仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 15 view

人を育てる人が果たすべき役割を考える

おはようございます!
水野です。
本編野前にお知らせを。
近々、また新しい教材をリリース致します。
今度は、セミナーを始めて開催したいという人向けに、
どうやったら初めてのセミナーを開催できるかについて
お話ししています。
リリースまで、今しばらくお待ち下さいね。
さて、今日のメルマガは、人を育てる立場にいる人には、
是非読んで欲しい内容であります。
では、まいりましょう! 
 
 
━━━━━
  ● 段平はジョーを育てていない?!
─────
先週の土曜日、「あしたのジョー」を題材にした
講演を行いました。
このセミナーを作る為に、原作漫画20巻と、テレビアニメ
「あしたのジョー」「あしたのジョー2」あわせて、30分
もののアニメ127話を一気に目を通し、さらに関連書籍も
何冊か読んだ上で本番に臨みました。
今まで、何十本もセミナーや講演コンテンツを作って
きましたが、その中でも、一番事前に勉強をしたものに
なりましたね。
アニメを見ている途中で、
「俺はこんな事をしていて良いのだろうか?」
と、ついつい自問自答もしてしまうくらい、でも結局
のめり込むようにして見入ってしまったんです。
そうやって、逆境に打ち勝つヒントを見つけて、
それを、「あしたのジョー」の登場人物になぞらえて
紹介をしていく、というのが、今回の講演内容でした。
しかしながら、今回改めて全編を見て、実に面白かったのは、
 ■ 丹下段平が、ジョーに果たしてきた役割
でした。
この物語は、原作が梶原一騎氏。
代表作は、「巨人の星」「愛と誠」で有名です。
で、世間では、
「愛と誠」で男女の愛を、
「巨人の星」で父子の愛を、
「あしたのジョー」で師弟の愛を
それぞれ描いたといわれています。
「あしたのジョー」の師弟とは、もちろん段平と
ジョーのことです。
しかし、今回全編を見直してみて、段平がジョーを
育てているのは、物語の前半、力石と戦うところ
くらいまでで、後は、ジョーを育てている様子が
あまり見えないんですよね。
力石戦前までは、ヤクザから命懸けで守ったり、
酒も断ってジム開設に向けて働いたり、手取り足取り
指導していました。
しかし、そのあとは、トレーナーとしての仕事は
していたようですが、どちらかというと、ジョーの
邪魔ばかりしていました。
まだ戦えるとジョーが言っているのにタオルを投げたり、
過酷な減量にチャレンジしているのに、それを辞めさせ
ようとしたり。
強敵と戦っているときも、
「これ以上お前が打たれる姿を見ていられない」
と、弱音もすぐに吐いてしまうし……
しかし、ジョーの方はというと、力石戦までより、
力石の死後の方が、人間として、ボクサーとして、
より大きく成長しているんですよね。
では、彼はなぜ成長できたのか?
その成長の源泉となったものは、一体誰なのか?
 
 


━━━━━
  ● 人を育てる人が果たすべき役割を考える
─────
人が成長するときに必要なものって、なんだと思いますか?
もちろんそれはひとつだけでなく、いくつかあるのですが、
その人を大きく成長させるときに非常に大きな役割をもって
いるのが、
 ★ 乗り越えるべき障害
単に勉強したり、実践したりするだけでなく、とてもじゃないけど
越えられないと思うような障害に向かい合って、そこを乗り越えた
とき、人は大きく成長するんです。
そして、その乗り越えていく姿は、見ている人の心も打ち、
勇気とやる気を与えてくれるもの。
だから、物語には、必ずといっていいほど、主人公に障害を
与える人物が出てきて、そしてそれを乗り越えていくという
話が出てきます。
例えば、同じ梶原一騎原作のスポ根マンガに先ほども名前を
挙げた「巨人の星」というマンガがあります。
こちらは、主人公である星飛雄馬の成長の物語なのですが、
彼はなぜ成長したかというと、やはり、
 ★ とにかくたくさんの障害を乗り越えていった
からなんですよね。
で、この障害をどんどん彼にぶつけていったのが、彼の
父である、星一徹なのであります。
彼は、初めのうちこそ、飛雄馬に野球の技術を教えますが、
その後は、彼を成長させんが為に、とにかく徹底的に、
彼の前に立ちふさがり、彼を完膚なきまでにたたき
つぶそうとします。
飛雄馬はそこに立ち向かっていき、一度は負けを喫するものの、
さらに新たな魔球をひっさげて、不死鳥のごとく復活する、
という事を、もう何度もやり続けるわけです。
さらに、飛雄馬のライバルである花形、左門まで
立ちふさがり、それによってさらに飛雄馬は鍛えられる
というわけです。
しかし、私思うに、花形も左門も、重要なキャラクターでは
ありますが、物語的にはいなくても充分成立する存在で、
やはり、飛雄馬を成長させた一番の立役者は、一徹だと
思うんですよね。
ただ、ここで注目しておかなければいけないのは、
 ■ 一徹が直接飛雄馬の障害として立ちふさがっているわけではない
ということ。
飛雄馬が子供の頃は、大リーグボール養成ギブスをさせたり、
朝のマラソンで近道をしたら殴り飛ばしたり、といったように、
直接立ちふさがったことも多々ありました。
しかし、高校生になってからは、自分自らが立ちふさがるのではなく、
 ★ 飛雄馬に障害を与えられるような環境作りにいそしんでいた
ということ。
大リーガーのオズマを呼び寄せて立ち向かわせたり、
女房役の伴忠太を無理矢理中日にトレードで呼び寄せ、
飛雄馬と戦わせたりと、かなり厳しいことをやります。
しかし、これらはすべて、自らが目の前に立ちふさがるのではなく、
飛雄馬に対して困難な障害を作ることにいそしんでいたわけです。
なにもそこまでやらなくったって良いじゃないか、と思うくらい
これでもかと障害を作ってぶつけていきますが、「巨人の星」を
目指している飛雄馬は、その障害を必死で乗り越えていくんですよね。
ということで、もしあなたが、人を育てる立場にあるならば、
単に教えたり、褒めたり認めたりするだけでなく、その人が
越えなければいけない障害を、きちんと与えてあげて下さいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   人を成長させたければ、その人に障害を与えて克服させよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ということで、「巨人の星」では、一徹が障害を与えたからこそ
飛雄馬が成長した、という事で納得したんですが、「あしたのジョー」
ではどうでしょうか。
段平は、ジョーに対して障害らしいものはほとんどといっていいほど
与えてはいませんよね。
段平と一徹は、貧乏長屋に住み、酒に溺れていた、というところは
共通点ではありますが、育て方については、全くといっていいほど、
タイプが違うんですよ。
一徹は父性の塊だとしたら、段平は、どちらかといえば、母性の塊の
ような存在で、ジョーを優しく包みこんでいたんですよね。
しかし、母性だけでは人は育ちません。
先ほども言ったとおり、乗り越えるべき障害が必要です。
では、誰がジョーに、一徹のように障害を与えていたのか。
実はその、星一徹役を果たしていた人物がいたんですね。
それは、白木葉子です。
白木財閥の令嬢であるにもかかわらず、力石が死んだ後、
おじいさんがジムを手放そうとしてたとき、そのジムを
譲り受けてオーナーとなりました。
そして、ジョーに対して、ジョーを成長させるような挑戦者を
次々に調達して、彼にぶつけていったんですよね。
今、ジョーに何が欠けているのか、という事を鋭く見抜き、
それを克服させるためには、こういうボクサーと戦うことが
必要だ、と考え、そのボクサーを調達して、対戦するまでの
流れをも仕掛けていく。
ジョーを一流のボクサーにするため、というよりも、ジョーを
ジョーたらしめようとするために、葉子は徹底的に、ジョーの
目の前に、強敵を送りこんで行き続けるんですよね。
だから、段平があれだけ母性が強い師匠であっても、ジョーは
大きく成長していけた、という事だったのです。
しかし、
 ★ 白木葉子は星一徹だった!
という結論は、なかなか面白いなあ、と自分では思っているんですが、
いかがなもんでしょうか。
という事で、今回は、この結論が言いたいためだけに、このメルマガを
書いてみました。
でも、人を育てるときには、障害を与えよ、というのは、結構
大切なことだと思いますよ。
ただ、念のために行っておきますが、ただ闇雲に障害を与えれば
いいってもんじゃありません。
もちろん、それを行う前提には、
 ★ 育つ人自身に、その障害を乗り越えるだけのコミットした目標がある
ということが、きちんとある場合に限ります。
じゃあ、どうやってコミットした目標を持たせるのか。
これについては、また別の機会に書くことにしましょう。
今回のメルマガはいかがでしたか?
面白かった! という方はクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=4173
 
 
┌────
● 継続的な取り組みで、ビジネスにおける高い信頼を獲得できる
  ★☆★☆  メルマガ・ブログを毎日書き続ける技術  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=4174
  ※5000円引きの特別割引は10月31日まで!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=4175
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=4176
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=4177
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
しばらく休んでいましたが、さりげなく復活。
確かに、この名前知らなかったらこう思うよなぁ……
123 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 15:13:19.94 ID:PUHDV6aZ
 浅野忠信が歴史上の人物ではなかったこと
 テレビを見てて歴史系番組だと勘違いして
 本人が出てきたので驚いた
************************************************

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. 科学的人材育成法 観察編

  2. どんな人でも育てられるようになる、重要な考え方

  3. ネガティブなことをを感じたときの正しい対処法4ステップ

  4. 間違った部下の信じ方

  5. リーダーは「頑張る」を過剰評価しない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31