仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 17 view

やる気のない部下に、上司はどう対応するか

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
1分間自己アピール講座を6月18日に開催いたします。
自分の売りや強みをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、今の自分でもついついやってしまいがちな、
ある行動について、考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 貸し借りで
─────
昨日のメルマガで、こんな事を書きました。
【ビジネスは正誤で動くのではなく】
 → http://goo.gl/osbCD
簡単に要約すると……
新米商社マンが、ある仕事上のトラブルで、あるお客様に対して
「そちらが間違っている」と言って怒らせてしまいました。
そのフォローに対応した先輩が、新米くんに
 ★ ビジネスで大事なのは、自分や相手の正誤で成り立っている
   のではなく、貸しや借りで成り立っている
とさとし、今までご迷惑をかけても、それを許してくれていた
そのお客様に対して、今こそ借りを返すべきだったんじゃないか、
と諭しました。
その話を聞いて、私自身も、今までたくさんの借りを作っている
ので、精一杯返していきたい。
……と、こんなお話でありました。
このメルマガに対して、君島さん(仮名)から、
こんなメッセージを頂きました。
 面白かったです。ありがとうございます。
 私は、
 ・正誤は論理性だけではなく、倫理的に判断する。
 ・貸し借りで仕事はしない。
 ・他人には貸すではなく、喜んでいただく。
 ・他人からは借りないで済むように最大限の努力をする。
 という姿勢で仕事してるつもりです。
 借りたから返すとか、見返り期待とかって、
 人として悲しくないですか?
なるほど、確かに君島さんのおっしゃることは、
とてもよく分かります。
ということで、今回は、この考え方について、
私自身の経験談をお話ししたいと思います。
 
 


─────
  ● 今の政治と政治家に心底がっかりしている人へ
─────
若い頃の私は、君島さんの言葉を借りれば
 ・論理的正誤のみで物事を判断する。
 ・貸し借りで仕事をする。
 ・他人に貸しを作ったら、忘れないようにする
 ・他人から出来るだけ先に借りを受け、借りは出来るだけ返さない
という考え方で生きてきたように思います。
しかし、当然ながら、こんな考え方でうまくいく
はずがありません。
その結果、独立後に手痛い失敗をしてしまい、
借金を背負ってしまいました。
その後、その生き方に反省し、
 ・正誤は論理性だけではなく、倫理的に判断する。
 ・貸し借りで仕事はするが、先に貸しを作るようにする。
 ・他人に貸しを作る際は、喜んでいただくことに力を注ぐ
 ・他人からは借りないで済むように最大限の努力をする。
という考え方に変わりました。
今までとは全く真逆の生き方を選んだ私は、その後なんとか
失敗から立ち直ることが出来ました。
そうやって、結果が伴ってきて、気持ちにも余裕が出来ると、
また少し、気持ちの変化が生まれてきました。
そして、君島さんのおっしゃるように、自分自身は
貸し借りで仕事をすることにこだわらず、人に貸しを
作るのではなく、人に喜んで頂くことを自らの喜びとし、
自分自身は、他人に借りを作らないように生きていくように
なってきたのです。
この考え方は、非常に心地よく、いい考え方だと思って
いたんですよね。
しかし、今年の4月に内観に行き、自分自身の人生を
1週間かけて振り返ってみて、この考え方が大きく変わる
衝撃を受けました。
ここからは、君島さんに対しての話ではなく、私自身に限った
お話であることをご承知置き下さい。
私は、
 ・他人からは借りないで済むように最大限の努力をする。
という意識を持ち、生活していたつもりでした。
ですから、多少は借りを作ってはいるけれど、それはずいぶん
少ないはず、と思っていたんです。
しかし、過去からの自分を振り返ってみると、すでにたくさんの
借りを作っている上、心を入れ替えて生きてきたつもりの
現在でも、相当な借りを作りながら生きていることに、
気づかされたんですよね。
例えていうなら、現在は、毎日10くらいの借りしか作って
いないかな、と思っていたんですが、よく調べたら、1000
くらいの借りを作っていたことに気づかされた、といっても
良いかもしれません。
私は、この事実に呆然としました。
そして、これが事実だとすると、
 ・貸し借りで仕事をしない
という考え方が、何とも不遜に見えてきたんですよね。
貸し借りで仕事をしないといいながら、毎日毎日、多くの
人たちから、たくさんの借りを作り続けて生きている自分。
そんな自分が、貸し借りで仕事をしない、という資格が
あるのだろうか。
そう思えて、申し訳ない気持ちになってしまったんです。
そこで、内観以降は、
 ・ 貸し借りで仕事をしない
  → 今背負っている借りを精一杯返していく「ご恩返し」
    気持ちで仕事に取り組む
 ・他人からは借りないで済むように最大限の努力をする。
  → 毎日たくさんの人からお世話になり、借りを作って
    生きていることを自覚する
と考えるように変えていったんです。
この考え方は、最近変わってきたばかりものであり、自分自身を
どう変化させていくか、分かりません。
また、この考え方がまだ定着もしていませんから、遠い昔の
悪いクセが顔を出すこともしばしばあります。
しかし、少なくとも今は、以前よりも良い精神状態で
毎日を過ごせているような気がするんですよね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
すでに多くの借りを作り続けている意識を持って、借りを返すように生きる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
こういう書き方をしてしまうと、なんか大きな負債を背負って
苦しみながら生きているように思われてしまうかもしれませんが、
決してそんなことはありません。
どちらかというと、
 ★ 感謝する気持ちが今まで以上に沸いてくる
という感じなんですよね。
少なくとも、今までは、感謝という気持ちを常に持ちながら
行動できていたかというと、心許ないですが、今では、
かなり感謝する気持ちのレベルも高まってきているように
思うのです。
そういう気持ちで、日々取り組んでいくと、もうひとつ
変化する点が現れました。それは、
 ・他人には貸すではなく、喜んでいただく。
  → 他人には、感謝の気持ちを持って精一杯尽くしていく
という点でした。
私は、根っから生意気に出来ているようでして、喜んでもらおうと
思って接してしまうと、ついつい
 ■ 自分の考えが先に立ち、それを押しつけてしまう
んですよね。
ですから、喜んで頂く、と、いくら表向きへりくだった
言い方をしても、
「俺があいつを喜ばせてやった」
と思って、ふんぞり返ってしまいかねないんです。
でも、「感謝の気持ち」というものを持っていると、
その傲慢で尊大な気持ちは一気に影を潜め、謙虚な
気持ちで物事に取り組めるんですよね。
もう一度いいますが、あくまでもこれは、私がそう思って
しまう、ということであり、君島さんが傲慢だと言っている
訳でもありません。
確かに、借りたら返すとか、見返り期待というのは、寂しい
考え方でしょうね。
でも、私は、今までの人生を振り返ってみて、あまりにも
多くの借りを作ってきてしまっているので、やっぱり、
貸してくれたことに感謝しながら、粛々とその借りを
奉仕の気持ちで返して行くことを心がけていきたいんですよね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110610
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
            次回開催は7月23日です!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
一昨日から、研修で大阪に来ています。
一昨日は鉄板焼き、昨日はカニを堪能しました。
今日は、今まで贅沢が過ぎたので、帰りの新幹線で、
発泡酒とチーかまを堪能することにします(笑)
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup