仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

人を育てる仕事に就きたい人へ

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
来月、7月23日に、ライブセミナー
「人の心を動かす文章の作り方 メルマガ事例解説編」
を開催いたします。
「人に影響を与える情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
→ http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
 ※ 残席あと6名です!
さて今日は、とある企業の研修で出会った、一人の若者の
悩みについて、考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● その新人がふてくされている理由
─────
ちょっと前の話になるのですが、とある企業の新入社員に対して
研修研修を行いました。
フレッシュマンたちのほとんどは、前向きで明るかったのですが、
その中の一人、福田さん(仮名)という男性一人だけが、暗い
というか、ふてくされたような態度を取っていたんですよね。
私の話を聞く態度も、グループで行われるディスカッションも、
そんな生で、もうひとつ気持が入らない様子。
ちょっと気になったんで、お昼休みに、ちょっと声を
かけてみたんですよね。
すると、福田さんは、
「この会社、もうやめようかと思っているんです」
と言い出すんですよ。
それはちょっと穏やかじゃないなと思って、詳しく話を
聞いてみると、彼はこう語りました。
「僕は、人材育成の仕事をしたかったんですよね。
 面接でもそういい続けていました。
 でも、自分の配属先は、そういう仕事とは関係のない
 営業部なんですよね。
 転部願いも出せるとは思いますが、少なくとも数年間は
 今の部署で働かなきゃいけないでしょう。
 でも、やりたくない仕事を数年間やるなんて、正直
 やる気が起きないんですよね……」
そして、私の顔を見て、こう言うんです。
 僕は、先生がうらやましいですよ。
 先生のように、人を育てる仕事に就きたかったんです!!」
 
 


━━━━━
  ● 人を育てる仕事に就きたい人へ
─────
福田さんには、ずいぶんとうらやましがられましたが、
そんな私は、今の仕事に最初からついているかというと、
そんなことはありません。
このメルマガを以前からお読みの方はご存じの通り、
学校を卒業してから、いろいろな仕事を点々としており、
講師業という仕事に就いたのは、社会に出てから、10数年
経ってからであります。
そんな私も、実は若い頃、人を育てる仕事に携わりたいと
思っていたんですよね。
なにせ、金八先生が大好きだったものですから、
「あんな熱い教師になりたい!」
というあこがれを強く持っていたんですよ。
しかし、大学は中退してしまい、教員免許も取らず、
結局違った道を歩み出してしまいました。
でも、面白いことに、それから10数年経ったのち、
巡り巡って、講師という仕事につくことになり、
図らずも、以前の夢を叶えることが出来た訳です。
そして講師業を10年近くやってみて、つくづく感じるのは、
「若いうちから教師になっていなくて良かった」
ということでした。
いろんな職を転々としながらも、その時々で、いろいろな
立場で、いろいろな経験をしたことは、今の自分の仕事に
大いに役に立っているんですよね。
そういう視点で、教育という現場を見てみると、きちんと人を
育てられている方は、
 ★ 教育の現場以外の場数もたくさん踏んでいる
ケースが少なくありません。
その理由は明白です。なぜなら、
 ★ 人を育てる人は、育てる人の気持ちを理解する必要がある
から。
そのためにも、教育の現場以外の経験をしているのは、
とても有益だと思うんですよね。
特に、社会人に対しての教育というのは、未成年を育てる
学校教育とはまったく異なります。
教育の目的も多岐にわたりますし、受講者の年齢や立場も
様々です。
そういった人たちに対して、気づきや成長を与える教育を
行うには、教育手法を学んでおくだけではなく、
 ★ 受講者の置かれた立場やそこで生まれる心情を理解する
ことも、とても有効だと思うんですよね。
ですから、もしあなたが、人を育てる仕事をしたいと思いながら
会社に入ったのにもかかわらず、望み通りの部署に着けなかったと
しても、決して腐らないで下さい。
むしろ、
「自己成長のいいチャンスを頂いた!」
と思って、与えられた立場での仕事に、積極的に取り組んで
みて下さいね。
そう思って働いていれば、きっと将来、素晴らしい指導者に
なることは間違いないでしょう。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  人を育てる仕事をしたかったら、いろいろな仕事を喜んで経験しよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今日のお話は、人を育てたい仕事に就きたい人に限らず、
全てのビジネスパーソンに言えることと思います。
最初から、自分のやりたい仕事をやりたいと思い込み
過ぎていると、そうならなかったときの落胆は大きい
でしょう。
でも、組織の中で仕事が出来、それなりの成功を収めている
人を見てみると、みんな最初から、自分のやりたい仕事に
付けていた訳ではないようです。
向いてないんじゃないか、やりたい仕事じゃないんだよ、
と思い、最初は落胆していた人たちも、目の前の仕事に
精一杯取り組んでいくうちに、やりがいや面白さを見いだし、
自らを成長させながら、成果を出していったんですよね。
だから、まずは目の前の仕事にやりがいを見いだすくらい、
一生懸命に取り組んでみるのが、一番ストレスなく、かつ
自らを成長させることが出来る考え方だと思うのです。
それでもなお、
「自分はあきらめきれない! 自分がやりたい仕事をやるんだ!」
という方は、
★ 周りが「その仕事はこいつにやらせた方が絶対に良い!」
  と思えるような実績を、とにかくたたき出す
ことをした方が良いでしょう。
休み時間や、プライベートの時間などを使って、あなたが
やりたいといっている仕事に取り組み、有無を言わせぬ
成果や実績をだせば、周りは放っておかないと思います。
単なる「やる気」や「情熱」だけでは、あなたの言うことなど
誰も聞いてくれません。
なんとしてでもやりたいのであれば、やりたいことが出来、
それが企業にとって大いなるメリットとなる、という成果を
見せつける方が、やる気を主張し続けたり、不平不満をこぼし
続けるより、よっぽど効果的だと思いますよ。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110707
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
            次回開催は7月23日です!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日は7月7日。ということで、七夕にちなんだ小ネタ。
549:おさかなくわえた名無しさん
  :2011/06/25(土) 12:28:53.79 ID:Rft3KYtc [sage]  ヨーカドーにあった七夕の短冊
  「安らかに眠りたい  ボブ」
 ボブに一体何があったのかwww
 筆跡は普通でしたw
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ひとり歩きのススメ

  2. 誕生日を迎えた日に、もし、こんなタイムマシンがあったら、と想像する

  3. 学んだ人ほどよく落ちる、醜い落とし穴とは?

  4. 師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

  5. 揺らがぬ自信を身に付ける方法

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031