仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 18 view

それでも戦うべきではないのか?

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
10月7日に、講師の方たち向けに
【選ばれ、リピートされる研修カリキュラム構築セミナー】
が開催されます。
もしあなたが、講師業を行っていて、今後の研修カリキュラムを
ブラッシュアップして、成果を産み出したいとお考えならば、
是非こちらをご覧下さい。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3648
 
 
━━━━━
  ● 味方だなんて甘い考え!
─────
2010年5月11日のメールマガジンで「組織改革は戦いではない」
というお話を書きました。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3649
その中で、私は、
「会社の中には敵はいない。自分と考え方の違う味方しかいないのだ」
という一言を書きました。
自分で言うのも何ですが、俺、なかなか良いこと言ったな、
と思って、悦に入りつつ、あちこちでこの話をしていたんです。
ところがある日、この話を聞いていた人から、こんな反論を
頂きました。
「水野さん、確かにその考え方は正しそうに聞こえるよ。
 しかし現実は、いくらこちらが相手を敵と思わなくても、
 向こうがこちらを敵と認識して攻撃してくることだって
 あるんだよ。
 それでも、敵がいない、味方だけだ、と思えと言うのは
 体の良い理想論にしか聞こえないよ」
うーむ。実にリアリスティックな考え方ですよね。
確かにこの人の言っていることの方が、現実に即している
といえるかもしれません。
さて、あなたはこの人の考え方を聞いてどう思われますか?
そして、どのように行動するでしょうか? 
 


━━━━━
  ● それでも戦うべきではないのか?
─────
その前に、そもそも、会社とはどういうものなのでしょうか。
私思うに、会社とは
 複数の人間達が、ある理念・ビジョン・ミッション、に従って
 目標達成していく組織集団
だと思っています。
まあ、理念・ビジョン・ミッションというものがない会社も
あったりはしますが、それでも、集団で何かの目的を持ち
進んで行くというのは、間違いないでしょう。
この考え方で言うならば、基本的に社内に敵は生まれないはず。
それでも、敵が現れる状態になるという場合、理由は大きく
2つに集約されると思います。
ひとつは、
 1. 会社の向かう方向を否定する人と肯定する人が混在する
という状態。
そしてもうひとつは、
 2. 社内の誰かの立場を脅かす存在が現れたとき
という状態でしょう。
もし、このような状態で、敵味方に分かれて戦った場合、
どうなるでしょうか。
まず、1番目については、トップの意志、または社員総意の力に
よって、勝敗が決するでしょう。
いくらあなたが
「それっておかしいんじゃないの?」
と思うようなことがあったとしても、トップ、または社員の
総意があなたの思いとは違う方向に向かう限り、いくらあなたが
正論を振りかざして敵と戦っても、負けてしまうでしょうね。
この場合必要なことは、敵と戦うことの前に、まず、
 ★ 仲間を作る事に全力を傾ける
事が重要な戦略だと思います。
では、2番目についてはどうでしょうか。
この場合、個対個の戦いになりますが、このときの勝敗を決めるのは
 ★ その人に属する能力と人脈力
になると思います。
この場合、相手に打ち勝とうと攻撃を仕掛けたならば、
おそらくは反撃を食らうことでしょう。
そうなるともう、力と力の戦いになります。
そして、やはり最終的に雌雄を決するのは、能力以上に
人間関係力が大きいと思うんですよね。
ということで言うと、こちらでもまた、確実に相手に
勝利するためには、
 ★ 仲間を作る事に全力を傾ける
ことが有効である、という訳です。
で、いずれの場合も、出来るだけたくさんの仲間を
作るために、
 ★ 敵勢力の中にいる人間も、自分の仲間に引き込む
事が必要となることがあります。
しかし、その際に、脅したり、力でねじ伏せて仲間にしたと
しても、長い期間有効な関係を築くことは出来ないでしょう。
だからこそ、その時に必要な考え方として、
 ★ 相手を敵ではなく、自分と考え方の違う味方と考える
という意識をベースに持って、やっていくと良いんじゃないか、
と思うわけです。
往々にして、人をすぐに敵と味方に分けて考えて、敵と見なした
相手を攻撃する人間は、味方作りがへたくそで、自分の正論だけで
突破しようとするパターンが多いように見受けます。
でも、ビジネスの世界で、ストレス無く、末永い成功をしていく
ためには、正しいものや強さを振りかざして相手に勝つよりも、
 ★ 大切な仲間を作り、それを拡げることに全エネルギーを使う
といったやり方の方が、きっとうまく行くと、私は思うんですよね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     敵を倒す前に、まずは仲間作りに全力を傾けよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
私思うに、昭和の時代は、確かにビジネスの世界でも日々戦いが
繰り広げられていたように思います。
だから、古い世代のサラリーマンの方たちなどは、仲間作り
なんてこと言うと、生ぬるい! と思ってしまうかもしれません。
でも、もっともっと大元に立ち戻って考えると、会社というものは
そもそも人と人とが戦うために生まれたのではなく、
 ★ 人と社会を幸せにするために生まれてきたもの
のはずなんですよね。
もっと言うなら、政府だって、国民を幸せにするために
生まれた仕組みだと思うんですよ。
その、幸せを生み出す仕組みの中が、いつでもこんなに
ごたごた戦い続けてしまい、幸せにするはずの仕組みの中に
いる人が、皆不幸せになっていくというのは、おかしいと
思いませんか?
本来ならば、そういったおかしなひずみを、全体的に
えいやあ! と直せればいいのですが、一度流れが
そちらに向かってしまうと、よほど力のあるトップが
現れて、采配をふるわない限り、いっぺんに改革する
ことはとても難しいと思います。
では、諦めて、不幸な人を量産する仕組みに甘んじる
しかないのか。
私はそんなことはないと思います。
せめて、身近な人間達同士だけでも、戦わない関係、
仲間という意識でまとまっていく関係を作るだけでも、
ずいぶんと幸せ度合いは変わってくるんじゃないかと
思うんですよね。
身近な人を非難し、なじることをせず、仲良く、助け合う
関係作りにエネルギーを注ぐ。
戦えど戦えど、楽にならずに、大変でどうしようもないと
思うのならば、駄目で元々、と思って、ぜひ考え方を
ひっくり返してみてください。
意外と、良い結果が生まれるかもしれませんよ。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3650
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■ 2012年10月 7日 10:00-18:30
  選ばれ、リピートされる研修カリキュラム構築セミナー
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3651
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3652
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3653
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3654
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
私も似たタイプの人間なんで解るけれども、
本人は十分自覚しているんだよ。
でもコントロール出来ないだけ。
286 :おさかなくわえた名無しさん :sage
  :2012/08/02(木) 14:00:34.06 ID:wC/tNR0j
 先ほどのテレ朝
 福山「いや~イギリスの応援の音凄かったですよ」
 修造「どんな感じですか?」
 福山「修造さんが2000人いる感じです」
 修造「それは暑苦しいですね」
287 :おさかなくわえた名無しさん :sage
  :2012/08/02(木) 14:15:12.23 ID:WTYJnJjd
 修造自覚してんだw

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup