仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 17 view

中国陸軍の上官が取った行動

おはようございます。
水野です。
本編の前にお知らせを。
コーチ・講師・コンサルタント・カウンセラーの方
またはその業界を目指している方向けのセミナーです。
自分の商品・サービスの単価が倍増し、かつお客様が今まで以上に
満足し感謝される、品質向上のための具体的手法が学べるセミナー
 ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
が、12月25日のクリスマスに開催されます。
自分の強みは、自分一人で考えていても見つかりません。
他人の頭を借りて、お金を稼げる強みを見つけてください。
詳しい内容はこちらをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/
  ※ あと1名、明日いっぱいで締め切りです!
さて今日は、月曜日にお送りしたお話に対して、
さらに深掘りしたお話をお伝えしたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● ドジな新米兵隊の、笑えない失敗
─────
毎年この季節になるとテレビでは各局とも、「2010年○○大賞」
と銘打った番組を放映しますね。
昨日の朝も、フジテレビの「とくダネ!」で、衝撃映像
の特集を流していました。
笑えるものからドキリとするものまで、たくさんの映像が
放映されましたが、このての番組は私も好きなんですよね。
その中で、私の胸を打った映像がひとつありました。
youtubeにも、同じ動画がありましたので、ぜひ
こちらをご覧下さい。
 → http://goo.gl/KDOAY
ごらんになれない方のために、簡単に解説しておきましょう。
それは、中国陸軍の訓練時に、新米の兵隊が、本物の手榴弾を
囲いの中から遠くに投げる、という訓練風景。
ある一人の兵隊が、手榴弾を投げるのですが、投げ方を
失敗してしまい、囲いの無効に投げるはずの手榴弾が、
囲いの壁にぶつかり、新米兵隊の足下に転がってしまいました。
幸い、囲いの中は、迷路のようになっており、教官の
誘導により、手榴弾の影となる壁の向こうに逃げることが
出来、無事に助かりました。
ひやっとしながらも、みんな無事だったおかげで、
「全くドジな新兵だなぁ」
と、ほっとした動画だったんですよね。
実はこの動画、私も半年前に見たことがあり、
その時も、そんな軽い感じで見ていたんです。
しかし、今回見た映像の中には、私が見た映像とは
違った角度から撮影した映像も流れていたんです。
そして、それを見たとき、思わず胸が熱くなって
しまったんですよね。
それはなぜかと言いますと……
 
 


━━━━━
  ● 中国陸軍の上官が取った行動
─────
皆さんにも見て頂いた映像は、私が半年前に見たものと
同じですが、この映像だと、手榴弾を投げ損なった後、
教官が新米兵を引っ張って誘導したことしか分かりません。
しかし、別角度の映像を見ると、上官は新米兵を壁の反対側に
引っ張っていった後、
 ★ その場に新米兵を押し倒し、上から覆い被さった
んですよ。
つまり、手榴弾の爆発から、身を挺し、命がけで
新米兵を守ったんですよね。
別角度の映像では、その一部始終が移っていました。
投げ損なって呆然とした新米兵を、素早く現場から
引きずり離し、そしてすかさず安全な場所に彼を
送り出し、そして、さらにその上から、大きく
覆い被さって、しっかりと守ろうとする上官の姿。
これが映し出されたとき、私は、
 ★ ああ、これが上に立つものがとるべき姿なんだ
と思ったんですよね。
部下のミスに適切に対処し、なおかつ、命がけで
部下を守ってやる。
どんなミスをしたとしても、そういう対応が
出来る、ということが、上に立つ人間は必要
なんだろうな、と思ったんですよね。
もし自分だったら、と思うと、もちろんそういう行動を
取るつもりはあります。
しかし、今回の上官のように、自らの命すら危険に
さらされるようなミスを部下が犯したとき、果たして
適切に対処するだけでなく、自らの命をかけて、その
部下を守ることが、とっさに出来るのだろうか……
そう思うと、その姿、その覚悟に、私は感動して、
胸が熱くなってしまったんですよね。
そして、私も是非かくありたいと、強く思ったので
ありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     部下がミスしたとき、部下を命がけで守れるか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
上司したるもの、部下の責任を背負い、部下を守り育てるもの。
おそらく、ほとんどの上司の方達は、これくらいのことは
頭では分かっているはずです。
しかし、もしこの上官の立場に立たされたとき、彼と同じ
行動が取れるかどうか怪しいという人は多いのではない
でしょうか。
しかし、もし同じ状況に置かれたとしても、相手が
部下ではなく、自分の子供だったとしたらどうでしょう。
そうであれば、きっと全員が、この上官と同じ行動を
取るだろうと思うんですよ。
ということは、この上官の行動は、上に立つものとして
どういう行動を取るべきか、という理解に基づいて
取ったものではなく、
 ★ とっさに守ってしまうほどの人間関係を築いていた
とい言えるんじゃないかと思うんですよね。
部下は分かりませんが、少なくとも、上司は、自分の
子供と同じような気持を、部下達に持っていたんじゃ
ないかと思うんです。
そうじゃないと、とっさの状況で、あんな行動を
取ることは出来ないと思うんですよ。
翻って、自分の身として考えた場合、部下達を、
自分の子供のように愛し、育んでいるだろうか。
この上官のような立派な態度が取れるかどうかは、
そこにかかっているのかもしれません。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101222
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
一昨日のメルマガで、「奇跡の営業所」をご紹介しつつ、
部下を育てるということについて考えてみました。
【優秀な部下の育て方】
 → http://goo.gl/VyJBJ
このメルマガは、結構本気で読んでくれた方が多かった
ようで、紹介した著書の「奇跡の営業所」も、かなりの方が
購入して下さったようです。
本当にこの本はいい本で、心が洗われ、働く元気が
湧いてくるんですよね。
→ http://goo.gl/fLFfa
また、この本の元になった連載記事は、こちらから
読めますので、そちらも併せて読んで下さい。
本には書いていなかった、もうひとつの奇跡の話も、
こちらには載っていますので。
 → http://goo.gl/Lk470
  ※ 下の方から淳に読んで下さい
ただ、この本のテーマそのものは、人材育成について
語っているというより、「諦めないことの素晴らしさ」
なんですよね。
それを懸念したのか、その本の著者であり、友人でもある
森川さんから
「人材育成の観点からであれば、著書と併せて
 こちらも是非見て欲しい」
というお話を頂きました。
それは、この物語の主人公である所長のモデルになった、
吉見範一さんと、著者の森川さんとの対談動画。
ここでおふたりが、組織作りと人材育成という視点から
 ★ どうやって「奇跡の営業所」を作るのか
ということについて、踏み込んで語っています。
実に見応えのある内容で、私も大変勉強になりました。
ですから、一昨日のメルマガをお読みになり、本を購入
された方は、是非、この動画も併せてみて下さいね。
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup