仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 12 view

読者からの悩み、あなたはどう答える? <完結編>

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
【1分間自己アピール講座】の次回開催が
8月6日に決定しました。
自分をアピールすることが苦手だ、抵抗がある、という人こそ
是非聞いて欲しい内容です。
必ず、ストレス無く自己アピールできるようになるという、
その考え方と方法を、3時間かけてお伝えします!
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、二日続いたアドバイスのお話の、
いよいよ完結編であります。
では、早速参りましょう!
 
━━━━━
  ● 一冊の本を読んだSさんからのお返事
─────
一昨日、昨日とかけまして、ある読者の方から寄せられた
ご相談について、皆さんと一緒に色々と考えてきました。
【読者からの悩み、あなたはどう答える? <前編>】
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1225196.html
【読者からの悩み、あなたはどう答える? <みんなと私の回答編>】
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1226046.html
そして、昨日のメルマガでも書いたとおり、アドバイスをする
言葉がなかった私が、その代わりに、と言って、一冊の本を
紹介しました。
その後、3週間ほど経ったある日、こんなメールが
Sさんから送られてきました。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
お世話になっております。
先日、ご相談をさせていただいたSです。
お礼を言いたくてメールさせていただきました。
ご紹介いただいた「自分の小さな「箱」から脱出する方法」
を読みました。
面白いほど、私は本の主人公の「私」と同じ気持ちになりました。
私が言っていたことは正論だったけれども
箱の中から攻撃するようにそれをぶつけたのだと。
正論を正しくない方法で相手に伝えたために
父もまったくもって素直に聞く気にはならなかった
のだなぁとしみじみ思いました。
読み終わった後、読み落としたところがないか、
もう一度読み直しました。
読む前とはぜんぜん違う気持ちになり、週末に父に
会いに行きました。
かれこれ最後に口論をしてから、2ヶ月たっていました……
 
 


━━━━━
  ● Sさんとお父さん、2ヶ月ぶりの対面の結果は……
─────
実家へ帰ると、たまたま父ひとりが家にいました。
父は普通の態度で私を迎え入れ、私も普通に最近の話をしました。
そして、1 時間くらい二人で近況を話したあと、私が
「あの時、あんな大声で、みんなの前で喧嘩することなかったよね。
 ごめんね。」
と言うと、父は
「お父さんも気になっていたんだ。運転する 4 時間も前の、
 たった少ししか飲んでいないビールをあんなに強く言われ
 たのでかっとなったんだ。
 でもきっと、世の中の常識はもうそれでもだめってことなんだよな。
 昔とは違うんだな。
 お父さんこそ悪かった。注意してくれてありがとう」
と言い、手を出して握手を求めました。
あんなにわからずやだった父が、こんなに素直に謝るなんて
信じられませんでした。
私はすっかりすっきりした気持ちになり、二人でビールを飲みました。
二人の怒りが時間がたって静まっていたこと、
あの本を参考に相手の気持ちに立って話すようにできたこと、
素直に自分の非(正論を振りかざして攻撃してしまったこと)を
認められたことでうまくいったのかな、と思います。
その後帰ってきた妹が、会社の人間関係で悩んでいたので、
あの本を渡して帰ってきました。
水野様にはよいアドバイスと、すばらしい本を紹介していただき、
とても感謝しております。
本当にありがとうございました。
ご迷惑とは思いつつも、ご相談してよかったと思います。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     相手を心底受け入れることで、驚くほどに相手が変わる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
このお返事は、私自身も正直驚きました。
まず、Sさんが、軽蔑しそうとまで言っていたお父さんに対して
正論をぶつけたことを、心から悪かったと思って謝罪した、
ということに。
そして、頑固で分からず屋で人の話も聞かないような
お父さんが、自分の意志で、Sさんに謝った、ということに。
まさかそれはあり得ないだろう、と。
しかし、結果は、ご覧の通りでありました。
これは、とにもかくにも、Sさんご自身が、お父さんに対して
申し訳ないことをしたと、本当に心から思ったこと。
お父さんの、かたくなな態度も、自分の接し方が引き起こして
しまったということを心から認め、お父さんに申し訳ないと
謝ったことによって得られた結果でしょう。
そこに、でもお父さんだって悪いわよね、といったような
部分否定すらなく、お父さんを一切否定せず、ありのままを
心から受け入れているように私には見受けました。
その上で、お父さんを怒らせたのは自分のせいだ、という
気持ちを純粋に持って、謝っているように思うんですよね。
相手の行動・言動を、100%自分に原因があって
引き起こしてしまったと受け入れた上で、だから
自分に非があったと本気で思って謝罪した。
このことに対して、私はつくづく思い知らされました。
相手を受け入れ、肯定するというのは、口で言うほど簡単な
ことではないけれど、それが本当に出来たら、これほどの
関係改善が図れるんだなあ、と。
たぶん、相手を受け入れているつもりなのにうまくいかない、
と言う人たちは、ご本人は気づかないのかもしれませんが、
たぶん、表層的で、テクニック的な形で受け入れたふりをして
いるんでしょうね。
だから、自分の働きかけに対して、相手が起こした行動に納得が
いかないと、相手を批判するような気持ちが芽生えてしまうの
でしょうね。
だから、まずは相手を受け入れることが大切で、そしてこれは、
 ★ 自分が他人にアドバイスをするときにも必要なマインド
だと思うんですよ。
今回、私がSさんにアドバイスが出来なかったこと、昨日までは
理由がよくわからなかったんですが、このメールをさらに深く読み、
さらに、皆さんから寄せられたアドバイスを読んでいくうちに、
 ■ 私はSさんを受け入れきっていたとは言えなかったな
と気づかされたんです。
今のSさんの心情では、正論を言ったとしても伝わらない
だろうと思ったことが、実は、その状態にいるSさんのことを
きちんと受け止めることを、無意識のうちに避けていたの
かもしれないと気づかされたのです。
このことを無意識のうちに感じていたんで、私が直接
アドバイスをしない方が良いと、思ったんでしょうね。
今回の件を通じて、またまた自分の未熟さに気づくことが
出来、また精進する道が見えたことをありがたく想い、
気づきのヒントを与えて下さった、アドバイスを寄せて
頂いた皆さんに感謝致します。
そして、今回のメールを送ってくださったSさんに、
謝罪の言葉と、さらに大いなる感謝の気持ちをお伝え
したいと思います。
Sさん、あのときのSさんを受け止めきれなくてごめんなさい。
そして、大切なことに気づかせてくれて、どうもありがとうございます。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100716
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● コーチ・コンサル・士業で独立を目指す方へ
  自分のブランドを創り上げ、高品質なサービスに育てるための
      誰にでも取り組める、具体的な方法とは?
  → http://sp.m-stn.com/seminar/sembegin/
      ※ 次回開催は8月14日
┌────
● 末永く、高い収益を生み出すセミナーを企画する3つのポイントとは?
      ★☆★☆  高収益セミナー企画講座  ★☆★☆
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
         ※ 7月23日まで10,500円割引!
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
アメブロ本格稼働2日目が、無事終了しました。
余り無理をせず、一日ひとネタずつ投稿しております。
昔の私は、ガンガン最初に飛ばしすぎてしまい、
すぐにへたばったり、または飽きてしまったりして、
続かないことが多かったんですよね。
だから、今回は、ゆっくり積み上げていこうと思ってます。
ということで、皆様もしみじみとお付き合い下さいませ。
ということで、昨日の我が家の猫ブログ。
啓介は、デブのくせに結構俊敏です。サモ・ハン・キンポーみたいですな。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100714.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup