仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 16 view

年収1千万円以上の男をゲットする方法

おはようございます。
水野です。
本編の前にお知らせを。
特別優待価格まで残り2日となりました、
    「高品質セミナー企画講座」
コンサルタント、コーチ、カウンセラーといった方たちで、
ご自身でセミナーを企画・開催されていらっしゃる方たちに
向けて、
  「受講者から求められ・満足され・愛される」
ことで、
  「末永く収益を産んでくれるセミナー」
を企画する考え方をお伝えします。
ご興味のおありの方は、以下のサイトをご覧下さい。
 →  http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/?sid=3t
  ※ 5月14日までの早期特別割引価格。
   締め切りまであと2日です!
さて今日は、婚活注の女性に向けて、望みの男性を
ゲットする方法をお話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 希望の男性は年収1千万円以上
─────
「婚活」いわゆる、結婚するための活動のことですね。
去年あたりから婚活ブームなどと言われるようになりましたが、
最近はすっかりこの言葉も定着したようです。
最近では、婚活イベントも花盛りのようですし、
婚活セミナーというのもあちこちで開催されて
いるようです。
ニュースでも時折、そういった婚活中の人をとりあげ、
希望する男性は? といったような質問を浴びせます。
すると、答える女性の方は
「年収1千万円以上」
とか、明るくシレッっと答えたりなんかして、その
動画が、ネットの非モテ連中たちにバッシングされる、
なんてことがしょっちゅう起きています。
まあ、年収1千万円を超える若い未婚男性がどれだけいるか、
とか、おまえはその男に釣り合う女なのか、という突っ込みは
とりあえず脇に置いておきましょう。
私個人は、女性がこういう高収入の男を求めること自体は
悪いとは思っていません。
やっぱり、結婚するなら、生活力がある人の方が
良いでしょうからね。
でも、テレビのインタビューで、質問されたからと言って
こんな答えをしてしまうようでは、1千万円の男と結婚
するのは難しいでしょうね。
だって、こんな言葉を聞いちゃったら、
「所詮、金目当ての女かよ」
って思っちゃいますからね。
では、テレビも含め、人から結婚相手の条件を聞かれたとき、
高収入の男性から
「こういう人と結婚したいな」
と思わせるように答えるには、どうしたらいいでしょうか?
 


━━━━━
  ● 年収1千万円以上の男をゲットする方法
─────
ところで、年収1千万円以上の人って、どういう人なんでしょうね。
ちょっと想像してみて欲しいんです。
30歳前後で、普通のサラリーマンをやっていて、年収が
1千万円以上って、そうそういませんよね。
今なら、勢いのある外資のIT系・ファンド系で働いている
人くらいでしょうか。
サラリーマンでなければ、または、家業を引き継いでいるか、
独立して事業をやっているか、弁護士など資格業で仕事をしているか。
そんなところではないでしょうか。
しかし、何にせよ1千万円以上を稼ぐ人というのは、ほとんどの場合
 ■ 仕事好き
であることは間違いないでしょう。
仕事するのが嫌いで年収が高い人って、特に若い世代の人では、
まずいないでしょうからね。
であるならば、年収1千万円以上の人と結婚したい、という人は、
つまり「仕事好きの男性」を選びたい、ということになるわけです。
つまり、人から
「結婚したい男性の条件は?」
と聞かれたら、
「仕事が大好きな人!」
と答えればいいのです。
こういう言い方ならば、嫌らしく聞こえることもないでしょうし、
ネットの非モテ連中からも叩かれることはないでしょう。
さらに一言
「生き生きと働く男の人って素敵ですよね♪」
と付け加えておけば、さらに良いでしょう。
ここまで言える人ならば、絶対に
「結婚するなら年収1千万円以上の人」
といってるような女性よりも、何倍ももてること間違いなしです!
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 「仕事好きの人が好きです」と答えて年収1千万円男性をゲットしよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今日のメルマガ、何というベタであざといまとめなのか、
と思われた方も多いでしょう。
まあ、私も少々やり過ぎ多感はありますが、要するに
いったい何が言いたいかというと、
  ★ 人に要求条件を突きつけるときは、相手の気持ちを考えよ
ということなんですよ。
年収1千万円以上の男性と結婚したい人が、
 「年収1千万円以上の男性と結婚したい」
と言って、果たして
 「はーい、私が年収1千万円以上の男性で~す♪」
と目の前に現れてプロポーズしてくれる訳ないことくらい、
容易に想像つきますよね。
これと同じように、自分が何か人に対して要求条件を
突きつけるとき、自分の都合の良いことばかりを言っても
相手は乗ってきてなどくれるはずもありません。
そんなときは、自分の発言によって与える相手の印象を
考えて、表現を工夫する必要があるわけです。
自分のエゴがむき出しにならず、相手が喜びそうな表現を
考えること。
計算高いと思う方もいるかもしれませんが、これもまた、
「相手のことを考え、気持ちを汲む」
という、ひとつの具体的なアプローチです。
婚活中の方は、今回の話をヒントに、是非、自分の希望も
満たしながら、相手に受け入れられるような表現を考えて
みて下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100513
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
  ┌───
┌────
●  人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  →  http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
         ※ 10,500円割引の期限まであと2日!
 ┌───
┌────
●  参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
●  文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   →  http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
70年断食をしているというインドのヨガ聖者の話が最近ネットで
話題になっていましたが、先日、インドの科学者たちが、15日間
その人に張り付いて観察した結果が出たそうです。
インドの病院に感ず目にされ、医師30人に24時間体制で
観察され続けたが、確かに一度も飲食せず、トイレにも行かな
勝ったそうです。
詳しくはこちらの記事を
 → http://bit.ly/ctHXZO
しかし、これが本当ならば、人間の可能性って
計りしれませんね。
詳細な研究結果はこれから出るそうですが、今から楽しみ
であります。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
啓介は本当におかあちゃんが好きみたいですね。
おとうちゃんは便利屋くらいにしか思ってないみたいです(泣)
  → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100512.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
  → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 →  http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 →  http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆  ツイッター、始めました。
 →  http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup