仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 31 view

今の政治と政治家に心底がっかりしている人へ

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
1分間自己アピール講座を6月18日に開催いたします。
自分の売りや強みをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、最近の政治の状況を見て、うんざりしている
方たちに、ある政治家のお話をご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 私は、政治も政治家も大嫌い! ……でしたが……
─────
私は、基本的にこのメルマガで政治や政党の話をした
ことはありません。
政治家を取り上げてお話をしたことはありますが、
政治や政策についてではなく、その人の発言から
私たちにとって役立つ考え方を導き出して、共有
すると言うことくらい。
ですから、特定の政党や政策を、支持したり批判した
こともありませんし、今後もするつもりもありません。
その理由は、一応個人媒体とはいえ、不特定多数の読者が
いるメルマガで、特定の政党や政策を支持・批判することは
好ましくないという配慮があるから、という理由も無くは
ないですが、それ以上に、
 ■ 今の政治に気持を向ける気になれない
というのが本音のところであります。
選挙には行きますし、各党のマニュフェストなんかも
投票前には読んだりもしますが、正直、興味がある
というより、義務でやっている意識が強いですし。
それに、これからのことについても、政治家には
期待なんか出来ないし、自分の身は自分で守るしか
ないかなぁ、とあきらめてしまっているところも
あります。
先日の内閣不信任決議案に至っては、テレビなど見ず、
入ってくる情報は、出来るだけ必要最低限の情報に
とどめ、いらだちや怒りや不安といった負の感情に
振り回されないようにしたくらいですから。
そんな人間ですので、政治家になど憧れたことも
ないですし、なりたいと思ったこともありません。
私、気が多い人間なんで、たいていの仕事は、
一度くらいは経験してみたいものだと思うんですが、
政治家だけは、まったく食指が動かないんですよね。
と、それくらい政治嫌い・政治家嫌いである私なの
ですが、この動画を見て、その気持に大きな変異が
生まれ、
「政治家というのも、なかなか面白そうな仕事だな」
と思うようになってきたのであります。
その動画とは……
 
 


─────
  ● 今の政治と政治家に心底がっかりしている人へ
─────
それは、たまたま見つけた動画でした。
【あの国会議員を、覚えていますか】
というタイトルを見て、いったい何だろう? と
思って再生した動画がこちらです
 → http://goo.gl/xXvKX
この動画は、2006年5月22日の参議院本会議で
民主党の山本孝史議員が語っている映像です。
山本議員は、実兄を交通事故でなくした経験から、
大学時代から、交通遺児救済のボランティア活動を
していました。
その後、「あしなが募金」で知られている、あしなが
育英会で働いていました。
山本議員は事務局長を務めるまでになりましたが、
当時は、母子家庭に支給される児童扶養手当が、
高校在学中であっても18歳になると打ち切られて
しまい、高校を退学しなければいけない学生が
たくさんいたそうです。
山本議員、なんとか在学中は手当てを支給してもらえる
よう、役所や政治家に働きかけました。
しかし、答えは、
「これは法律で決まっていて、法律を変えるには
 国会を通さないと無理だ」
の一点張り。
それならば、ということで、以前から声がかかっていた
当時の日本新党からの出馬要請を受け、政治家になる
ことを決めました。
ボランティアの精力的な活動もあり、初出馬ながらも
初当選し、すぐに児童扶養手当延長の法案に着手。
そして、半年後には、この延長法案を通したのです。
それ以来、社会保障問題に精力的に取り組み続け、
その道のスペシャリストになります。
しかし、不幸は突然やってきます。
2005年の暮れ、体調が悪く、調べたところ、
胸腺がんの末期状況であることが判りました。
治療しなければ余命半年、と宣告されながらも、
自分の使命はまだ終わっていないと、治療を受け
ながら、仕事に取り組む山本議員。
そして、自分の人生最後の仕事と定めたのが、
「がん対策基本法」と「自殺対策基本法」の成立。
最初は、自らの病を伏せて働いていましたが、政党間の壁が
邪魔をして、法案の成立の見通しが立たず、前に進まない。
このままでは、今期中に法案は通すことが出来ない。
そしてもう、来期には自分の命がない。
ここに至った山本議員は、自らがんに冒されていることを
告白することを決断し、まさに自らの命をかけて、
本会議に臨んだのであります。
上でご紹介している動画には、その時の発言の様子が
納められています。
冷静で淡々とした語り口ながらも、その言葉には、
人を動かす力があります。
その中でも、自らが、余命幾ばくもない状態であるにも
かかわらず、りんとした顔で、議員たちを見つめ
 ★ 命を守るのが、政治家の仕事だと思ってきました
と語ったところで、私はハートをギュッと捕まれて
しまいました。
それと同じ事は、会議場でも起きたようです。
発言が終わると、議会席からは、党派を超え、議員全員が
彼に対して拍手を送っていました。
そしてその後、このふたつの法案は、その期中に
可決され、山本氏は使命のひとつを立派に果たした
のでありました。
命がけで、人の命のために、尽くした政治家。
山本孝史議員の姿を見て、ああいう人間になりたいと、
私は心底思わされたのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
      命がけで社会に尽そうとする人に、私は憧れる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
その後、次の選挙にも出馬して当選した山本議員は、
自らの仕事を、ぎりぎりまで全うし、そして、
2007年12月22日、58歳で人生の幕を
閉じました。
翌年、1月23日の参議院本会議場にて、
山本議員に対する追悼演説が行われました。
演説者は、対立していた自民党員であり、
元厚生労働大臣の尾辻秀久議員。
存命時には、容赦なく相手に切り込んでいく山本議員は、
尾辻議員にとっては、まさに強敵そのもの。
その対立していた尾辻議員が、いったい山本議員に対して
どんな追悼演説を行うのか。
幸い、この演説も、動画があります。
議会史に残る感動の名演説(前半)
 → http://goo.gl/KtLZR
議会史に残る感動の名演説(後半)
 → http://goo.gl/DbMr
少し長いですが、最後まで聞く価値は充分あります。
そして、これらの映像を見るに、うんざりしたりがっかりしたり
してしまうような政治家は、実はマスコミで頻繁に取り上げられて
いる一部の人たちだけであって、実際には、こうして、真剣に
日本のために、国民のために尽くそうとしている人たちも、
たくさんいらっしゃるのかもしれない、と、信じても良いかも
しれないと、私は思ってくるんですよね。
ということで、今日の動画を3本とも見たら、きっとあなたも、
政治や政治家に対しての偏見が、少しはほどけるかもしれませんよ。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110608
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
            次回開催は7月23日です!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日の話の流れで見つけた、タモリさんの
赤塚不二夫さんに向けた弔辞の動画。
こちらも唸るほど素晴らしい弔辞ですね。
何度聞いても、胸にしみいり、感動しますね。
 → http://goo.gl/3clTO
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup