仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 14 view

求めるのは先か後か

おはようございます!
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
本年初の1分間自己アピール講座を
1月30日に開催いたします。
自分の売りや強みをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、週末アンコール番として、2009年1月10日に
発行したメールマガジンをご紹介しましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 給与・福利厚生・待遇・etc……
─────
23歳から36歳まで、私は会社に勤めていました。
ただ、結構転職が多かったんですね。
 ・映像制作会社
 ・ソフトウエア開発会社 
 ・小売店舗経営会社
 ・会計事務所
と、数えてみると、4つの会社を渡り歩いていたんです。
その転職のたびに、私は、
 ■ 会社は私にどんなことをしてくれるのだろうか
ということを相手に求めていました。
 ・自分のやりたい仕事をやらせてくれるだろうか
 ・給料はいくらくれるのだろうか。
 ・ボーナスはいくらもらえるのだろうか。
 ・福利厚生はあるのだろうか。
 ・待遇はどうなっているのだろうか。
……と、いろんなことを求めながら、会社を渡り歩いていたんです。
入社した会社は、私の求めに応じてくれたこともくれなかったことも
あり、その都度、ホッとしたり、不満に思ったりしていました。
その後、36歳を過ぎて独立したとき、今までのそういった考えが
まったく通用しないことに、いやと言うほど思い知らされたのでした。
 
 


━━━━━
  ● 求めるのは先か後か
─────
就職・転職をするときに、多くの人は、企業がどれだけの給与や待遇、
福利厚生を保証してくれるかを気にします。
もちろん、自分自身が生活を営んでいくにあたって重要な
ことですから、大いに気にするべきでしょう。
しかし、そういった、自分に対しての保証というものは、
 ★ 会社に自分の存在が役に立った結果によって支払われるもの
ということは、ゆめゆめ忘れてはならないでしょう。
私自身、今から考えてみると、以前会社で働いていたときには、
この考えがかなり希薄だったように思います。
だから、自分が何かする前に
 ■ 先に色々なことを相手に求めてしまう
という考え方が、かなり奥深いところまで染みこんでしまって
いたんですよね。
そんな思考の癖を持ったまま、独立してしまったものですから、
本当に最初のころは本当に苦労しました。
なにせ、独立した後からは、
 ■ 先に色々なことを求めても、誰もその求めに応じてくれない
訳ですからね。
給与生活に慣れきっていた自分にとって、この事実は非常に
大きな衝撃でした。
もちろん、それなりにそういうものだと理解していたつもりなのですが、
実際にその事態に直面したときは、自分がほとんど理解も覚悟も
していなかったと言うことを思い知らされたんです。
なにせ、相手が先に要求してくることに答えなければ、ビタ一文も
お金を払ってもらえないのですから。
その要求に対しての回答も、そこそことか、これくらいでいいや、
と思っていたレベルでは、誰もお金を払ってくれないという事実
にも打ちのめされました。
ですから、最初の事業は、ものの見事にコケてしまい、その後も
1年半もの間、何をやってもうまくいかない状態でした。
そんな、うまくいかない時期を過ごしていくうちに、
 ★ 先に相手の要求に答えなければ、ビジネスは成立しない
ということを、骨身にしみて実感したのであります。
それ以来、私は、自分よりも先に相手の要求に応えていこう
という考えを持って、ビジネスに取り組むようになったのです。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  自分の要求より先に、相手の要求に応えるようにしていこう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
独立したことのある方なら、今日の考え方はきっと身にしみて
いらっしゃることでしょう。
でも、この考え方は、何も独立してから必要となる考え方では
決してないと、私は思います。
組織で働く方達にも、是非この、先に相手の要求に応える、
という思考習慣を身に付けて欲しいと思います。
私が見る限り、そういった考え方で活動している人は、
評価も高く、色々な場で求められるようになっているようです。
転職時も、先に自分の要求を先にぶつけてばかりいる人は、
自分で転職先を探しても、要求に合わない企業ばかりしか
見つからず、悪戦苦闘している人が多いように思います。
逆に、先に相手の要求に応えようとし、そして結果を
きちんと出す人は、逆に会社のほうから
「是非こういった条件で我が社に来て欲しい」
といわれる立場になっているようです。
人から求められる人になるためには、自分が求める前に、
人の求めに応じられるようになること。
こうして書くと当たり前のように見えますが、この当たり前こそが、
本当に大切なことなんでしょうね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110116
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ネットで見つけた、ボーリングのストライク映像。
ただし、特典にカウントされるかどうかは、はなはだ疑問……
 → http://goo.gl/Ho9UL
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup