仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 32 view

説得力のある発言をする方法

おはようございます。
水野です。
本編の前にお知らせを。
5月22日に開催される
    「高品質セミナー企画講座」
ですが、本日いっぱいで、優待価格が終了します。
コンサルタント、コーチ、カウンセラーといった方たちで、
セミナーを自ら企画される方は、この機会にご参加下さい。
セミナーの詳細は以下サイトをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/?sid=3t
 ※ 5月14日までの早期特別割引価格は、
   本日いっぱいで終了します!
さて今日は、最近ニュースを賑わしている、ある二人の
スポーツ選手について、考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 谷選手、出馬。高橋選手、不出馬
─────
先日のニュースで、女子柔道選手の谷亮子さんが、民主党から
参院選に出馬するという発表がありましたね。
いやあ、まさかあのヤワラちゃんが政治家になるとは
予想もしていなかったのでびっくりしました。
さらに驚いたのは、民主党が女子マラソン金メダリストの
Qちゃんこと高橋尚子さんにも出馬要請をしていたこと。
しかし、こちらはその要請を断ったそうです。
断った理由として、高橋さんは
 「政治の勉強をした人が国民の代表になるべき」
 「国民栄誉賞を受賞している立場で一政党の代表にはなれない」
 「私は(政治ではなく)現場でスポーツの発展をしていければいい」
というものだそうです。
この二人のスポーツ選手の、今回の対照的な行動について、
ネットでもテレビでも、多くの人が意見を語っています。
その意見が具体的にどんなものなのかは、皆さんもおそらく
見聞きしたことでしょう。
それらの意見を聞きながら、私は
「なるほど、説得力ってこういうところから出てきているんだな」
と思ったのでありました。
それは……
 
 


━━━━━
  ● 説得力のある発言をする方法
─────
世間では、どうも出馬した谷さんに対してバッシングに近い
意見が多く出ているようです。
そして逆に、出馬要請を断った高橋さんには、かなり好意的な
意見が多く寄せられている模様。
どうも、世間では、支持率が下がった民主党が、
票寄せパンダとして有名人を担ぎ出そうとしているのが
見え見えなのに、谷さんがそれに乗っかってしまったことが
ご不満の様子。
逆に、高橋さんはそういった浮ついた思惑に乗らずにきちんと
断り、さらには、谷選手にもチクリと一言釘を刺した、という
感じに思われているようですね。
まあ、私自身も無責任な感想を言えというのであれば、
上のような感じになります。
ただ、個人的には、傍でぐだぐだ谷さんを批判している連中より、
それも見越して引き受けた谷さんの英断は、大きく評価します。
往々にして人は、気に入らないという理由で、無責任な立場から
批判をしてしまいがちですが、いつの時代も、世の中を変えて
行くのは、自ら行動を起こす人です。
だから、ネットで谷さんを批判してしたり顔の人たちなどを
みていると、
 「説得力の無いこと言ってるなあ」
と、半ばしらけた気持ちでみてしまうんですよね。
説得力とは、いっている言葉の論理的正しさで生まれる
ものではありません。
もちろん、それも必要ではありますが、それ以上に
 ★ その人の普段の言動と責任の取り方
こそが大きく影響してくるのです。
要するに、説得力のある言葉というのは、
 ■ 私はこう思う
ではなく
 ★ 私はこうしている
ということなんですよね。
だから、もし説得力のある話がしたければ、言葉の正しさ
だけでなく、普段の行動が、その言葉通りになっている必要が
あるわけです。
お互い、言葉だけの正しさに酔わないよう、気をつけましょう。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 説得力とは、その言葉通りに発言者が行動していることによって生まれる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
では、谷選手にチクリとした発言をした高橋選手は、
説得力ある発言となっていたでしょうか。
ぱっと見、出馬せずにいて、谷さんを批判するかのような
発言をしていますので、先ほどの話から行くと、説得力が
内容に思える人もいるかもしれません。
でも、彼女は、
 「私は(政治ではなく)現場でスポーツの発展をしていければいい」
と発言しています。
そして現に、2008年に引退してから、スポーツキャスターや
マラソン解説者を務めるとともに、各地で行われている陸上教室
でのマラソン大会に参加したり、ランニングスクールや大学で
講師や教授を勤めています。
また、日本でサイズが合わずにはけなくなった靴を
発展途上国に送るという活動の応援もしています。
こうして、高橋さんは、発言通りに、現場でスポーツの発展に
実際に取り組んでいるわけです。
だからこそ、説得力があり、多くの人からの支持も
得ているのでしょう。
だから、私たちはこの二人を見習って、批判をする時には、
 ★ だから、自分は何をするか
ということを、明確に語るようにしていきましょう。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100514
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
         ※ 10,500円割引の期限まであと2日!
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
猫好きにはもう、たまらなくなって身もだえしたくなるような
動画であります。
 → http://www.youtube.com/watch?v=gppbrYIcR80
うちの子たちにも、こんな時代があったんだよなぁ……
さて、昨日の我が家のネコブログ。
このおもちゃ、ホント珍しく長続きしているんですよね。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100513.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup