仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 26 view

JR中央線の事故に想う

◆───◆
      1回3分でレベルアップ! 相手の心を掴むトーク術      
◆────────────────────── #0098 2008/04/10 ─◆
 
 
こんにちは、水野です。
今日は、私もいつも使っているJR中央線の事故のニュースを見て、
想ったことをお話ししたいと想います。
では、早速参りましょう!


━━━━━
  ● 遅れても仕方がない理由があるのだ!
─────
本日、国分寺駅付近の変電所から出火した関係で、
JR中央線全線が7時間にわたって運休しました。
私も、この沿線に住んでおりますが、今日はたまたま出かける
予定がなかったので、自宅でニュースを見ておりました。
被害にあった方たちは、本当に大変でしたね。
心中お察しいたします。
今日ほどの運休・遅延は珍しいですが、中央線に限らず、
電車が遅くなってしまうシーンにぶつかったこと、
ほとんどの人たちが経験あるかと思います。
この時に、その遅れを証明するために、交通機関は
遅延証明書というものを発行します。
しかし、そうでなくても仕事や学校に遅れそうになって大変な
ところに、この遅延証明書をもらうための行列が出来てしまうと、
もうイライラもピークに達してきますよね。
でも、それをもらわないと、遅刻扱いをされてしまうから、
しょうがなくその列に並ぶわけです。
私も、サラリーマン時代は、列車の遅れに出くわしたとき、
イライラしながらその行列に並んだものです。
しかし、独立してずいぶん経った今、この行列を見ていると、
何とも言えぬ違和感を感じるんですよね。
 
 
━━━━━
  ● 自己弁護の努力が何を生み出すのか
─────
自分が、仕事で何かしらのトラブルに出くわしてしまったとき、
その瞬間にどんなことを自分は考えるのか。
ここでどういった考えが生まれるかで、ビジネスパーソンとしての
資質が問われるんじゃないかと思うんですよね。
以前のサラリーマン時代の私は、電車が遅れて遅刻してしまう
という状態になったとき、真っ先に
 ■ 今日の遅刻は自分のせいではことをどう証明するか
ということに意識が向いていました。
だから、イライラしながらも、遅延証明書をもらう行列に
並んでいたわけです。
しかし、社会に価値を提供する、ということを生業にしている
ビジネスマンであれば、ここは
 ★ このトラブルいかに誰にも迷惑かけずにリカバリーするか
ということを、真っ先に考えないといけなかったんだと、
今では思うんですよね。
昔の自分は、トラブルが起きたときに真っ先に自己弁護の
発想をしてしまいました。これは誰も幸せにならない発想。
有名人のサインでもあるまいし、遅延証明書をもらって
大喜びする人など、ただの一人もいないんですから。
まあ、ここまではおおよその方たちには理解してくださるかと思います。
しかし、もう一方で、
「でも、仕方ないじゃないか。遅延証明書をもらっていかないと、
 会社は遅刻扱いをして給料や査定に響くんだから」
と反論する気持ちが芽生えてくる人もいるかもしれません。
確かにそうですよね。私自身も、そう思いながら、さらに遅刻して
しまうことがわかっていながら、行列に並んでいましたから。
しかし、もしあなたが、会社の規則に対して、深く考えないままに
対応していくと、きっとその考え方がしみこんでしまうでしょう。
そして、いつしか、その考え方で、すべてのトラブルに対応して
しまうようになってしまうかもしれません。
これは、実に怖いことだと、私は想うんです。
トラブルが起きたときに、真っ先に何を考え、どう行動するかは、
 ★ 常に自分が何を大事にしているのか
に決まってくるでしょう。
そして、恐ろしいのが
 ★ 実力のある人ほど、トラブル時の行動を見て人を判断する
傾向があるんですよね。
なぜなら、トラブル時の判断は、その人の本音が出てしまいますから。
そこで見せた本音で、しっかりとした信頼を獲得するのか、それとも
自分のことしか考えない、信頼できない人間と思われるのか。
それによって、今後のビジネス人生が大きく変わってくると言っても、
決して大げさではないんです。
私自身、独立してからも、自己弁護の癖がなかなか抜けないまま
仕事をしてしまい、結果としていくつかのトラブルにおいて、
信頼を得ることが出来なかったことがありました。
もちろん、そういった躓きがあったからこそ、色々気づきを
もらったわけではありますが、やはり、当時を思い出すと、
今でも情けないし申し訳ない気持ちで一杯になります。
もしあなたが、トラブル時に自己防衛の考えが出てきてしまうのならば、
今からでも遅くはありませんので、
 ★ 自分は何を大切にするのかをしっかり腹に落とし込んで
トラブルに対処できるようにしておいてくださいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 トラブル時にこそ、きちんとした自分を見せられるようにしておこう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
しかし、最近では、遅延証明書って、インターネットで手に入れる
ことが出来るようですね。
これなら、無駄に行列に並ぶことはなくなりますね。
しかし、ひょっとしたら、
「駅で発行されたもの以外の遅延証明書は認めない!」
なんてこと言う会社もあるのかもしれません。
もし、あなたが勤めている会社がそんなことを言うところでしたら、
先にもお話ししたとおり、ビジネスの本質を外した管理をする会社の
やり方に、絶対に染まらないように気をつけてくださいね。
そして、もしあなたが組織のトップにいて、こういった
ビジネスの本質を外したような管理をしていたとしたら、
ぜひ、もう一度、
 ★ 自分が何のために今の仕事に取り組んでいるのか
という大目的を改めて考え直した上で、自分が行っているその管理が、
その自分が目指す大目的にまっすぐに向かっているかどうか、
よーく考えてみてくださいね。
 
 
 
◆◆ 教材のご案内 ◆◆
 ┌───
┌────
● 自分の魅力を表現し、人を惹きつける文章を書く!
   「読み手の心をググッと掴め! 人の心を動かす文章の作り方」
            ~全12回メールセミナー~
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 受講者に成果・成長を起こす効果的なセミナー・研修・講演の
  構築手法が詳しく解る
    「高品質セミナー作成講座 DVD教材」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
私が初めてセミナー構築のアドバイスを手がけたのが、藤沢あゆみさん
という方です。
彼女の初の著書が、2004年の2月に出たのですが、その出版記念講演の
構築のお手伝いをしたのが、私が今取り組んでいる事業のひとつである、
セミナー構築アドバイスの、きっかけだったんですね。
その後、藤沢さんは、恋愛のジャンルで著書を連発し、そして、
今回はなんとサラリーマンの方たち向けの本を出版しました。
タイトルは、「『愛され社員』で行こう!」。
今まで、結構恋愛のジャンルでキャッチ-な本を書かれていたんで、
今回はどんな感じの本になったのかな、と思って、頂いた本を
読んでみました。
ま、正直に言うと、今までの恋愛本は苦手なジャンルだったんで、
結構読むのがつらかったんですよね。
でも、今回は、ビジネスマン向け、と言うこともあり、また、
あゆみさんご自身のOL時代の失敗話がたっぷり盛り込まれていて、
とても面白く読ませてもらいました。
あゆみさんも、私以上に紆余曲折の人生を歩んでいますが、
それでも今の自分のポジションを確立出来たのはなぜか、
この本を見るとちらりちらりと秘密が見え隠れしています。
仕事で人間関係作りに悩んでいる方、仕事が面白くないと
感じている方は、読んでみる価値は大いにあります。
いまなら、面白い特典もついているそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。
 → http://blogs.yahoo.co.jp/aisare_shain/5815297.html
しかし、おつきあいが始まって4年経ちますが、すごい勢いで
成長していますよねぇ、あゆみさん。
本の書き方はもちろん、中身の掘り下げも、ずいぶん深くなって
いるようです。
深い話を軽いタッチで描ける載って、うらやましく想いますよ。
私もおちおちしていられないなあ(滝汗)
 
◆━━━◆
      1回3分でレベルアップ! 相手の心を掴むトーク術      
     発行者 → 水野 浩志
     e-mail → mail-mag@mstn.jp
      HP → http://sp.m-stn.com/
   楽天日記 → http://plaza.rakuten.co.jp/nosmoke/
 「やめたいのにヤメられない!」がスパッとやめられる10秒日記
   ご購入は → http://sp.m-stn.com/chk/magbook.html
━━━━━
Copyright(c),2003-2008 Hiroshi Mizuno.

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup