。
アイデアというものも、効率化を図るべきものではない
もののひとつだと、岡田さんは言います。
確かに、効率的にアイデアをアウトプットする方法は
無いことはない。
でも、それを続けていくことが出来るかというと、
なかなか難しく、すぐに息切れしてしまう。
工場でものを生産する様な考え方で、効率的にアイデアを
生み出そうとするのは、長期的に考えていい話ではない、
と言うのです。
では、どのように考えたらいいか。
岡田さんは
「工場思考ではなく、農業思考で行こう」
と言います。
つまりどういう事かというと、システマティックにアイデアを
生産していく、という考え方ではなく、豊かな大地と、育成環境を
整えておき、アイデアという作物を育てていく、という思考で
行きましょう、という事だそうです。
アイデアは作り出すものではなく、自然と生まれるもの。
その自然と生み出される土壌と環境をきちんと作っておき、
生み出されたものは天の恵みと感謝して受け取ろう。
そして、その土壌と環境作りをするのが、岡田さんが提唱する
ノート術なんですよね。
効率化を図り疲弊するのではなく、自然と生まれる環境作りに
精を出す、というこの考え方。
効率ばかりを追い求めて成果が出ていない人は、是非この
岡田さんの考え方をまねてみてはいかがでしょうか。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  工場思考で効率を図るのではなく、農場思考で環境作りに精を出そう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
世の中には、作るものと生まれるものがあると私は思っています。
車とかパソコンといった物質的なものは、作る事が出来ます。
こういうものを作るにあたっては、効率化を考えることは
非常に有効でしょう。
しかし、今回のテーマとなったアイデアや、人間性、人格、
信頼関係といった物質的なものではないものについては、
作ると言うより生み出す、といった考え方の方がしっくり
来るんですよね。
で、こういったものは、効率的に作ろうとするものでは
無いと思うんですよ。
しかし、こういったものにも、効率化というものを持ち込もうと
する人が、少なからずいます。
そしてそういう人は、たいていの場合、うまく行きませんし、
うまく行く人も、長期間にわたって成果を出し続けることは
出来ません。
全てに効率を求めるのではなく、土壌作り・環境作りを
きちんとやって、より良い者が生まれるような事にも、
是非取り組み、その際は、そこに効率を求めることは
決してしないように。
そうすれば、きっと素晴らしいものを生み出すことが出来る
人になるでしょう。
ちなみに、今回の岡田さんのノート術に関しては、以下のサイトから
講演内容が動画で見られます。
無料ですので、是非ご覧ください。勉強になりますよ。
   → http://otaking-ex.jp/yawa/1004_01_00.html
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100429
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
         ※ 5月14日まで10,500円割引!
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
いよいよ今日から高松出張であります。
一泊二日の短い旅ですが、高松の料理を堪能してきます。
うどん、食べられるかな?
さて、昨日の我が家のネコブログ。
かみさんのプチ自慢入りです。きっと私宛に書いているに違いない。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100429.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup