仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 33 view

自分の器の小ささを、もう一つ告白します……

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
6月分は早々に満席となりました、1分間自己アピール講座。
7月開催が27日に決定しました。
自分のことをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
→ http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、相手のためにと思ってアドバイスをするときに
気をつけなければいけないことをお話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!

━━━━━
● 自分の器の小ささを、もう一つ告白します……
─────
先週末のメルマガで、電車に乗ったときに起きた
ある男性との諍いについて書きました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1199761.html
そして一昨日、その諍いの原因となったルールについて、
思うところを書きました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1203296.html
さらに昨日は、ルールを守らない人を責めて良いものかどうかを
書いてみました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1204509.html
ということで、ここ数日、私の人間の未熟さや、人としての
器の狭さを赤裸々に白状しつつ、その経験から何かしら読者の
方の役に立てそうな事を探しつつメルマガを書き続けております。
そして、それに併せて、皆さんからも、ご自分の考えや想い、
意見など、たくさん寄せて下さいました。
そして、その皆様の行為によって書いて頂いたメッセージを
読んでいて、私は、もうひとつ、人間として器の小さいところに
気がついてしまったのです。
それは何かというと、
■ アドバイスのメッセージを、素直に受け止められなかった
ということでした。
なにせ、男性に罵倒されたことで腹が立っていたものですから、
受け入れられるメッセージは、
■ 水野は悪くない。悪いのは男性の方だ
というメッセージだけ。
いろいろ私に気を遣って下さいつつも、
「相手の男性にも、もうちょっと配慮があったら良かったですね」
なんて書かれたら、それはそうかもしれないが、だけど云々と
反論する気持ちが芽生えてくる。
気を遣って書いてくださったものでもそうなんですから、
あんたは間違っている、といったきり出し方で書かれた
アドバイスなんかは、もうすぐに目と耳と心のシャッターを
下ろしてしまい、ぷいと横を向く始末。
その後、怒りが落ち着いてきてから、皆さんそれぞれのご意見や
アドバイスも何とか腹に収めることが出来ましたが、それでも
かなりの努力が必要だったのは事実でありました。
いやあ、こんな事書いちゃうと、メッセージを寄せて下さった
方達に対して、すごく失礼だと思うのは重々分かっております。
気を悪くされた方がいたらごめんなさいね。
そんな、ともすれば失礼で、怒られかねないような話でありますが、
それでもなお、人の好意を受け取れない、了見の狭い人間である
私を今回は見せておきたかったんです。
なぜなら、
■ よかれと思ったアドバイスで人間関係を悪化させる
事が、自分自身でもかなり体感できたからなんですよね。


━━━━━
● 人に嫌われるアドバイス・喜ばれるアドバイス
─────
私自身、講師業という仕事を選ぶくらいですから、
人に対してアドバイスをすることは、結構あるわけです。
それに、昔からいろいろと知っていることを人に教えたり
することは好きでしたから、友人や同僚達にアドバイスを
することが多かったんですよね。
しかし、振り返ってみると、アドバイスをすることで、
とても喜ばれることもあるけれど、人間関係が悪くなる
ことも少なくなかったんですよね。
私自身は相手のためによかれと思ってやっている訳ですし、
振り返った今考えても、アドバイスの内容は、それほど
間違ったことも言っていない。
だけど、喜ばれたり、煙たがられたりと、両極端な
結果が出てくるわけですよね。
その理由が、今回の件で、骨身にしみて理解できたんです。
それは何かというと、
■ アドバイスを求めていない時にされると不快になる
ということ。
数日前の私は、ただただ腹を立てていただけで、アドバイスが
欲しいなどとはこれっぽっちも思っていなかったわけです。
そんなときに寄せられるアドバイスは、正直いって、
いらんお世話であり、ほっといてくれ、と感じて
しまうわけです。
何度も言いますが、今はありがたく受け止めさせて頂いてますよ。
でも、そうやってアドバイスを受け止めるためには、
■ 受け止められるだけの心の準備が必要
なんですよね。
だから、逆に言うと、喜ばれるアドバイスとは、相手に
受け入れ体制が整っているときに行われるということで、
それはつまり
★ 相手から質問されたときにアドバイスをする
というのが、喜ばれるアドバイスとなるわけです。
そもそもアドバイスとは、相手の今のやり方や考え方に対し、
こんなやり方、考え方もあるよ、と伝えるわけですよね。
ということは、ある意味、今の相手をどこか否定するところが、
出てきてしまうんですよね。
だから、自分が求めていない状態で他人からアドバイスされると、
■ 自分が間違っているとこの人に思われている
と感じてしまう可能性もあるわけです。
こうなると、アドバイスされる側はおもしろくないと
感じる人も出てくるでしょうし、煙たがる人がいても
おかしい話ではありません。
私自身も、今回のアドバイスの中で、
「『隣の男性にも気配りされた方が』って、まるで俺のことを
気遣いの出来ないダメ人間のような言い方しやがって!」
と、書いてくださった方はそんなこと毛頭思ってもいない
様なことすら、感じてしまって腹を立ててしまったんですから。
もうね、こんな自分を赤裸々に書いていると、ほんとに情けなく
なってくるんですが、でも、そのときはそう思ってしまったから
仕方がない。
(メッセージくださった方、気を悪くされないでくださいね)
で、たぶん私ほどではないにせよ、アドバイスを自分否定の
様にとらえる人って、結構いると思うんですよね。
しかし、アドバイスをする方は、相手のためを思って、という
気持ちもあるせいか、素直に自分の話に耳を傾けない人間を
みてしまうと、
「せっかくおまえのためを思って言ってるのに」
といういらだちが芽生えてきて、その結果、アドバイスを
受け取らない人間の器の狭さを責める気持ちが湧いてしまい……
で、結果的に非常に気まずい人間関係ができあがる、
というわけであります。
ということで、今まで自分がよかれと思ってやってきたことが
実は相手の気を悪くしていたということに、今回気づいたことを
シェアさせて頂きます。
でも、しつこく言いますが、今では皆さんのアドバイスを、
ありがたく受け止めさせて頂いていますよ。
だから、気を悪くなさらないで下さいね。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
今日のトーク術・まとめ
求めない人にアドバイスをすると、関係悪化の原因となる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
しかし、相手がアドバイスを求めてこないけれど、どうしても
アドバイスをしたい、というときは、一体どうしたらいいでしょうか。
「いや、そんなに無理にアドバイスしようとせんでも」
と思う人もいるかもしれませんが、私も含め、アドバイスを
したがる人は、こういう気持ちって、なかなか押さえられない
んですよね。
ということはつまり、
■ アドバイスをする、というのは相手のためでなく自分のため
なんですよね。
そんな自分勝手なわがままな気持ちを、「相手のため」という
ウソで塗り固めるから、話がおかしくなるんですよね。
だから、人にアドバイスをするときは、
「ごめん! 俺の勝手なわがままにつきあわせてしまって申し訳ないが
一言あなたにアドバイスさせてくれ!
別にこれは、あなたのためとか、そんなんじゃ無くって、
単に俺の自己満足を満たしたいためだけなんだ!
だから、これから言うアドバイスは、受け入れてくれても
くれなくても、どっちでもいい!
ただ、聞いているふりをするだけで良いから、この俺の
押さえきれないアドバイス欲をみたしてくれぇぇぇぇ!!」
という前振りをした上でやったらいいと思います。
ここまで言われたら、相手もあきらめて、不快な気持ちも
さほど持たずにつきあってくれると思いますが、どうでしょう?
ちなみに、このメルマガ書いている根底に流れる私のマインドも、
上に書いたようなものであります。
基本的に、自分では、
■ 自分のアドバイス欲を満たすために、読者の方をつきあわせている
という気持ちでおります。
けっして、読者のためを思ってとか、そういうことが欲求のベースに
あるわけではないんですよね。
ただただ、自分の好き勝手なわがままであります。
もちろん、そういうわがままにつきあわせるわけですから、少しでも
役に立つもの、おもしろいものを書こうとは思っています。
でも、基本的には、しゃべりたがり屋のただのおっさん
なのであります。
そんな、器の小さい、了見の狭い、しゃべりたがりのおっさんに
つきあってやってもいいや、という方は、これからも引き続き
こちらのメルマガでのお付き合い、よろしくお願いいたします。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
→ http://clap.mag2.com/maedroutri?20100623
※コメントも書けるようです。
なかなかお返事ができませんが、
もし良かったら一言声かけて下さいね。

┌───
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
→ http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
7月27日開催分、募集開始しました!
┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
DVD教材はこちら
→ http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
書けるようになりました。その『あること』とは・・・
「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
詳しくはこちら
→ http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t

━━━━━
● 編集後記
─────
iphoneの新しいOSがついに出ましたね。
私は3GSを使っているので、結構新機能の
恩恵にあずかれると言うことで、早速ダウンロード
してみました。
で、使ってみての感想はというと!!
……使い方がよく分からない(汗)
さて、昨日の我が家の猫ブログ。
本当に伸び伸びと寝る子だこと。
→ http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100622.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
→ http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
→ http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
→ http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
→ http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
→ http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup