仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 182 view

ルールを守らない人間を責めても良いのか

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
6月分は早々に満席となりました、1分間自己アピール講座。
7月開催が27日に決定しました。
自分のことをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、人の間違いを指摘したいという人に向けて
お話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● ルールを守らない人間は責められるべきである!
─────
先週末のメルマガで、電車に乗ったときに起きた
ある男性との諍いについて書きました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1199761.html
さらに昨日、その諍いの原因となったルールについて、
思うところを書きました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1203296.html
ちなみに、昨日のメルマガの趣旨は、
「ルールは人を責めるためのものではなく、守るためのものである」
というものでしたが、こちらの話に対して、こんなメッセージを
寄せて下さった方がいらっしゃいました。
 「ルールとは、責めるためでなく、守るためにあるもの」
 は基本ですが、守らなければ責められる場合もあります。
 法律だってルールの一つですよ。
 重要なルールは、守ってもらうために罰則が付いているわけですね。
 殺人を犯したら、責められないわけがない。
 水野さんの云う「ルール」には、法律は入っていなかったのかな?
このメッセージのそこかしこに、「納得いかん!」という
雰囲気が満ちておりますね(汗)
そして、この方と同じように、私の話に対して、釈然としない
気持ちを持った方もたくさんいらしたことでしょう。
ということで、今回はこの件について考えてみたいと思います。
 
 


━━━━━
  ● ルールを守らない人間を責めても良いのか
─────
ルールを守らない人を見つけたときに、多くの人はその人に対して
何かしら言いたくなるようです。
その人たちが、ルールを守らない人に対してなんと言いたいか、
それを一言で表現するならば、
 「ルールを守りなさい」
という言葉に集約されるのではないでしょうか。
しかし、言葉ではこういいながらも、腹の中では、人それぞれ
いろいろな思惑があるようです。
この言葉通り、ルールを守って欲しいと純粋に願っている
人もいれば、ルールを知らないのならば教えてあげたい
という人もいることでしょう。
しかし、今回の件を通じて私が感じたのは、
 ■ 自分が正しく、相手が間違っているという事を伝えたい
という気持ちが強い人も、少なからずいる、ということでした。
しかし、冷静に考えてみればすぐに分かると思うんですが、
見ず知らずの人間が、会っていきなり
 「自分は正しい! おまえは間違っている!」
というスタンスで話を持ちかけてきたら、あなたは冷静に
その人の話を受け止められるでしょうか?
「そうか! 私が間違っていて、あなたが正しいんだ!
 どうもありがとう!」
などと受け止められるのは、よほどの大人物でしょう。
たいていは、自己防御が働いて身構えるでしょうし、
その人が行ってくることに対しても批判的な視点で
聞いてしまう人も多いのではないでしょうか。
そうなってくると、間違いを指摘した方は、正しさが自分に
あるにもかかわらず、相手が受け入れないことに怒りを持ち、
 ■ ルールを守らない人間にダメージを与えたい
 ■ ルールを守らない人間を否定し攻撃したい
という気持ちが芽生えてくる事も少なくないんですよね。
そうやって、
「自分が正当であり、相手が間違っている」
という意識を持って相手を攻撃し始めると、やがてそれは
狂気に繋がっていきます。
その例として、今回私が社内で出会った男性も、昨日の
メルマガで、電車内で携帯を使う人をとがめた女性も、
 自分の正しさを盾に、電車内で周りに迷惑をかける
 ような大声で、相手の人格を否定するような言葉を
 叫び続けた。
という状況に陥ってしまったわけですから。
それだけでなく、この行為は、責める相手の狂気おも引き出し
かねません。
やはり人間ですから、仮に、いくら相手が正しくて、
自分が間違っていたとしても、一方的に攻撃され続ければ、
しかるべき報復手段は執りたくなるもの。
事実、男性に怒鳴られた私は、結果的に行動には移さな
かったものの、脳内で凶行に及んでしまったわけですし。
もう少し若くて、分別もなく、こらえ性がなかったら、きっと
直接手を出してしまったかもしれません。
こういった状態がさらにエスカレートしていくと、互いの人生に、
大きなしこりや傷を残すことになってしまうという状態になる
事も珍しくなく、こういった例は枚挙にいとまがありません。
だから私は、ルールを盾に、人を責めない方が良いと
言っていたのです。
この理由、ご理解頂けますでしょうか?
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     正しさを振りかざすと、自分と相手に狂気が生まれる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
確かに、ルールを守らない人間が責められずにいることに、
腹を立てる気持ちは多くの人が持つでしょう。
だから、今日のメルマガを読んでも、冒頭に紹介したメッセージを
寄せてくださった方や、メッセージに同意した方の気持ちはきっと
晴れないと思います。
だから、私としては、そういう人の考え方を否定するつもりは
無いんです。
だから、
 「もしあなたが、それでは納得がいかない、というのであれば、
  ルールを盾に、他人を責めて下さい。
  ただ、そのときは、それ相当のリスクを覚悟しておいてね」
で終わらせたかったんですが、実はそういうわけにも行かないんです。
なぜなら、残念なことに、少なくとも日本では、
 ■ ルール違反をした人間を責められるのは、私やあなたではない
ということになっているんですよね。
もし、そのルールが法律、というものならば、法を犯した
人間を責め、罰を与えるのは、裁判所の仕事であり。
また、ある環境や集団の中でルール違反を犯したならば、
その環境や集団をとりまとめる人が、しかるべき措置を
取るわけでしょう。
例えば、サッカーでルール違反をしたとしても、選手同士で
その罪を責めたり裁いたりはしません。
それをやるのは、審判の仕事であり、罰を決めるのは
サッカー協会(のようなところ)なのでしょう。
要するに、私たちは、基本的には、悶々としながらも、
ルール違反をする人に対して、直接手を下すことは
出来ないわけです。
で、なんでこんなルールが出来たかというと、やっぱり
前にあげたとおり、
 ■ 個人がルールを振り回して人を責めることは危険
だからなんだろうと思うんですよね。
ということで、マナー違反をした人間は責められるべきだが、
責めるのは自分ではない、と、私は思うようにしていきます。
私が出来ることは、少なくとも責める前に
 ★ 出来るだけ相手を否定せずにルールを伝える
事でしょうか。
マナーなどに至っては、特にそうですよね。
責めるのではなく、知らないということを前提に、
人格否定をせずに教えてあげるくらいの気持ちで
接した方が良いでしょうね。
それでもなお通じず、相手がルールやマナーを平気で破り続ける
ならば、もうそれは関わらない方が良いと判断し、せいぜい
関係諸機関に通報するくらいでしょうか。
いずれにせよ、自分が正しく相手が間違っているから責めてやろう、
という気持ちを持たないように、気をつけていきたいと思います。
何せ、ちょっとでも気持ちが高ぶると、すぐにコントロールが効かなく
なってしまう未熟者ですからね(汗)。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100622
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
    7月27日開催分、募集開始しました!
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ついに、というか、いよいよ、というか、近くのものが
さらに見えにくくなってきました。
今までは、家で本を読むときくらいだったらと言うことで、眼鏡に
脱着出来るタイプの老眼鏡をかったんですが、最近、セミナーで
使っている、自分用の縮小コピーテキストの字も見づらくなって
来てしまいました。
ということで、近所の眼鏡屋さんに、遠近両用眼鏡を
作りに行くこととしました。
いやあ、行ってびっくりしたんですが、最近の遠近両用レンズって
遠と近の境目がないんですね!
昔のレンズは、真ん中よりしたの所に、
「ここが遠視用の部分ですよ」
というのがはっきり分かるような部分があったんですよね。
そういう、一目で「老眼入ってるな」と分かるような眼鏡を
かけなければいけないと言うのが、結構憂鬱だったんですよね。
なにせ、自称ルックスは30代半ばの人間ですから。
でも、普通の眼鏡と外見では全く見分けがつかないことを知って、
喜んでおります♪
あ、でも、ここで言っちゃったら意味ないか(汗)。
さて、昨日の我が家の猫ブログ。
私も啓介によく逃げられます(泣)
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100621.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup