仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 49 view

溺れていてもボートに乗らない人々

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
来月、7月23日に、ライブセミナー
「人の心を動かす文章の作り方 メルマガ事例解説編」
を開催いたします。
「人に影響を与える情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
→ http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
 ※ 残席あと6名です!
昨日は、アンケートのご協力、ありがとうございました。
お陰様で、200名近い方のご回答と、50名の方から、
コメントを頂きました。
明日以降のメルマガで、結果を発表しますので、
まだ昨日のメルマガをお読みでない方や、未回答の
方は、是非あなたの感じた答えをお聞かせ下さい。
 → http://goo.gl/9zbue
さて今日は、ネットで見つけた、あるジョークについて
考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 溺れた男、わらをも掴まず
─────
アメリカンジョークで、こんな小話があります。
結構有名なお話なので、ご存じの方もいるかも知れません。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
ある敬虔なクリスチャンの男がいました。
ある日、その男が、川沿いを散歩していると、誤って足を
滑らせて、川に落ちてしまいました。
岸に向って必死に泳いぐものの、流れが急で岸にたどり着く
事が出来ず、そのまま流されてしまいました。
そこへ偶然にもボートが通り掛かります。
しかし、ボートに乗った人が、助けの手を差し伸べたものの、
その男は
「いや、大丈夫。私には神様がついている。
 神様が助けてくれるから、助けは必要ない」
といって、助けを断りました。
そのまましばらく流されていたところ、また幸運にも、
別のボートがやってきます。
先ほどの人と同じく、ボートに乗った人が男に手を
さしのべるのですが、男はまたしても、
「私のことは神様が助けてくれるから大丈夫だ。
 さぁ、行ってくれ」
と、助けを断ってしまいます。
その後、その男は力尽きてしまい、溺れて死んでしまいました。
死後、天国に着いた男は神様に会うと、怒りながらこう尋ねました。
「神よ、どうして私を助けてくれなかったのですか?」
神は言いました。
「何を言っておるのだ?
 2回も助けのボートを出したではないか!」
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
このジョークを初めて聞いたとき、なんて馬鹿な男だろう、
と笑ってしまったんですよね。
でも、ふと我に返って考えてみると、この男のことを
簡単にバカにはできないかもしれない、と少し背筋が
寒くなったんです。
なぜなら……
 


━━━━━
  ● 溺れていてもボートに乗らない人々
─────
この男の愚かさとはいったいなんでしょうか。
皆さんおわかりの通り、
 ■ 自分が助かるチャンスを、自分自身でフイにしてしまった
ということですよね。
しかし、なぜこの男は、助かるチャンスをみすみす逃して
しまったんでしょうか。
ボートに乗った人、という、これ以上にないわかりやすさで、
自分の身を助けてくれる人が現れたのに、なぜ彼はボートに
乗らなかったのか。
私が思うに、それは、
 ■ その男が望む助かり方ではなかった
のではないかと思うんですよね。
この男は、神を信じているとのことですが、その信じ方が、
 ■ 神の手が、直接自分を川からすくい上げてくれる
と言うことに凝り固まっていたからなのでしょう。
だから、ボートが寄ってきたとしても、自分の信じる助かり方と
違うから、その救いの手を拒絶したんでしょうね。
さて、こう考えてみると、手放しで、この男のことをバカに
出来なくなってきますよね。
なぜなら、世の中には、この男のように、
 ■ 救いの手を出されていることに気づかず、
   自分の勝手な思い込みで自らを苦しめている
という人が、少なくないからです。
 ・適切な努力を続ける事で、稼げるようになれるという
  言葉を無視して、楽して儲けることばかりを追い求める人
 ・部下の育成スキルを身につけた方が、業績があがるという
  言葉を無視し、有能な部下を求め今の部下を無能だと責める人。
 ・10年真剣に取り組めば、30代でひとかどの人物になれる
  という言葉を無視して、何とかなるさと遊びほうけてしまう人。
こういった人たちが、最終的に思い通りにならなかった人生を送り
終えたとき、いったいどんな言葉が口をついて出てくるでしょうか。
全ては自分の責任、と思って反省するならいいですが、もし、
他人やを責めたりし始めたとしたら、今回ご紹介したジョークに
出てくる男と、同じような間抜けさを披露することになってしまう
でしょうね。
なんてこと行っている私も、実は今の生き方について、けっこう
思い当たることが少なくなかったりします。
ということで、自分自身の生き方を見直す、いいきっかけとなった
ジョークに出会えたことに感謝しつつ、皆さんにもご紹介した
次第でありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
あなたはこの男のことを、馬鹿なヤツだと他人事のように笑っていられるか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ビジネスの世界では、実にたくさんの方たちが
「目的を明確にし、常にそれを意識せよ」
といっています。
おそらく、このメルマガをお読みの方も、嫌と言うほど
この言葉を耳にしたことと思います。
言葉としても、実に当たり前で、難しいことなどひとつもない。
そんな誰でも知っている簡単な言葉であるはずなのに、なぜ
多くの人が、口を酸っぱくして繰り返ししつこいくらいに
言い続けているのか。
それは、
 ■ 多くの人はこれだけ言われてもつい目的を忘れてしまう
からに他なりません。
実際に、仕事をしていると、作業に追われて、方法論にばかり
意識が向いてしまったり、不満な気持ちに駆られ、人からして
欲しいことばかりを考えてしまったり、といった状況に、頻繁に
陥ってしまいます。
私ももちろんそう。
そして、そういった意識の偏りによって、目的にフォーカスする
ことが出来なくなり、結果として、目的達成のために必要なことを
見落としてしまう、ということにつながってしまうんですよね。
だからこそ、
 ★ 自分はどうなりたいのかをしっかり考え、そこに向かう
   適切な行動を選択する
ということを、常に心の真ん中にくように、意識付けることは
とても大切だと思うのです。
そうすれば、ちょっとしたヒントやアドバイスなども、
受取そびれることなく、自分に活かせるようになると
思うんですよね。
そう考えると、川に落ちて死んだ男が残してくれた話は、
笑って終わらせるだけではもったいない教訓だと思えて
ならないのであります。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110712
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
            次回開催は7月23日です!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
最近の韓流ブームはよくわかりませんが、こっちの意味なら
世代的によくわかる。
39 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[] 投稿日:2011/07/10(日) 05:41:48.67 ID:y4o3qxrO0 [3/3]  韓流スターといえばチョーヨンピルと桂銀淑だろ
44 名前:名無しさん@涙目です。(新潟県)[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 05:43:11.98 ID:3Hm7JhbB0
 >>39
 最近よく聞くヨン様と桂ポップってそいつか
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ひとり歩きのススメ

  2. 誕生日を迎えた日に、もし、こんなタイムマシンがあったら、と想像する

  3. 学んだ人ほどよく落ちる、醜い落とし穴とは?

  4. 師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

  5. 揺らがぬ自信を身に付ける方法

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031