仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 25 view

現状の自分との向かいあい方

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
来月、7月23日に、ライブセミナー
「人の心を動かす文章の作り方 メルマガ事例解説編」
を開催いたします。
「人に影響を与える情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
→ http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
 ※ 残席あと7名です!
さて今日は、自分との向かい合い方について、
昨日に引き続いて考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 2日間のおさらい
─────
月曜火曜のメルマガで、自分との向き合い方について書きました。
【自分の何と向かいあうのか?】
 → http://goo.gl/vKqog
【ありたい自分の見つけ方 ~Fさんからの教え~】
 → http://goo.gl/phj3U
簡単に要約すると、向かいあうべき自分というのが2種類あり、
それは、現状の自分と、ありたい自分でですよ、というのが
月曜日のメルマガ。
そして、火曜日のメルマガでは、ありたい姿がない、という
人は、人と会っていくと、ありたい自分の姿を、そういう
人たちの足がかりに見つけることが出来ますよ、という話と、
さらには、そういう行動をしているうちに、新たなチャレンジを
起こすチャンスが生まれるので、そのチャンスを掴んで行動
すれば、人生が前に進んでいきますよ、というお話でした。
しかし、あらたに、ありたい自分に向かって、新たな行動を
起こしていくと、必ず障害が立ちふさがります。
そんなときに、人が取る行動の中で、おそらく一番多いのが、
 ■ 自分に原因を求めず、自分以外に原因を求める
というパターンでしょう。
このメルマガをお読みの読者の方なら、「他責」と言った
ほうが通りが良いかもしれません。
要するに、うまくいかないのは、他人のせいだったり、
環境のせいだと決めつけて、自分に原因があるとは
まったく考えない、という人ですね。
こういう生き方をしていると、きっと苦しいでしょう。
何せ、他人も環境も、そう簡単には変わってはくれません。
そんな中で、自分以外の責任を問いながら、一番変えられる
可能性が高い自分のことを、一切振り返らず、変えようと
せずに生きるわけですから。
きっと苦しみは当分続くことでしょう。
そんな生き方から脱し、自らに原因を求めて、自らが
変わっていこうとするためには、
 ■ 現状の自分と向かいあう
ことが必要になります。
しかし、この向かいあい方がうまくいかないと、
返って自分を苦しめたり、現状を悪化させること
にもなりかねません。
と言うことで今日は、事態を好転し、前に進ませる
「現状の自分との向かいあい方」について考えて
みましょう。
 


━━━━━
  ● 現状の自分との向かいあい方
─────
他責をせず、自分に原因と責任を求める人の中で、
どうにも物事がうまくいかないという人の多くは
 ■ 事実と解釈をごっちゃにしている
という状態に陥っているケースが少なくありません。
 上司に怒られたからと言って、自分は無能な人間なんだと
 決めつけてしまう人。
 やれば出来る、と言う言葉を聞いて、自分の能力を過信し、
 成長の努力を放棄する人。
 自分の提案が却下されたからと言って、自分はその人から
 嫌われていると思い込んでしまう人。
これらは全て、事実と解釈をごちゃ混ぜにして解釈し、
それが自分である、と理解してしまっている人たちです。
しかし、こういったごちゃ混ぜの状態で自分と向かいあっても、
自分という人間は見えてきません。
では、どうしたらいいか。
こう言ったときは、頭で考えていても混乱しますから、
何か壁にぶつかったと感じたときは、紙に書いて自分を
見つめてみましょう。
例えば、上に挙げた、自分の提案が却下された、という場合、
まずはノートを取り出し、1ページを4つに分けます。
そして、それぞれの枠に
 ・事実
 ・解釈
 ・決断
 ・行動
と書き、それぞれの枠内に、自分の中に起きた一連の
出来事を、この4つの内容を書いてみるんですよね。
 事実:提案が却下された
 解釈:あの人に嫌われている
 決断:もうあの人には提案しない
 行動:今後一切の提案をせず、いわれたことだけをやる
こんな形で書き出してみます。
こうやって、頭の中を上に出すと、少し冷静にものを見ることが
出来ますよね。
次に、ここで書いた、最終的な決断とその後の行動が、
 ★ ありたい自分に近づいていくか
ということを考えてみて下さい。
もし、近づいていくのであれば、その決断と行動を
そのまま続けていけばいいと思います。
でも、そうでなければ、決断と行動を変えていく必要が
ある訳ですよね。
例えば、決断を「改めて提案を見直そう」、行動を
「再度あの人に提案する」と変えることにしましょう。
次に、そういう決断と行動を取るために、
 ★ 起きた事実に対して、新たにどう解釈するか
を考えます。
今回の場合は、「却下された」という事実に対して
「提案に欠点がある」と解釈し直してみる訳です。
そうすると、そのあとに続く決断も行動も、素直に
納得のいくものになるでしょうから、無理なく
提案を改善し、新たに提案することが出来るように
なります。
つまり、現状の自分自身と向かいあうということは、
 ★ ありたい自分を心の真ん中に置いた上で、
   今の自分の考え方を見つめ直す
ことだと、私は思うんですよね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  ありたい自分を真ん中に置き、今の自分の考え方を見つめ直す
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
私自身、事実の解釈を、以前より自在に変えることが
出来るようになってからは、生きていくのが非常に楽に
なったような気がします。
とはいえ、起きた事実に対して、今までとは違った形で
解釈できるようになるのは、頭も使うし、慣れるまでには
時間もかかります。
また、人によっては、今回の解説を見て、ちょっとご都合主義
過ぎるんじゃないかと思われた方もいらっしゃるでしょう。
実際に、自分のことを嫌った上司が、意地悪で提案を
通さない、と言うことだってありますからね。
このように、自分なりに頑張っても、解釈が変えられず、
望ましい決断と行動に結びつけることが出来ない、という
人も、少なくないと思います。
それでも、自分を抑え、殺して行くことで、望ましい
決断と行動が取れるのであれば、そのように行動して
行くのも良いでしょう。
ありたい自分に、その行動がつながるのであれば、
やって損はないと思います。
でも、どうしても適切な解釈が見つからず、
しかしどうにも我慢ならない、という場合は
どうしたらいいでしょうか。
その場合は、ありたい自分に近づける、という
前提を守りながら、決断と行動を別のものに
変更する、と言うのも良いでしょう。
多少遠回りにはなるかも知れませんが、少なくとも
 ■ ありたい自分をあきらめて、元に戻ってしまうよりマシ
 ■ 人を責めて溜飲を下げるという、他責になるよりマシ
だと思うんですよね。
そうやって、遠回りをしたり、袋小路に入ったり
して行くうちに、活路が見いだせたり、新しい
解釈の仕方を身につけていったりすることでしょう。
そうやって、焦らず、気長に、それでいてきちんと、
自分自身と向かいあうことを続けていけば、いつしか
ありたい自分に近づいていることが実感できるときが
必ずやってきます。やってきますとも!
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110706
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
            次回開催は7月23日です!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ネットで見つけた、昭和の時代を知るもののみ笑えるお話。
543:774RR :2011/07/04(月) 06:45:59.86 ID:HNMGE/lk
 対抗車線のマスツーの人達(8人くらい) が
 一斉にヒゲダンス踊ってたのは『速度落とせ』
 って合図だったのか
 ピースみたいなもんだと思って、ヒゲダンスで
 応えてしまった
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup