仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 28 view

ハーレーダビッドソン社員のロイヤリティ

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
コーチ、コンサルタント、カウンセラー、士業の方などで
これからセミナーをビジネスに取り入れていきたいという方
向けに、セミナーを開催いたします。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/
 ※ お申し込みは本日一杯!
さて今日は、先日テレビを見ていてびっくりしたことについて
お話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 私の将来の夢
─────
私は余り高額なものに対しての物欲がない方でして、
家は賃貸の方が気楽で良いと思っていますし、
良い車に乗りたいと言う気持ちも全くありません。
しかし、ひとつだけ、欲しいなあ、と思っているものが
あるんですよね。
それは、ハーレーダビッドソンのバイク。
50歳を過ぎたら、サングラスに革ジャンを着て、
ハーレーに乗ってツーリングに行く、と言うのが
密かな夢なのであります。
あのバイクは、40代で乗るのは、個人的にはちょっと早い。
50代になってから、バリバリに決めて乗るのが良いんじゃないか、
なんて思っているんですよね。
そのときには、肩の辺りにでもハーレーのロゴのタトゥーを
入れたりなんかして、夏場あたりは、袖無しの革のチョッキを
着て、そのタトゥーをチラ見せしながらかっ飛ばしていこう、
なんて想像したりして。
ということで、時々バイク雑誌なんぞを手にとっては、
4年後の自分の姿を思い描きつつ、にんまりするのであります。
そんなとき、ケーブルテレビでハーレーダビッドソンの
工場に潜入する、と言うドキュメンタリー番組が放送される
ことを知りました。
もちろん、50歳にして不良デビューを決めるつもりの私は
見逃せるはずはありません。
早速その番組を録画し、食い入るように見たのですが、
その映像を見て、
 「やっぱりハーレーってすごいなあ」
と改めて思わされたのでありました。
 
 


━━━━━
  ● ハーレーダビッドソン社員のロイヤリティ
─────
ハーレーダビッドソンは、非常に秀逸な企業であると言われています。
技術的な点はもちろん、マーケティングの観点からも、他の
バイクメーカーとは違うアプローチを取っているせいか、
ユーザー同士の交流もあり、顧客達のハーレーに対する
ロイヤリティの高さが伺えます。
そして、これは従業員達にも言えるんですよね。
そのときに見たドキュメンタリーでは、ハーレーを作る
工場内部の製造工程を紹介していました。
ハーレーは、量産型のマシンとは違い、かなり手作り的な
要素も多く、工場の中では、たくさんの従業員が、組み立て
作業を行っていました。
その彼らの風貌は、まさに
 ★ ハーレーのバイクがよく似合う顔つき・体つき
だったんですよね。
それだけでなく、さらに驚いたことには、
 ★ ハーレーのタトゥーを入れている
従業員が少なくなかったことです。
腕や足に入っている、ハーレーのロゴのタトゥーを
得意げにひけらかしながら、彼らは本当に楽しく、
そしてプライドを持って働いていたんです。
彼らの働く姿、ひとりひとりに
 ★ ハーレーを作っているのは俺なのだ!
という、自信というか、プライドというか、
そういった「想い」というものをみなぎらせながら、
働いているように、私には見えたんですね。
さて、翻って私たちは、自分たちが働く会社や商品のロゴを、
自分の体に一生残るようなタトゥーを入れるくらいの思い入れを
持ちながら、日々働いているだろうか。
ひげもじゃや長髪の、ヒッピーにしか見えない、それでも
真剣にバイクを作り上げていく、彼らのタトゥーを見ながら、
そんなことを考えてしまったのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
あなたは会社のロゴをタトゥーにするほどの思い入れを持って働いているか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
先ほども書きましたが、ハーレーのビジネスモデルは、最近特に
注目されてきているようです。
ハーレーのことが書かれたビジネス書も数冊出ていますし、
ハーレーダビッドソンジャパンも、大型バイクで国内シェア
ナンバー1という偉業を達成し、その手腕の評価も高いようです。
これを、他の会社が、マーケティングやセールスの部分だけを
ピックアップしてまねようとしても、うまくいかないでしょう。
やはり働く人全員に、会社、と言うより、ハーレーというブランドに
高いロイヤリティの意識を持ち、ハーレーが実現するビジョンを
皆が強く意識をしているからこその結果だと思うんですよね。
一生消えない印として、自らの体に会社や商品のロゴを彫り込み、
そのタトゥーを、常に誇らしげに見せるだけの仕事の取り組みが
出来ているか、また、そのマークと生涯添い遂げていけるだけの
想いや愛情があるか。
この質問にYESと答えられるビジネスパーソンは、
幸せな人生を送ることが出来るのでしょうね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100729
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● コーチ・コンサル・士業で独立を目指す方へ
  自分のブランドを創り上げ、高品質なサービスに育てるための
      誰にでも取り組める、具体的な方法とは?
  → http://sp.m-stn.com/seminar/sembegin/
         ※ 次回開催は8月14日です!
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
       8月6日開催分募集開始 残席8名です!
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
相変わらず、誤字や脱字が多いメルマガで、皆さんに
ご迷惑をおかけしております。
が、昨日のメルマガは、今まで以上に輪をかけて
皆さんにご迷惑をおかけしました。
と言うのも、一部の文章が文字化けをしてしまいまして、
しかも、そこが一番肝心なことを書いたところだった、
と言う有様でして。
と言うことで、文字化けをしていたところ、正しくは
★ 多くの友人や仲間を作るよう、日々情報を発信していく
であります。
文字化けした原因は、どうやら環境依存文字を
使ってしまったことのようです。
「なかま」と打って変換したんですが、なぜか仲間の「
間」の字が、門構えの中に月という時で変換してしまい、
その文字以降がおかしくなって表示されてしまった、
と言うことのようです。
ということで、お騒がせしましたが、上記一文を
昨日の文字化けのところに適用してお読み下さいませ。
お手数おかけしてすいません。
さて、昨日のかみさんの猫ブログ。
あつみ♂は、最近1回しか返事してくれません。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100728.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

popup