仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 30 view

1年生社員が、今すぐ出来るビジネスパーソンになる方法

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
1分間自己アピール講座を6月18日に開催いたします。
自分の売りや強みをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
 ※ 残席7名 申込締め切りは本日いっぱい!
さて今日は、入社1年目の新人社員の方たちに向けて
お話してみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● そんなに価値を提供する事なんて出来ません!
─────
先日、とある企業で、一年目社員に研修をさせて頂きました。
非常に初々しい、元気はつらつな彼らを見ていると、
私自身も、25年前はこんな時代があったんだなあ、
と、妙に昔を懐かしむ気持が芽生えてきます。
そんな彼らに、「ビジネスとは何か」と言ったお話を
させて頂くんですよね。
 「ビジネスの基本的な意味は、
  『自分以外の人間と価値を交換する』
  ことです。
  しかし、価値交換と言っても、相手から頂く
  価値より低い価値を提供すると言っても、
  相手はビジネスに応じてくれません。
  同等の価値ならばいいか、と言えば、それもまた
  無意味だと言って、応じてくれないでしょう。
  ということは、ビジネスとは、相手から頂く以上の
  価値を相手に提供する事でしか、成立しないのです」
ちょっとしたゲームをを交えながら、こんなお話を
させて頂くんですよね。
すると、受講生の遠峰さん(仮名)が、おずおずと
手を挙げながら、こんな質問をしてきました。
「先生、おっしゃる意味はすごくわかりますし、
 そういうビジネスを自分もしたいと思っています。
 でも、自分はまだ入社して数ヶ月の新人ですので、
 まだお客様先にも出させてもらえず、社内業務を
 していることがほとんどです。
 早く仕事を覚えて、お客様先にも行きたいんですが、
 仕事がまだ覚えられていません。
 仕事を覚えようと、自分で一生懸命考えながら、真剣に
 取り組んでいますし、上司や先輩の仕事の邪魔をしない
 よう、出来るだけ一人で考えて行動しているんですが、
  『自分で抱え込まないでなんでも聞きに来い』
  『もっとこまめに報告をしに来い』
 と叱られてしまっている有様です。
 ですから、今の私は、頂いた以上の価値を提供する
 ことなど、とても出来ていない、ダメビジネスパーソン
 なんです。
 こんな私は、いったいどうしたらいいですか?」
遠峰さんは、自分自身が会社の力になれていないことを
ふがいないと思っているようで、その悔しさをにじませ
ながら、私に問いかけてきます。
入社数ヶ月にして、これだけの想いを持って働いている
その真剣さに対し、
「今はそれで仕方がないよ、新人なんだから」
と言って終わらせるのは申し訳ない。
そこで私は、こういいました。
「なるほど、だったらこれから、誰にでも出来る
 ★ たった今から優秀なビジネスパーソンになる方法
 を教えてあげましょう」
 
 


─────
  ● 1年生社員が、今すぐ出来るビジネスパーソンになる方法
─────
私「まず一旦、ビジネスの話に戻るけど、なぜ相手からもらう
  価値より低い価値を提供すると、ビジネスは成立しないのかな?」
遠峰さん(以下「遠」)「相手が損をするからです」
私「そうだね。損をするからだね。もし遠峰さんが損をしたら
  どう思う?」
遠「悔しいし、腹が立ちます」
私「なるほど。だとすると、相手が悔しがり、腹が立つから
  ビジネスが成立しないとも言える訳だ。
  じゃあ、それと逆に、相手から頂くより高い価値を
  提供するとビジネスが成立する理由は?」
遠「相手が得をするからです」
私「さっきとは逆だね。じゃあ遠峰さんが得をしたら?」
遠「嬉しいし、喜びます」
私「そうか。とすると、ビジネスが成立するかしないかの
  一番の理由は、得をするか損をするかもさることながら、
  喜べるのか、そうでないのか、と言うことも重要そうだね」
遠「そうかもしれません」
私「だとすると、今の話をものすごくシンプルに表現するなら、
  ★ ビジネスとは、相手を喜ばせること
  と言っても良いだろうね。
  実際に、世間で行われているビジネスを見ていると、
  具体的な価値をやりとりしていることが目に付く
  けれど、実は、そのやりとりの結果で生まれる、
  人間の感情変化こそが、ビジネスを成立させる
  重要なポイントとなっているんだよ。
  不安とか苦しみと言ったマイナスの感情を持っている
  人に対して、安心させたり楽にさせてあげるというような
  マイナス感情をプラス感情に変えてあげるビジネス、
  思い当たるものがいくつかあるでしょ?」
遠「なるほど、分かる様な気がします」
私「さて、さっきの話だと、今遠峰さんは、お客様にも
  あえず、社内業務ばかりしていると言ってたね。
  また、仕事もまだ覚えられていないと」
遠「はい。早く仕事を覚えてお客様に喜ばれることを
  したいんですけど……」
私「でも、組織で働いているのだから、お客様だけじゃなく、
  社内の人とも接していくことになるよね?」
遠「もちろんです」
私「では、遠峰さんは、社内の先輩や上司に対して、
  喜んでもらおうと思いながら働いているかい?」
遠「……そんな意識で働いたことありませんでした……」
私「遠峰さんがビジネスパーソンとして日々ビジネスに
  取り組んでいるのならば、ビジネスの相手は、お客様
  だけでなく、毎日遠峰さんと接する、全ての人が
  遠峰さんにとってのビジネスの相手なんだよ。
  だから、上司や先輩を喜ばせることができたら、それでも
  出来るビジネスパーソンとなれるわけだ」
遠「でも、どうしたら喜ばせることが出来るんですか?」
私「さっき、上司や先輩からは、もっと話しに来いと叱られて
  いるという話もしていたね?」
遠「はい。でも、私は私なりに、上司や先輩の気を遣って……」
私「その気配りは素晴らしいね。でも、そんな遠峰さんを
  叱ってくる上司や先輩って、どんな心境でいるんだろうね」
遠「……はあ……」
私「経験がまだ浅い遠峰さんが、右も左も判らないまま、
  質問もせず、報告もあまりしに来ない状態で、たった
  一人で孤軍奮闘しながら、与えら得た仕事に取り組んでいる。
  そんな姿を見ている上司や先輩はどんな気持でいるだろう?」
遠「……きっと、気を揉んでいると思います」
私「なるほど、具体的にどう気を揉んでいるの?」
遠「本当に判ってやっているのかな、とか、今どこまで
  進んでいるのかな、とか、ちゃんと期日通りに
  仕上がるのかな、とか、きちんとした仕事が出来て
  いるのかな、とか……」
私「なるほど、ところで、さっき私は
  ★ ビジネスとは人を喜ばせることである
  ★ マイナス感情をプラス感情に変化させることで
    喜びを提供する事が出来る
って話をさっきしたよね。
  で、遠峰さんの上司や先輩は、遠峰さんの仕事ぶりを
  見ていて『マイナス感情』で一杯になっている訳だ。
  だとすると、このマイナス感情をプラス感情に変化
  させる事が出来たら、きちんとビジネスが出来た、と
  言っても良いかもしれないね」
遠「……そうなりますね」
私「だとしたら、遠峰さんが、上司や先輩の気持ちを
  プラスに転じさせるためには、いったい何をやれば
  いい?」
遠「……報告・連絡・相談。新入社員研修で学んだことですね」
私「そうだね。報告・連絡・相談をこまめにして、
  上司や先輩の不安を取り除き、安心させて
  あげること。
  これは、どんな新人だって、今すぐ出来る。
  遠峰さんだって、すぐに出来るでしょ?」
遠「はい、これならすぐに出来そうです」
私「報告・連絡・相談って、入社1年目に必ず教わる
  話だけど、結構みんな『義務的な作業』のように
  受け止めてしまっているケースが多いんだよね。
  でも、本当は
  ★ 相手の不安を取り除き、安心させることで、
    喜びという価値を提供する、立派なビジネス行為
  といえるんじゃないかと私は思うんだよね。
  そして、この報告・連絡・相談が、きちんと出来て
  いないと、いくらたくさんの価値を相手に提供しても
  相手は決して喜んでくれない。
  だから、若いうちから、報告・連絡・相談の習慣を
  徹底的に身につけておくこと。
  これが、今すぐに出来るビジネスパーソンになる
  簡単だけど確実な方法なんだよ」
遠「なるほど、たしかにこれならすぐに出来ますし、
  上司や先輩たちも喜んでくれるかもしれませんね。
  明日からすぐに取り組んでみます!」
元気よくそう答えた遠峰さんは、やるべきことが見え
スッキリした顔になったようでした。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  報告・連絡・相談を実践し、今すぐ出来るビジネスパーソンになろう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ビジネス経験が浅い新人~若手社員が、よくやってしまう
間違いとして、
 ■ 自分の狭い価値観の中でいらぬ気配りをする
というものがあります。
遠峰さんも、忙しい上司や先輩の手を煩わせたくない、
と考えてしまい、大事な報告・連絡・相談を控えて
しまいました。
しかしそれは、上司や先輩が望んでいたこととは
まったく違うんですよね。
新人・若手社員がやってしまうこの手の間違いやミスは、
あちこちの企業で、山のように見ることができます。
この過ちも、結局は、報告・連絡・相談をこまめにせず、
上司や先輩の思惑や考えを充分に理解出来なかった
結果、起きてしまったものなんですよね。
だから、若いうちは、社内の上司や先輩に、いらぬ気遣いを
せず、しつこいと叱られてもいいくらいの気持で、積極的に
報告・連絡・相談に努めて下さい。
それを続けていくうちに、上司や先輩の考えも理解することが
出来るようになり、その結果、本当に相手から喜ばれるような
気配りも出来るようになります。
もう一度言います。
いらぬ遠慮や気配りする暇があったら、徹底的に
報告・連絡・相談をする。
是非、心がけて下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110616
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
            次回開催は7月23日です!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ハープを弾く子猫。これは和みます。
 → http://goo.gl/wkTqs
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup