仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 14 view

悔いの無いように生きるために

おはようございます!
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
本年初の1分間自己アピール講座を
1月30日に開催いたします。
自分の売りや強みをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、16年前の災害に襲われた方の手記を
ご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 


━━━━━
  ● 1995年1月16日に戻りたい
─────
380 1/2(北海道) :2008/09/11(木) 23:01:46.31 ID:+IuZYJxl0
1995年1月16日に戻りたい。
当時21の私と倫子はその日ちょっとしたことで
喧嘩をしてしまった。
明らかに私が悪い理由で。
普段なら隣同士で寝るのにこの日はひとつの部屋で
少し離れて寝た。
17日の朝、大きな揺れがあった。
あまりに大きな揺れにあわてている間に
すごい音と共に屋根などが崩れてきた。
運良く私も倫子も無事だった。
しかしお互いを確認するのは声だけだった。
二人の間には大きな瓦礫の壁があった。
私は窓の近い側だったので、隣近所の方が
瓦礫を少しどけてくれて、自力で出ることができた。
私は倫子を助けるために近所の方と合わせて4人で
瓦礫をどけようと必死だった。
倫子は、
「真っ暗で怖いけど、私は大丈夫だから」
と叫んでいた。
1時間か2時間か、時計もなく分からなかったが、
ある程度作業が進んだ。
これなら助かると思った。
しかしそのとき周りの人が
「隣の家から火の手が上がっている」と言った。
隣の家はこちらに傾いていた。
危険だと周りは言った。
皆、ピッチを上げて作業をした。
しかしそのとき、隣の家が崩れてきた。
私も周りも、その場から反射的に離れた。
そう、見捨ててしまった。
どのくらいその場にいたのか分からない。
ずっとその場にへたり込んで座っていた。
 「消防はどうして来てくれなかったんだ」
 「神はどうしてこのようなことをするのか」
 「瓦礫をどけはじめたときにもっとうまくやっていれば、
  助かったんじゃないのか」
 「見捨ててしまった・・・・・・・・・」
 「どうして自分も死ななかったのか」
こんな言葉が頭をずっとめぐっていた。
周りは「しょうがなかったんだ」と言った。
気に病むな・・・と、、、。
そんなこと、できるはずがないことは周りも分かっていただろう。
私はその言葉を聞いてから、ずっと泣いていた。
後日、瓦礫の山からともこの骨だけが見つかった。
381 2/2(北海道) :2008/09/11(木) 23:02:16.75 ID:+IuZYJxl0
たった1.5メートルの距離の差だった。
たった1.5メートルの距離の差が「1番大切な人」を失う距離だった。
16日に喧嘩したことが、素直でなかった私が、
最も失ってはならない「大切な人」を失う結果にしたのだ。
喧嘩をしていなければ、二人とも助かったかもしれない。
そうでなかったとしても、倫子をひとりにすることはなかった。
そして、見捨てることも・・・・。
私は1995年1月16日に戻りたい。そして君と一緒にいたい。
阪神大震災
経験をしていないとっては分からないことだと思う。
しかしそれはしょうがないことだとも思う。
ただ、これから1月17日に阪神大震災の話題が出たときに
いまさら・・・、とは言ってほしくない。
そういったことがあったことを知っておいてほしい。
そして今恋愛をしている人に。
あなたは大切な人を手放さないで下さい。
今すぐにでも謝れることなら、すぐに謝ってください。
後から後悔しても、すべて戻ってこないのですから。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 明日その人と永遠の別れが来ても悔いの無いつきあい方をしているか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
悔いの無いように生きよう、というのは、口では簡単に
言えるものの、実際にそう生きるのはなかなか難しいですよね。
でも、身近な人との人間関係を良い状態にすることくらいは、
心がけ次第で出来ることですよね。
特に、ケンカをしても持ち越さない、というのは、
とても大切なことだと思います。
人生というものは、本当にいつ何が起きるか分からないもの。
16年前に被害に遭われた方たちのご冥福を、改めて祈りつつ、
今回、辛い思いを押して、当時の出来事を語って下さった、
この方のメッセージを是非受け止めて、悔いのない人付き合いを
心がけて下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110117
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今回のメルマガを書くにあたり、ネットで色々と調べて
いたときに、こんなサイトを見つけました。
 → http://www.bousai.go.jp/km/imp/index.html
「1日前プロジェクト」というものだそうで、
「災害の1日前に戻れるとしたら、あなたは何をしますか?」
ということを、実際に地震や水害などの被害に遭われた
形に問いかけた解答をまとめたサイトだそうです。
先人たちの経験を、後に活かすためにも、ぜひ
読んでみて下さいね。
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup