仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 13 view

良いものを作っているのに売れない人へ

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
6月分は早々に満席となりました、1分間自己アピール講座。
7月開催が27日に決定しました。
自分のことをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、ある映画化されたテレビドラマの裏話を
ご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 私の人生を変えてくれた番組が……
─────
先日、ちらっと編集後記で書きましたが、アメリカの
テレビドラマ「フライング・コップ」が、DVDになって
発売されました。
実は、このドラマ、私が映像制作の道に進んだきっかけに
なったと行ってもいい、思い出深い作品なのであります。
と言うからには、さぞ感動的で素晴らしいドラマかと思われる
人もいるかもしれませんが、さにあらず。
刑事物のドラマという形にはなっていますが、その内容は、
実にばかばかしく、ナンセンスなギャグドラマなのであります。
本当に、「くだらない」の一言で片付けてしまうのもいいと
思うんですが、くだらないことに、ここまで徹底して取り組む
作品を見たことがなかったので、本当に新鮮な驚きだったん
ですよね。
でも、このドラマ、実はあまり有名ではありません。
多分、見たことある人もほとんどいないんじゃないかな。
でも、きっと、「裸のガンを持つ男」と言う映画タイトルを
出したら、知ってる、または見たことある、と言う人も
出てくるんじゃないでしょうか。
実は、この「フライング・コップ」というのは、この映画の
原案とも言われているものであり、実は「裸のガン」で使われた
ギャグのほとんどは「フライング・コップ」の中ですでに
完成されていたものばかりです。
「裸のガン~」は、大ヒットを飛ばし、合計3作品が公開され、
主役のレスリー・ニールセンは、この映画で一躍有名になりました。
また、日本では、堂本剛さんが主演のテレビコメディドラマ
「33分探偵」が、ほぼこのドラマやギャグの枠組みをなぞって
作られていました。
このドラマも、深夜の割にかなりの視聴率を獲り、パート2も
作られていましたね。
更に言うなら、この番組、テレビ界のアカデミー賞とも言われる
エミー賞で、コメディ・シリーズ部門で最優秀主演男優賞と
最優秀脚本賞にもノミネートされるほどのクオリティでした。
ということで、人気映画や番組の元となった「フライング・コップ」
は、さぞ人気番組だったのだろう、と、普通なら思いますよね。
でも、実はこのドラマ、不人気ということで、6回で打ちきりに
なってしまったんです。
なぜ打ちきりになってしまったのか、そして、打ち切りになったのに、
なぜ映画ではヒットしたのか。
その理由を、レスリーニールセンは、こう語ってくれました。
 
 


━━━━━
  ● 良いものを作っているのに売れない人へ
─────
良いものならば世間に受け入れられる、と考えている人は
結構多いんじゃないかと思います。
もちろん、これは基本的には正しいのですが、実際は
どうかというと、いいものでも世間に受け入れられない
ものって、結構ありますよね。
私自身も、自分でビジネスをしておりますが、私の場合、
商品自体も自分で作っていますので、どうしても質の
いいものに拘って作りたいと思うわけです。
しかし、そうやって質を高くしたものが、必ずしも売れるか、
そして万人に満足されるか、といったら、必ずしもそうでは
ないわけです。
当然ながら、品質以外の所も、売れるか、受け入れられるか
という事については、非常に重要になるわけですよね。
今回の「フライング・コップ」も、ばかばかしいとはいえ、
番組そのものの完成度は極めて高かった。
私なんか、初めてビデオで見たときに、速攻でダビングして、
もう何十回も繰り返し見ては、腹を抱えて笑っていましたから。
それくらい、密度の濃い、そして目が離せないような、細かく緻密で、
かなり計算され尽くされたギャグのてんこ盛りだったわけです。
しかし、全6回で終わったのは、まさに、このクオリティの
高さが原因でした。
というのも、お茶の間では、片手間にテレビを見る人も多く、
これだけ高密度のギャグが盛り込まれても、全部をきちんと
見るわけでもなく、それゆえによく分からないドラマ、と
いう認識をされてしまったそうなんですよね。
ということで、このドラマ、あえなく6回で終わって
しまったのですが、この話で思うに、いいものを作ろうと
するだけでなく、
 ★ お客様をリアルにイメージして、それに沿うものを作る
という考え方も、とても重要なんですよね。
でも、私もそうなんですが、物作りに拘る人は、ついつい
 ■ 作り手の都合や考えを、お客様に押しつける
事をやってしまいがち。
気をつけたいものです。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  良いものだけでなく、お客様に求められるものを作る視点も持とう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ということで、この「フライング・コップ」、打ち切りになって
しまったのですが、主演のレスリー・ニールセンが、せっかく
これだけの完成度の高い作品を、これで終わりにさせるのも
もったいない、という思いに駆られ、何とか新たな作品が
作れないかと考えたそうです。
その時、ながら族でテレビを見る人達に受けが悪かったのなら、
逆に、一心不乱に画面を見つめ続けるような人には受けるだろう、
と思ったらしく、だったらこれを映画化にしてみたら、と思い
ついたそうです。
視聴率こそ取れなかったものの、テレビのアカデミー賞と
言われているエミー賞では、主演男優賞や監督賞にノミネート
されるほどの評価は受けていました。
ということで、なんとかパラマウント配給で映画化することが出来
狙い通りに観客に大受け、そして、世界的な大ヒットを飛ばす
事になったわけです。
このお話は、お客様を知り、それに合わせることも大切ですが、
自分の商品を求めてくれる客様を見つけ出し、その人達に売る
ことも出来る、ということを教えてくれます。
もしあなたがご自身で商品を作るビジネスに取り組まれているなら、
このお話を是非参考にして下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100624
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
    7月27日開催分、募集開始しました!
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、福島先生の講演会に行ってきました。
ここ一連のメルマガでもご紹介した通り、自身の未熟さに気落ちして
いましたが、話を聞いて、自分を磨くヒントをたくさん頂きました。
また今日から、気持を仕切り直していきたいと思います。
福島先生、ありがとうございました!
さて、昨日の我が家の猫ブログ。
おかあちゃん、勇気ある。私には出来ません……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100623.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup