仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 16 view

私のサラリーマン物語 ~独立前の準備に向けての第一歩~

おはようございます!
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
自分自身の強みを活かしてビジネスを展開していきたい、
講師やコーチ、コンサルの方向けのセミナーです。
自分の商品・サービスの単価が倍増し、かつお客様が今まで以上に
満足し感謝される、品質向上のための具体的手法が学べるセミナー
 ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
を、2月20日に開催されます。
自分の強みは、自分一人で考えていても見つかりません。
他人の頭を借りて、お金を稼げる強みを見つけてください。
詳しい内容はこちらをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/
※ 早期申し込み割引は10日まで。残席4席です!
さて今日は、毎週火曜日恒例の、私のサラリーマン時代の
お話であります。
サラリーマン物語のバックナンバーは、こちらをご覧ください。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
では、早速参りましょう!
 


━━━━━
  ● 私のサラリーマン物語 ~独立前の準備に向けての第一歩~
─────
会計事務所に勤めていながらも、事務仕事が苦手の私が、
通常業務から一切外れ、得意領域のパソコンサポートの
専属業務になった1998年。
私は、晴れてのびのびと仕事に取り組み始めました。
今まで毎月訪問しアドバイスをする、という形で
仕事に取り組んでいたため、顧問の方たちとお会い
する数も限られていました。
しかし、この仕事を始めてから、事務所の顧問先の
ほとんどに顔を出し、ヒアリングから導入まで、
一切を自分一人で行っていたんです。
すると、今までは経理・財務関連の相談ばかり
だったのに、そのうち、
 「勤務管理のソフトは何がいい?」
 「商品管理もパソコンで出来るかな?」
といった質問も受けるようになってきました。
もちろん、本来業務は、経理パソコンの導入と
運営サポートですから、そういった質問に答える
必要も義務もありません。
でも私は、その都あれこれ調べながら、お勧めの
システムや、導入の方法などをアドバイスしました。
そんなことを1年ほどやってみると、中小・零細企業の
パソコン導入についての考え方も身についてきました。
そして、そのうちに、
 「経理パソコンの導入サポートだけでなく、
  企業へのパソコン導入サポートという
  ビジネスをやってみたいな」
という気持が芽生えてきました。
しかし、会計事務所業務からは逸脱した仕事でも
ありますし、所長が認めてくれるかどうか分かりません。
そこで、あれこれ考えて、こんな申し出をしました。
 ・顧問先を訪問すると、必ずといっていいほど
  経理の以外のパソコンの相談も受ける
 ・だから、中小企業の情報化をサポートする
  業務にサービスを広げていきたい
 ・しかし、これは会計事務所の仕事とは違うものである
 ・だから、中小企業情報化支援の事業部を立ち上げたい
 ・自分へ給料の支払い他資金繰りは、責任を持って自分で行う。
 ・業務は所長に報告し、顔に泥を塗る事はしない
そして、今までの相談に対しての実績や、現状での
経理パソコンサポートでの売上状況なども合わせて
報告し、是非やらせてもらえないかと交渉しました。
はじめは私の話にピンと来なかった所長も、
会計事務所にそういう部署があると、顧客の
付加サービスも出来るようになるといった
メリットも理解してもらえたようで、最終的には
ゴーが出ました。
そして私は、所長が持っているもうひとつの会社に
転籍し、そこで事業部を立ち上げ、事業部長の席に
収まったのです。
とはいえ、部下なんて一人もいないし、会社が変わった
といっても、書類だけの話。
今までの事務所で今まで通りの席に着き、見かけは
今までとまったく変わらない仕事ぶり。
それでも私は、
「独立に向けて、大きな前進をした!!」
という気持に震え、この事業がどう展開できるか、
胸を躍らせていたのでした。
1999年6月。梅雨も明けて、雲間から太陽の光が
差し込み始めた、そんな時期でありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     責任や経験の境界を越え、チャンスをつかもう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今回の話を読んでいる、組織に勤めている人の中には
こんな反応をするかもしれません。
 「会社から与えられている仕事を超えたことを、
  好き勝手にやってもいいのか?」
と。
しかも、知らないことに対しても、知りませんといって
無責任なことをしない、という選択をせず、色々と調べて、
アドバイスをする、といった事までやってしまっています。
そんな、自分の経験を超えるかのような仕事を
勝手にしてもいいのだろうか、と。
確かに、組織で働く人にとって一番大事なことは、
課された業務を遂行することであり、その範疇を
超える仕事をして、もし失敗でもしたら、会社に
必要以上の損害を与えてしまうでしょう。
だから、自分の業務以外のことはならない、というのは
判断のひとつとしては正しいことだと思います。
しかし、自分がビジネスパーソンとして成長したいのならば、
往々にして、この
 ★ 自分の責任や経験の境界を越えた仕事をする
ということに、取り組む必要があると私は思っています。
もちろん、簡単な安請け合いなどをしてはいけませんし、
会社の事など考えず、何でもやれ! といっている訳では
ありません。
それでも、そういう仕事のチャンスが来たときは、
出来る限り「やる」という選択を模索して、自分を
成長させるチャンスを掴んで欲しいなあ、と思います。
本来であれば、
 ★ 本人の成長を促す、境界を超える仕事は、上司が与えるもの
なのですが、そういう上司に恵まれない方は、自らで
そのチャンスを見いだし、つかみ取る必要があります。
今の自分に見合った仕事ばかりをしながら、自分を
成長させることは、出来ません。
だから、もしあなたが、ワンランク上の仕事が出来る
ようになりたいのならば、あなた自身の境界を越える
意識をもって、仕事に取り組んでみて下さい。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110208
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
かみさん曰く、動物も夢を見るとのこと。
ホントかなぁ、と疑ってみたんですが、これを見ると、
本当なのかもしれない、と思います。
しかし、この子はいったい、どんな夢を見たんだろうか
 → http://goo.gl/5w5N
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup