仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 24 view

最近私が大きく反省した出来事

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
11月23日に開催されるメルマガ読者交流会ですが、申込の
締め切りが本日いっぱいとなります。
今回は、研修講師や人材育成担当者の方向けのテーマで、
~参加者の成長を促す研修・セミナーカリキュラムを作ろう~
ですので、成果を生み出す研修に興味や関心のある方は、
是非いらしてくださいね。
 お申し込みはこちら → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=64
 ※ 残席あと2名!
また、選ばれリピートされる研修講師を目指す人向けの
公開セミナーも、12月4日に開催します。
ご興味ある方はお早めにお申し込みください。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=65
さて今回は、最近、私自身が痛切に実感し、大いに反省した
出来事について、告白したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 価格差10倍のセミナーなのに……
─────
先日のメルマガで、メルマガ読者会の開催について
悪戦苦闘している、というお話を書きました。
【誰だって失敗する】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=66
うまくいかなかったのは、集客の部分でして、私自身が
開催するセミナーの中では、一番安い3000円という
金額であるにもかかわらず、第1回目以降は、参加者
集めに本当に苦労しています。
11月6日に開催した読者会は、対象者の幅を広げ、
募集期間もそれなりに取っていたにもかかわらず、
結果としては参加者3名、という状態でした。
講師仲間に聞いてみると、ここ最近は、みんなセミナーの
集客にはかなり苦労されていらっしゃるとのこと。
世の中の流れ的に、だんだんセミナーの集客が難しく
なってきている、という話を、あちこちで聞いていました。
なるほど、セミナー業でやっていく自分としても、
これはゆゆしき問題だなあ。
実際に、3000円セミナーでも、これだけ集客には
苦労しているし……
と、先行き明るくない気持ちに暗澹としておりました。
しかし、歩みを止めるわけにはいきません。
実は、半年前から企画していた、新しいセミナーの
開催を、そろそろに開こうと画策していたんですよね。
今回、ちょっとした事情があって、このセミナの開催を
12月4日に開くということが、今月に入って急遽決定
しました。
ただ、金額的には結構な金額であり、特典を使って
一番安く申し込んで頂いたとしても、3万円という、
読者会の10倍もする金額。
さらには、対象者がプロ講師向け、という、このメルマガの
読者にとっては、かなり必要とされる人の比率が少ない
セミナー。
3000円で売りあぐねているのだから、3万円なんて絶対無理!
しかも、開催日まで1ヶ月を切っているし……
そんな思いから、ますます気もそぞろとなってしまい、
後ろ向きな気持ちがいっぱい芽生えてきたんですよね。
しかし、やると決めた以上、やらねばならない。
ということで、萎える気持ちを必死に奮い起こしつつ、
数年ぶりに、新しいセミナーの告知サイトを作り、
ようやく準備できたのが、先週末の18日金曜日の夕方、
という有様。
実は、このタイミングは、この手の告知をするには、一番
まずいといわれていまます。
何せ金曜日だし、その後は土日の週末を迎えてしまうわけ
ですから、メルマガを送っても、見てもらえる数が非常に
低いんですよね。
さらに、セミナー当日まで、わずか15日。
通常、1ヶ月前、遅くても3週間前から告知を
始めないと、参加者を集めることは出来ないんですよね。
なのに、残された時間は、あとわずか2週間ちょっと。
これもまた、私の気持ちを暗澹とさせました。
 ああ、なんて俺は間が悪いんだろう。
 せめてもうあと1日、早くできあがっていたら……
 きっと申込はほとんどないだろうなぁ。
 この間の読者会だって、号外出してもほとんど
 なしのつぶてだったし……
 まあ、0名ならば中止にすれば良いだけだし、
 1名しかこなくても、過去にこういった状況は
 経験しているから、その人とじっくり向かい合えば
 いいしな。
 そうだ、一人ともしっかり向かい合うんだ!
……と、いっていることは誠意がありますが、集客の成果
としては、何とも後ろ向きな気持ちで踏ん切りをつけて、
送信ボタンを押したんですよね。
 
 


━━━━━
  ● 最近私が大きく反省した出来事
─────
ところが、送信ボタンを押してまもなくすると、
メール受信のチャイムが。
また何かの宣伝メールかな、と思ってチェックすると、
12月4日のセミナーの申込メールでした。
やった! まずは一人来て下さった!
これで開催は決定、後はこの人とじっくり向かい合おう。
そう思っていた矢先、またメール到着のチャイムが
続けて2通。
確認すると、こちらもまた、両方ともセミナーの
申込メールでした。
あっけにとられた私。いったい何が起きているのか
分かりませんでした。
その後も、最初の勢いは止まったものの、ぽつぽつと
お申し込みを頂き、告知開始から4日経った現在、
20名の定員のところ、17名の方にお申し込みを
頂いたのです。
ここ最近、自分のセミナーで、定員オーバーになった
ことなどなかったので、この悪条件の中でこれだけの
お申し込みを頂けたことに、驚愕していました。
しかし、その後冷静に我が身を振り返って、大きなショックを
受け、反省したのであります。
ここからは、本当にお恥ずかしい話なのですが、懺悔も込めて
告白いたします。
 私は、驕り高ぶっておりました。
 私は、慢心しておりました。
私はメルマガを毎日書いています。
それなりに、力を入れて、頑張って書いているつもりです。
熱心に読んで下さる方からのメッセージも、たくさん頂いています。
読者数は8000人。数万人の読者がいる方に比べれば、
可愛いものですが、それでもまあ、そこそこの数ではあります。
また私は、一応本も出しております。
これもまた、何十冊も出していらっしゃる方に比べれば
可愛いものですが、一応3冊は出している。
また私は、講師業として10年目を迎えました。
世間ではよく、10年で一人前、といわれていますが
ようやくその1人前のステージに、私も入ることが
出来ました。
もちろん、まだまだ精進する必要は多々ありますが、
それでも、評価の方は、それなりに頂いています。
……、と、そんな風に自分の事を思っていたんですよね。
まあ、これについては、自分の自信にもつながる実績ですので、
そう思っていること自体は、悪いことではないでしょう。
しかし、私が大きく間違っていたのは、
 ■ これだけやっているのだから、私の価値は
   充分に分かってもらえているだろう
ということでありました。
少なくとも、日々おつきあいのあるメルマガ読者の方だったら
分かってくれるはず。
だから、セミナーやります! 読者会やります! というだけで、
興味ある人は参加してくれるのだろう、と。
実際に、そうやっているだけで、うまくいっている人なんかも
見ていたりもしたので、
「そろそろ、俺も、あのステージに入ってきたんじゃないかな」
なんてことを、思ってしまったんですよねぇ……
いやあ、今こうして目が覚めて振り返ってみると、なんて
思い上がったことを考えているんだ、と思います。ええ。
しかし、ちょっとだけ頑張ってきたことと、ちょっとだけ
評価されたことを、思いっきり勘違いし、驕り高ぶり、
慢心してしまったんですよね。
そして、自分が提供する価値を、きちんと人に伝わるように
表現する努力をせず、人を集めることが出来ないことを、
世の中の流れのせいにしてぼやいていたわけです。
ということで、今回の件で私は大いに反省すると共に、
 ★ まだまだかけだし、まだまだひよっこ。
   だからこそ自らの価値を、慢心せずに精一杯伝える
ことを忘れないようにしようと、心に誓ったのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
    自分の価値が伝わらないのは、伝える努力が足りないから
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
しかし、今回の件を経験し、つくづくありがたいと思ったのは、
 ★ 出た結果に言い訳が出来ない環境にいた
ということです。
根っこのところは、言い訳ぐせがあり、他責の強い私ですので、
もし、安定的にお金が入ってくるような環境にいたら、今回の
件も、「世の中が厳しくなったんだよな」の一言で、片付けて
しまっていたことでしょう。
しかし、幸いなことに、そんな言い訳をして、漫然と
時間を過ごしてしまうと、完全に生活が出来なくなって
しまうような環境にいるため、とにもかくにも成果が
出るまで行動し続けなければいけません。
そして、そのためには、社会のせいにしていても
らちがあきませんので、、
 ★ 今と違う結果を引き出すために、自分が今できることは?
と考えざるを得ない訳で、そうなると、自分自身の考え方や
行動をしっかり見直すということが、自ずと必要になってくる
訳であります。
とはいえ、今回は自分としても、相当痛い反省となりました。
是非皆さんも、私のような轍は踏まないよう、今のご自分を
振り返ってみて下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=67
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 11月23日 第1回 水野浩志メルマガ読者交流会 開催!
  ~参加者の成長を促す研修・セミナーカリキュラムを作ろう~
   対象者:研修講師・人材育成担当者
  お申し込みはこちら → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=68
  ※ 12月の読者交流会は6日と21日に開催する予定です
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=69
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=70
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=71
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今回のは、ちょっと難しいぞ。分かるかな?
266 名前:呑んべぇさん[] 投稿日:2011/02/13(日) 16:52:41
 具志堅さんにアナウンサーが
 「具志堅さん、母校の伝統は何ですか?」
 具志堅
 「ナショナルだったかなあ」
 アナウンサー固まってたw
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=72
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=73
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=74
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=75
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=76
★☆ アメブロも始めました
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=77
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=78
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=79
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事