仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 19 view

はやぶさにこめた想いとは

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
6月分は早々に満席となりました、1分間自己アピール講座。
7月開催が27日に決定しました。
自分のことをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、昨晩地球に帰ってきた、惑星探査機のことに
ついてお話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 小惑星探査機「はやぶさ」7年ぶりに帰還
─────
2003年5月9日。
小惑星探査機「はやぶさ」が、M-Vロケット5号機によって
打ち上げられました。
目的地は、小惑星「イトカワ」。
はやぶさは、この小惑星「イトカワ」を観測することを
目的として、旅立ったのでありました。
そのはやぶさが、昨晩遅く、7年の時を経て、地球に帰って
きました。
しかし、この7年間の旅は、トラブルに次ぐトラブルで、
想像以上に過酷なものでした。
 ・4機あるイオンエンジンが出発早々1機故障
 ・観測規模最大の太陽フレアに遭遇し、各種電子機器に異常が発生
 ・3機ある内の姿勢制御装置が2機故障し、姿勢制御不能に
 ・この故障に伴い、帰還に必要な燃料が危機的状況に
 ・漏洩した燃料気化による温度低下で,バッテリーが放電、
  通信が途絶える。
 ・その後、何とか通信が復活するも、帰路のルートの関係で
  3年の帰還のズレを余儀なくされる
 ・その後、何とか地球に向かうものの、帰還に必要となる
  エンジンが故障、帰還不能に
と、帰還・回収をあきらめてしまっても不思議ではないくらいの
出来事に、何度も見舞われながらも、そのたびに、スタッフの
方たちの努力によって、その困難を乗り越えてきました。
そして、7年たった昨日、惑星で採取したであろうサンプルが
入ったカプセルを、地球に射出した後、役目を終えたはやぶさは
大気圏に突入し、燃え尽きました。
そんな、奇跡的な帰還を遂げたはやぶさ。
ところで、なぜ、この惑星探査機にやぶさという名前が
ついたか、ご存じでしょうか?
その名前が生まれた理由を、ネットの書き込みで見つけたのですが
それを読んで、何度も困難を乗り越えて来た理由が垣間見えたように
私には思えたのでありました。
 
 


━━━━━
  ● はやぶさにこめた想いとは
─────
小惑星イトカワとは日本の宇宙開発の父である糸川英夫から
来ている。
彼は戦後の貧相な開発環境の中でロケット開発に全精力を傾け、
宇宙開発理解の無かった国家や企業を必死で口説き落として、
やっとこさ開発の援助の約束を取り付けた。
決して十分とは言えない予算で七転八倒しながら。
時には、旧社会党の左翼連中からの妨害に会いながら、
苦難の末、日本初の人工衛星打ち上げまでこぎつけた。
それも世界で4番目に打ち上げたんだぞ。純民生技術のみで。
彼は戦前、航空機の技術者だった。
彼の携わった一番代表作こそ、戦闘機「隼」だ。
この隼は、当時、国民の間で圧倒的人気のあった航空機であり、
まさに日本を代表する航空機であり、これから日本の航空技術の
飛躍を感じさせるものだった。
しかし敗戦と占領政策による航空機開発の禁止によって、
日本の空の技術は壊滅的打撃を受けた。
多くの航空機技術者達は空への夢を捨てざる終えず、
ある者は新幹線の開発に、またある者は自動車開発へと
向かって行った。
しかし最後まで、糸川は空への夢を捨てず、ロケットと衛星に
自らの思いを託し、日本宇宙技術の基礎を固めた。
敗戦の時、自分たちが作り出した航空機の多くが焼かれ壊され
破棄され、技術開発禁止され技術者の多くは涙し絶望した。
しかしそこから立ちあがり、日本の空の技術の復権と発展を掛けた、
技術者達の血と涙、執念、夢と努力の歴史とその結晶を背負って、
半世紀以上の時を経て、もう一度「隼」は「糸川」に出会った。
宇宙(そら)で。
1945年、多くの特攻機が空に舞っていた。
その中に多くの名機「隼」の姿があった。
多くの特攻機、そして隼が敵艦の前で多くの悲しみと共に
燃え尽きていった。
あの夏、敗戦の時、多くの人々が涙した、技術者も涙した。
あれから65年後、2010年6月、ハヤブサは
地球の空で燃え尽きる。
もしそれを目にして涙する者があったとしても、
あの夏に流れた涙とは、違う。 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 戦後65年にわたってのあきらめない想いが、はやぶさを地球に返した
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
人間、生きていくには、困難はつきものです。
もちろん、その困難に対して、あきらめるという
選択肢だってあることでしょう。
ただ、今回のはやぶさの帰還は、
 ★ 夢や想いをあきらめないことの大切さ
というものを、私たちに教えてくれているように思います。
具体的な方法や手段について、それを実践する事を
あきらめるというのはありかもしれません。
期限を決められた目標を達成することが出来ないと
あきらめてしまうこともあるでしょう。
でも、それと同時に、自分自身が抱く、夢や想いまでも
あきらめてしまう人がいます。
夢や想いは、ひとつの到達点。
そこにいたる道筋や物語は、無数にあります。
その道の一つ二つが途切れたとしても、他にもまだ
たくさんのルートが残されているのです。
もし、これからあなたが、困難にぶち当たり、
夢や想いまでもあきらめてしまおうと思ったときは、
ぜひ、今回のはやぶさの帰還を思い出してくださいね。
そして、あきらめずに道を探していけば、必ず夢や想いを
実現出来ると信じ、一緒に前に進んでいきましょう。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100614
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● コーチ・コンサル・士業で独立を目指す方へ
自分のブランドを創り上げ、高品質なサービスに育てるための
誰にでも取り組める、具体的な方法とは?
 → http://sp.m-stn.com/seminar/sembegin/index.php
    6月17日分 キャンセル出まして残席2席です!
 ┌───
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
    7月27日開催分、募集開始しました!
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今回のはやぶさについては、たくさんの人が動画にまとめ
アップしてくれています。
その中でも、今回の航海の軌跡をまとめてくれているものを
ご紹介しましょう。
探査機「はやぶさ」の軌跡 舞-HaYABUSA ~Falcon of phoenix ~前編
 → http://www.youtube.com/watch?v=me-kYu-ikKw
探査機「はやぶさ」の軌跡 舞-HaYABUSA ~Falcon of phoenix ~後編
 → http://www.youtube.com/watch?v=EuXuZLq5fVY
「宇宙戦艦ヤマト」の世代の方は、こちらの動画を。
探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力
 → http://www.youtube.com/watch?v=6kZbeAK-vBE
いやあ、何度見るに付けても、凄いですね!
さて、昨日の我が家の猫ブログはお休みです。
バックナンバーをお楽しみください。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup