仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 13 view

羽生名人に学ぶ個性の作り方

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
コーチ・コンサル・士業での独立を目指す方で、セミナーを
ご自身のビジネスに取り込んで行くことに興味のある方向けの
セミナーを開催します。
最初の事業に失敗し、全くのゼロから、セミナー一本で
立ち上がってきた、私自身の経験をベースに、セミナーを
活用して、着実に自身のビジネスを成長させる方法について
お伝えいたします。
将来、プロの講師になりたい、という方も含め、セミナーや
講師業に関心ある方や、将来自分を看板にした形で独立したい
という方は、是非いらして下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/sembegin/index.php
※残席6名です!
さて今日は、先日見ていたテレビで、なるほどなと思ったお話を
ご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 希代の名棋士・羽生名人
─────
先日、「爆笑問題のニッポンの教養」という番組を見ていたら、
羽生名人が出演していました。
羽生善治さんといったら、将棋を知らない人でも、その名前を
知らない人はいないというくらいの有名人。
1988年のNHK杯戦で、大山康晴、加藤一二三、谷川浩司、中原誠
といった当代の名人をことごとく撃破し、その年、わずか18歳で、
最優秀棋士賞を受賞しました。
このときから、将棋を知らない人も、彼の名を知ることとなり、
トレードマークの寝癖もあいまって、国民的な人気者に
なりましたね。
そんな羽生さんも、今ではもう40歳。
戦歴は1100勝を越え、通算タイトル獲得数も75で、故・大山康晴氏
に次いで歴代2位と、今なお将棋界の王者として君臨しています。
そんな羽生さんに、爆笑問題が迫る、というのですから、
面白くないわけありません。
実際、番組は非常に興味深い話が多く、もうメルマガを何本も
書けるほどの内容であったのですが、その中でも特に印象
深かったのが、個性についての話でした。
 
 


━━━━━
  ● 羽生名人に学ぶ個性の出し方
─────
太田さんは、若い人達から、よく
「個性ってどうやって持ったらいいか分からない」
と聞かれるそうです。
羽生さん自身も、実に個性的なうち回しをするために、
「羽生マジック」とか「羽生ゾーン」といった言葉が
将棋界では語られているそうです。
そういった羽生さんは、個性というものをどう捉えているか。
関心を持った太田さんは、それについて、話を振ると、
羽生さんはこう答えました。
「私は基本的にオーソドックスな打ち方をします。
 序盤には、定跡というものがありますし、将棋はルール
 という制約の中で 打っていくしかないわけですから。
 ただ、手が進んで行くと、答がない、というか、
 答が分からないときが出てくるんです。
 この混沌とした状態の時に、自分が何を選ぶか、
 ということが個性だと思うんですよね」
この話を聞いて、太田さんは深く納得されていたようでした。
いやあ、私もこの話を聞いて、幾多の勝負をくぐり抜けてきて、
さらに高みを目指していく人の言葉は違うなあ、と感服した
のでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   個性とは、混沌としたときに何を選ぶかということから現れる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
個性が大事だ、大切だ、という人も多く、もしかすると
あなたも、自分の個性というものを模索しているかもしれません。
しかし、羽生さんの言葉を聞くと、確かに自分の中に個性と
いうものはあらかじめあると言えるかもしれませんが、それ以上に
 ★ 自分が何を積み上げてきたのか
ということこそが、個性たらしめるのではないか、と思うのです。
人間は、生きていくうちに、混沌とした中で決断を迫られる
状態が多々あります。
その時に、分からないながらも、あえて決断を下し、その決断の
結果がどうあれ、それをきちんと受け止めながら生きてきた人は、
非常に個性豊かな人間となるのでしょう。
逆に、混沌としているという理由で、決断を先送りにしたり、
保留をすることばかり選んでいる人には、他人を魅了する
個性というものは生まれないのかもしれません。
もしあなたが、人から認められるような個性を持ちたいと
思うのならば、羽生名人のこの言葉を受け止め、混沌に背を
向けず、しっかり向かい合って決断することを心がけては
いかがでしょうか。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100708
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 末永く、高い収益を生み出すセミナーを企画する3つのポイントとは?
      ★☆★☆  高収益セミナー企画講座  ★☆★☆
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
         ※ 7月23日まで10,500円割引!
┌────
● コーチ・コンサル・士業で独立を目指す方へ
自分のブランドを創り上げ、高品質なサービスに育てるための
誰にでも取り組める、具体的な方法とは?
 → http://sp.m-stn.com/seminar/sembegin/
    次回開催は7月16日。残り8名です!
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
   8月6日開催分募集開始! 7月27日開催分はキャンセル待ちです!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
JRAがとんでもないことやってくれました。
個人的には、こういう事は是非やめて頂きたい。
時間を返して欲しいです。てか、また見てしまいそうです。

犬の首輪専門店JRA


無駄な時間を使いたくない人は絶対に見ないように。
あと、音量注意、であります。
さて、昨日の我が家の猫ブログ。
都市伝説の使い方、合ってるのかな……?
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100707.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup